被リンク対策サービスの質を更に強化しました。上位表示率と上位表示維持率のアップ

今月に入ってから、被リンク対策サービスの質をもう1段階強化しました。
結構大きな変更(改善)なので、一応お知らせ致します。

この被リンクサービスの強化により、更にターゲットキーワードで検索順位は上がり易くなります。
どの部分を強化したかは、極秘(非公開のノウハウ)ですので明かせませんが、今回の質アップで検索順位が上がり易くなり、同時に検索順位が下がり辛くなるのは、ほぼ確実と弊所(トンケン経営研究所)は判断しております。

弊所では、いろいろな被リンク施策パターンで対策結果データを長年蓄積しております。
そのデータを使えば、被リンク対策サービスのどの部分の質を強化すると検索順位に好影響を与えるか大体わかります。

今回もそのデータに基づいて被リンク対策手法に変更を加えました。
つい最近、ペンギンアルゴリズム4.0(ペンギンアップデート4.0)がGoogleで実施されましたが、ペンギンアルゴリズムへの対応で被リンク対策サービスを強化したわけではありません。

目先のペンギンアルゴリズムの影響はもともとほぼ受けていないので、今回の弊被リンク対策サービスの質強化とは関係がありません。
目下重要なのは、目先ではなく中長期的なGoogleアルゴリズムへの対応です。

今回の被リンク対策手法の変更も、そちらへの対応です。
あとは、上位表示率と上位表示維持率の向上も目的となります。

実際、今回の変更で上位表示率と上位表示維持率は上がると思います。
弊所で蓄積してきたSEO対策結果データから判断すると、そうなります。

お知らせは以上です。
今後とも弊SEOサービス(被リンク対策サービス)をよろしくお願い致します。