WebサイトのSSL化で検索順位が落ちたりアクセス数が減る場合もある。https導入のリスク(負の側面)とSEO対策

SSL(https)はGoogle検索エンジンでランキングアルゴリズムの評価対象となっていることは知られている通りです。
では、SSL(https)導入にSEO効果が期待できるかですが、これは殆どというか全く期待できません。

トンケン経営研究所(弊所)が把握している範囲でいえば、SSL(https)導入で何らかのSEO効果があった事例は皆無です。
SSL(https)はランキングアルゴリズムの評価対象になってはいるものの、そのSEO効果は微々たるもので、実際に感じられるほどのSEO効果は無いというのがSSL(https)の実情であります。

ですので、SEO効果云々でSSL(https)を導入するのは、あまり意味がありません。
SEO効果という面だけでみれば、当面は導入しない方が良いとも言えます。

理由は、SSL(https)を導入すると、検索順位が下がったり、検索エンジン経由のアクセス数が減少する場合があるからです。
一時的に検索順位が下がったり、検索エンジン経由のアクセス数が減るだけならよいですが、検索順位が下がったままの状態になったり、検索エンジン経由のアクセス数が減少したままの状態になるケースも多いです。

そうなると、気楽にSSL(https)の導入というわけにもいきません。
SSL(https)の導入には「リスク」があるということです。

トンケン経営研究所(弊所)がSEO対策を担当しているお客様のWebサイト群でも実際にSSL(https)の導入でメインキーワードで検索順位が落ちてしまいリスクが顕在化しているものがあります。
ここ数年、不動の1位表示を維持してきた某メインキーワードでSSL(https)の導入で検索順位が落ちたケースや、安定的に某メインキーワードで2位まで来ていたWebサイトがSSL(https)の導入で7位まで検索順位が落ちたケースなどがあります。

ちなみに後者のSSL化(https化)前に2位だった某メインキーワードですが、7位から2位まで上げるのに、毎月新規の被リンク対策を施し続けて(被リンクを新たに獲得し続けて)だいたい1年から2年ほど(基本的に2年くらい)かかります(難しいキーワード)
売り上げの方も7位と2位ではまるで違います。

SSL化(https化)で2位から7位へと5位落ちただけですが、検索エンジン集客だけで集客を確立しているサイトにとっては順位が落ちるということは死活にかかわるくらいの大きな問題だったりします。
こういった順位降下リスクがSSL(https)を導入すると実際に顕在化することがあります。

ですので、SEOのためであるなら、SSL(https)の導入は現時点ではあまりおすすめしません。
上述した某メインキーワードで不動の1位表示を維持して来たWebサイトに関してもそうです。

何があっても、どんなアルゴリズムが導入されても、ここ数年動くことのなかった不動の1位表示URLが、SSL(https)を導入しただけで、あれほど堅かった検索順位が動いてしまった(順位が落ちてしまった)のです。
それくらいの大きなリスクがSSL(https)にはあるということを理解した上で、SSL(https)の導入は検討して頂いた方が良いです。

Web上で挙がっている声でも、SSL(https)の導入で検索順位が落ちたり、検索エンジン経由のアクセス数が激減している事例は散見されます。
時間経過で検索順位やアクセス数が回復すればよいのですが、回復してないケースもみられます。

さきほど例として挙げさせて頂いたトンケン経営研究所(弊所)のお客様方の2件のWebサイトでも、時間が経過しても回復しないままとなっております。
片方は、SSL化(https化)してもう少しで1年くらいになりますが、検索順位は落ちたままです。

ただ、この順位が落ちた期間も何もせずにいたわけではなく毎月新規の被リンク対策を継続して施し続けて(新規の被リンクを増やし続けて)おりますので、「被リンクの力」で順位自体は回復しつつあります。
SSL化(https化)で落ちた順位(低下したSEOスコア)は被リンクを増やすことで補うしかありません。

被リンクの力によりSSL化(https化)で7位まで落ちた顧客URLは現在、良い時は3位くらい、通常は4位~5位くらいをウロチョロしております。
先ほども申し上げましたが、この某メインキーワードは7位から2位くらいまで持って行くのに1年から2年分くらい(基本的に2年分)の被リンク対策が必要ですので、現在4位~5位前後な次第です。(難しいキーワード)

いずれにせよ、SSL(https)の導入で2年分に近い被リンク対策効果(SEO効果)をこのお客様のWebサイトは失ったことになります。
これがSSL(https)です。
このような体(てい)のSSL(https)ですので^^;、「SEO効果があるので導入しましょう!」などとはトンケン経営研究所(弊所)はとうてい言えそうにありません。

「どうしても必要であれば、SEO面でのリスクを覚悟して導入しましょう」と申し上げるまでです。
SSL(https)の導入で上述のようなリスクが必ず顕在化するわけではありませんが、運が悪ければ顕在化することもあるということは覚えておいて頂ければと思います。

リスクの顕在化で事業運営に問題が発生する方々に関してはSSL化(https化)は、当面は見送って頂き、静観して頂いた方が良いように思います。
何年か経てばGoogleがこの問題に対処し、問題が解決する可能性がありますので。

SEO面から観た場合は、SSL(https)は急いで導入すべきものではありません。
GoogleがSSL(https)を強く推奨していることもあり、確かに最近はSSL化(https化)したWebサイトが増えてますが、SEO面からはまだSSL(https)は必須とはいえません。

SEO面でSSL(https)の正の側面は限りなく小さく、負の側面は非常に大きいですので。
正の側面が大きく、負の側面が小さければSSL(https)の導入は必須となりますが、現実はその逆ですので必須とはいえません。
「みんなが導入しているから」「周りが殆どSSL化(https化)しているから」といって導入を焦る必要はありません。

リスクがありますので、リスクが低減されてから動くほうが安全です。
SSL化(https化)で発生する順位下落問題やアクセス数減少問題が解決してから動いても遅くはありません。

もちろん、SSL(https)の導入で順位が落ちた分は被リンク対策で補うという方々は、導入するのもありです。
ただ、SSL化(https化)の影響はドメイン全体に及ぶので、費用対効果(採算性)をよく考えた上で踏み切った方が良いです。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする