長文コンテンツと短文コンテンツ。どちらがGoogle(Yahoo)のSEOで強いか?上位表示される確率が高い長文コンテンツ

現在、長文コンテンツと短文コンテンツではどちらがGoogleのSEO(YahooのSEO)で強いのでしょうか?
これは圧倒的に長文コンテンツ(長文記事)です。

比べ物にならないくらい、長文記事(長文コンテンツ)の方がGoogleやYahooのSEOで強いです。
たとえば、短文コンテンツに被リンク対策を施して、そこそこの順位まで来ている対策URLのコンテンツを、長文コンテンツ(長文記事)に差し替えると一気に10位以内まで来ることがあります。

また、短文コンテンツ(短文記事)で被リンク対策をけっこう施しているにも関わらず順位が上がって来ない対策URLに長文コンテンツ(長文記事)を差し替えて入れてあげると一気に上位に食い込んでくることもあります。
被リンク対策を十分に行っているにも関わらず検索順位が上がって来ない場合は、長文コンテンツ(長文記事)への差し替えは検討に値するSEO対策となります。

被リンク対策が十分なレベルなのに順位が付かなかったり上位表示されないのは、もう明らかにコンテンツ(記事)の問題となります。
そこで、そういった場合には、コンテンツを短文から長文に差し替えて頂いたり、コンテンツ下部に追記で文章量(情報)を増やして頂くことが有効なSEO対策となります。

それによって、順位がついたり、上位表示される対策URLはけっこう出て来ます。

短文と長文では上位表示確率が違う

Google(Yahoo)が長文コンテンツを好むことは昔から何度もお話させて頂いておりますので、ご存じだと思います。
短文を長文に変えていくと何が変わるかといえば、上位表示確率です。

最近ですと、短文コンテンツ(短文記事)でも検索順位が上がって来ることはあります。
短文コンテンツ(短文記事)だからと言って、対策URLの検索順位が上がって来ないということはありませんが、上位表示確率は高くはありません。

この上位表示確率の高くない短文を長文にすればするほど上位表示確率は高まって行きます。
何のためにコンテンツを長文化するかといえば、この上位表示確率を高めるためです。

長文コンテンツ(長文記事)にすれば、確実に上位表示されたり検索順位が付くわけではありません。
上位表示されたり、順位がつく可能性(確率)が高くなるのです。

この確率を上げるためにSEO対策では短文を長文化する次第です。
短文コンテンツ(短文記事)だとこの確率が大きく下がります。

ですので、長文コンテンツ(長文記事)と比べると上位表示が難しくなるのです。
短文では内部SEOスコアが低いので、順位はつかなかったり、上位表示されないのが普通です。

そこで、被リンク対策に走って外部SEOスコアで補充して行くわけですが、短文コンテンツ(短文記事)は上位表示確率自体が低くなってしまうため、質の高い被リンクをいくら補充しても上位表示されなかったり順位がつかないことが増えて来ます。
確率の問題ですので、そういう対策URL(短文URL)は確実に出て来ます。

それを回避するために、Google SEO(Yahoo SEO)では、狙ったキーワードで高い確率で上位表示させるためにコンテンツ(記事)を長文化するのです。
長文にすれば100%順位がついたり上位表示されるわけではありませんが、かなり高めの確率で順位がついたり上位表示されます。

コンテンツ(記事)を長文化すれば、上位表示確率自体が上がるので、被リンク対策を施して行った時にも順位が付きやすくなったり、上位表示され易くなります。
現在被リンク対策を行っている対策URLのコンテンツが短文の場合で調子がイマイチならば、追記や長文への差し替えはやってみる価値があるSEO対策だと思いますので、おすすめ致します。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする