被リンク対策でアンカーテキストをURLや記事タイトルにすればペナルティ回避できるか?キーワード入り被リンクの割合次第

被リンク対策をやっていると、ターゲットキーワードでペナルティを受けることがあります。
この被リンクペナルティを回避する上で、注意したいのが被リンクのアンカーテキストです。

アンカーテキストの記述がバランスを欠きイマイチですと、ターゲットキーワードでペナルティを受けてしまいます。
このペナルティを回避する上で巷では、「記事タイトル」や「URL」をアンカーテキストにした被リンクが有効だと言われておりますが、実際のところはどうなのでしょうか?

結論から申し上げると、それほど有効でもありません。
記事タイトルやURLをアンカーテキストにして被リンクを供給してもターゲットキーワードでペナルティを受けることはありますので、安全ではありませんし、安心もできません。

Google(Yahoo)では、獲得済み被リンク群に占めるキーワード入り被リンクの割合が高いとペナルティを受けます。

獲得しているのがキーワード入りアンカーテキスト被リンクばかりであれば、Google検索エンジンの目には「不自然」に映ります。
この不自然さをGoogleは見逃しませんので、ペナルティという形で対処されてしまいます。

そして、それらの不自然な被リンクはマイナス評価されたりゼロ評価されたりしてしまいます。
なお、ちまたでは被リンクのマイナス評価は無くなったという情報(ペンギンアルゴリズムに関する情報)もありますが、マイナス評価は現在も存在します。

記事タイトルをアンカーテキストにした場合

獲得している被リンク群が「記事タイトル」ばかりの場合、獲得済み被リンクに占めるアンカーテキストはかなり偏ったものになります。
記事タイトルには、通常はそのページのキーワードが含まれますので、キーワード割合の高いアンカーテキスト被リンク群になってしまいます。

この不自然な偏りをGoogleは見逃しませんので、記事タイトルばかりで被リンクを供給して行くと、ペナルティが発動し、被リンクがマイナス評価されたりゼロ評価されます。
ゼロ評価なら良いのですが、マイナス評価されるのが基本ですので、被リンクを張らない時よりも検索順位は落ちたりします。

ですので、記事タイトルをアンカーテキストにして被リンクを供給するのは、ほどほどにした方が良いです。
獲得済みの被リンク群に占めるキーワード入り被リンクの割合を意識しながら、記事タイトルで被リンクを張って行くことをおすすめします。

この「割合」が高まるとペナルティが発動し、割合が低いと自然な被リンクと認識され、順位アップに貢献します。

URLをアンカーテキストにした場合

URLをアンカーテキストにする場合も、URLにキーワードが含まれる場合は、上述した「割合」を意識する必要があります。
獲得済み被リンクに占めるキーワード入り被リンクの割合が高まればペナルティが発動しますので、注意が必要です。

インターネット上で良く見かけるリンクのアンカーテキストには「URL」が多いので、URLなら大丈夫だろうと思いがちですが、URLにキーワードが含まれる場合は上述の通りでペナルティを意識する必要があります。
一方、URLにキーワードが含まれない場合は、ターゲットキーワードでのペナルティの心配は大きく後退します。

基本的には安全なのですが、これも程度によります。
URLばかりで被リンクを張っていれば、Googleの目にはやはり不自然に映ります。

URLを一つのキーワードとしてみた場合、同じキーワードでばかり被リンクが張られているわけですから、不自然極まりありません。
Web上ではリンクする際に、URLでリンクする場合が多いのでそれはGoogleも加味するでしょう。

よって、割合が少し高めでもペナルティは発動し辛いでしょうが、割合が高まると安全ではなくなります。

長期間にわたる安定上位表示や不動の1位表示を対策URLで狙って行く場合は、たとえリスク低めのURL被リンク(URLをアンカーテキストにした被リンク)であっても割合を高めないように意識した方が良いです。
獲得済み被リンクに占めるURL被リンクの割合も高くなり過ぎないように調整しながら、アンカーテキストのバリエーションを増やして被リンクを増やして行くと良いです。

検索順位を上げるのに有効なのはキーワード入り被リンク

検索順位を上げる上で有効・効果的なのはキーワード入りアンカーテキスト被リンクです。
被リンク対策では、URLなどのキーワード無し被リンクを多く供給して行くわけですが、その一番の目的は上述した「割合」を下げることにあります。

順位を上げるのに必要なのは言うまでもなくキーワード入り被リンクです。
このキーワード入り被リンクの力で順位が上がるのですが、それを高い割合で供給してしまうとペナルティが発動してしまいます。

ですので、そのペナルティを回避するために、キーワードなし被リンクを多く供給して行く次第です。
そのキーワードなし被リンクの一つの候補が「URL」被リンクですが、URLばかりではアンカーテキストのバランスが崩れますので、そのほかにも色々なアンカーテキストで被リンクを張って行くことで重要になります。
アンカーテキストのバリエーションを増やして行き、獲得済み被リンクのアンカーテキストのバランスを整えて行くのも長期の安定上位表示や不動の1位表示を達成する上で重要な「被リンク対策」となります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする