トップページとサブページどちらの方が検索順位が上がり易いか?上位表示のしやすさ

トップページとサブページでは、どちらの方が検索順位が上がり易いでしょうか?
上位表示のし易さだと、現在だとサブページの方に軍配が上がります。

昔であれば様々な要因からトップページの方が順位が上がり易かったのですが、現在はそうでもありません。
サブページの方が順位が付きやすくなっております。

ただ、トップページでも検索順位が上げられないわけではありません。
サブページと比較するとトップページの方がやや順位上げでは不利といった程度のものです。

圧倒的に不利というわけでもないので、トップページで検索上位を狙って行くのもありです。現在もトップページで難関キーワードで上位表示しているURL群は多くありますので、やろうと思えば上位表示はトップページでもできます。

ただし、SEO対策(被リンク対策等)の負担はトップページの方が増します。

あえてサブページで上位表示を狙いに行く人も多い

現在だとトップページで上位表示を狙う人達と、あえてサブページで上位表示を狙う人達にSEOの世界は分かれます。
昔であれば、何でもかんでも被リンクの力でトップページで上位表示を狙うのが普通でしたが、最近はそうでもありません。

サブページで上位表示を狙う人達が増えております。
「サブページの方が検索順位が付いてしまう」「サブページの方が検索順位が上がってしまう」という現象がGoogle検索で長い期間続いた結果、サブページで検索上位を狙う人が増えております。

今は最初っからトップページではなくサブページでコンテンツを作って上位表示を狙って行く人達が多いです。
SEO対策というのはGoogleアルゴリズムを観て施す必要があります。

Googleアルゴリズムが決めた通りの条件を満たすページの順位が上がって来るわけですから、Googleアルゴリズムが右!といえば右を向かねばなりません。

Googleアルゴリズムが右と言っているにも関わらず、左向きの対策を施しても検索順位は上がりません。
むしろ逆向きの対策ですので、逆SEO対策(ネガティブSEO)になってしまいます。

一応、現在だとサブページをトップページ以上にGoogleアルゴリズムは優遇しております。
ですので、検索エンジンで上位表示を狙いたいキーワードがある場合は、サブページでコンテンツを作ることも検討に値するSEO対策であると申し上げられます。

サブページの優遇度合いはどれくらい?

ちなみに、サブページの優遇度合いですが、一時期よりは落ちたように思います。
サブページを圧倒的に優遇すると、それが検索アルゴリズムの穴となるため、一定期間経つとGoogleは優遇し過ぎないように通常はアルゴリズムを修正して来ます。

実際、修正されて以前よりはサブページの優遇度合いは下がったと感じております。
そうやってGoogleは穴の無い検索アルゴリズムを作って行きます。

それでも昔ほどではありませんが、今現在も結構サブページは優遇されております。
そのあたりは色々な検索クエリで実際に検索して頂いて検索結果を見てもらえば分かります。

今現在もかなり多くサブページ群が検索結果上位に並んでおります。
こういうのをみているだけでもサブページが優遇されているのは分かります。

ですので、上位表示を狙うキーワードをトップページに割り当てずに、あえてサブページに割り当てて行くのも良いと思います。
サブページにターゲットキーワードに沿って最適化させたコンテンツを配置し、サブページに被リンク対策を施して上位表示を狙って行くのも良いSEO対策方法だと思います。

トップページのSEO対策が上手く行かない場合

トップページでのSEO対策が上手く行っていない場合は、サブページでSEO対策をすることも検討してもらうと良いです。
昔だったら、トップページにターゲットキーワードを5個10個と割り当てて被リンクの力で無理やり順位を押し上げたわけですが、そういった手法は昔ほど成立しなくなっております。

昔はコンテンツが何であろうと、それに関係なく被リンクのアンカーテキストの力で順位は決まりましたので、被リンクの質さえ高ければ何キーワードでもトップページで上位表示が可能でした。
しかし現在は、コンテンツの影響を強く受けます。

コンテンツがキーワードAで最適化されている場合は、被リンク対策を施してもキーワードAでは順位は上がって来ますが、その他のキーワードBやキーワードCではあまり順位は上がって来ません。
そういう検索アルゴリズムに成って来ておりますので、キーワードAで最適化させているトップページにキーワードBやキーワードCを割り当てるのはあまり得策ではありません。

ちなみにトップページのコンテンツをキーワードAで最適化させる場合は、キーワード出現率・キーワード出現頻度でキーワードAが突出するようにコンテンツを作ると良いです。
キーワード出現頻度やキーワード出現率は今でもかなり重要なSEO対策です。

キーワード出現頻度やキーワード出現率をしっかり押さえてキーワードAで最適化させたコンテンツを作れても、そのコンテンツを配置してあるのがトップページである場合は、ややSEO対策(被リンク対策等)の負担は増します。
優遇されているサブページにコンテンツを配置した場合は、SEO対策の負担は減ります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする