難易度低い易しいキーワードは文字数SEO、難易度高い難しいキーワードは被リンク対策(バックリンクSEO)が要

SEO対策というのは、キーワードの難易度でSEO対策のやり方は変わって行きます。
現在の主流の検索エンジンはGoogle検索エンジンですので、長期の安定上位表示や不動の1位表示を達成するにはGoogle SEO対策をやらねばなりません。

現在もYahoo検索エンジンがまだ頑張っていますが、Yahoo検索の中身もGoogle検索エンジンですので、Google SEO対策がしっかりとできていれば、GoogleもYahooもオーケーということになります。
実際に長期の安定上位表示や不動の1位表示を実現するには、各キーワードごとに要となっているSEO要素を押さえねばなりません。

その要が、競争相手が少なく競争が緩い易しいキーワードでは「文字数」(文字数SEO)になります。
易しいキーワードの場合は、投稿して行く記事の「文字数」が安定上位表示や不動の1位表示実現の要となります。

ですので、易しいキーワードで上位や1位を狙って行く場合は、「文字数」を意識しなくてはなりません。
簡単に言うと文字数(情報量,文章量)が多ければ検索の上位や1位で安定します。

文字数(情報量,文章量)が少なければ上位や1位から遠のくと思ってください。
Googleアルゴリズムは、文字数というのを大変重視しております。

この文字数が増えると、それに連動して内部SEOスコアが上がって行くような、評価方法をGoogleアルゴリズムはとっております。
ですので、文字数(情報量,文章量)が少ないと内部SEOスコアは低くなってしまいます。

文字数が多ければ内部SEOスコアは高くなります。
この文字数が多ければ多いほど内部SEOスコアが上がって行くのがGoogleアルゴリズムの特徴です。

ですので、ブログ集客と称して短文をブログ内で量産しても、殆ど意味がなかったりします。
低SEOスコアでは易しいキーワードですら上位表示されませんので、やるだけムダとなってしまいます。
易しいキーワードで安定して上位表示させたり不動の1位表示を狙って行きたいのであれば、文字数は意識しなければなりません。

「易しいキーワード=文字数SEO」
このように覚えておいて頂くと、易しいキーワードでSEO対策がし易くなると思います。

では、難しいキーワードの場合はどうでしょうか?
競争相手が多く競争が激しい難しいキーワードの場合は、文字数では勝負は決まりません。

なぜでしょうか?
理由の一つは文字数SEOはみんな押さえてくるからです。

みんな押さえてくるので文字数SEOでは勝負は決まりません。
競争相手が少ない易しいキーワードの場合は、文字数SEOで差をつけて行くわけですが、難しいキーワードの場合は「文字数SEOで差をつけられないようにする」だけで足ります。

どうせ、そこで差はつかないからです。
そこで競合に差をつけられないように文字数最適化をするだけでオーケーです。

では、難しいキーワードではどこで差をつけるのでしょうか?
「被リンク」(バックリンク)です。

被リンク(バックリンク)で差をつけて行きます。
難しいキーワードの場合は、要となるのはこの「被リンク」です。

被リンク(バックリンク)で長期に安定上位表示できるかどうか、不動の1位表示を達成できるかどうかが決まって行きます。
被リンクを押さえられていない場合は、上位も1位もとれません。

文字数SEOを押さえただけでは、競争相手と横一列に並べるだけです。
スタートラインに立てるだけです。

そこから「よーいドン!」で競争するのに必要となるのが「被リンク」(バックリンク)です。
難しいキーワードは被リンクで勝負が決まります。

被リンク対策(バックリンクSEO)を通じて被リンク(バックリンク)を増やして行くと外部SEOスコアが上昇して行きます。
難しいキーワードではこの外部SEOスコアで差がついて行きます。

「難しいキーワード=被リンク対策(バックリンクSEO)」
このように覚えておいて頂くと、難しいキーワードでのSEO対策がやり易くなります。

難しいキーワードで何をやれば良いか明らかです。
難しいキーワードで内部SEO対策に力を入れていてもしょうがないのです。

難しいキーワードの要は被リンク対策(バックリンクSEO)です。
もう少し分かり易く整理すると、

「易しいキーワード=内部SEOスコア」
「難しいキーワード=外部SEOスコア」

が成り立ちます。
難易度の低い易しいキーワードは、内部SEO対策(文字数SEO)に力を入れて内部SEOスコアを高めれば長期の安定上位表示や不動の1位表示が狙えます。
難易度の高い難しいキーワードは、外部SEO対策(被リンク対策,バックリンクSEO)に力を入れて外部SEOスコアを伸ばして行けば長期の安定上位表示や不動の1位表示が狙えます。

易しいキーワードなら被リンクなしで安定上位表示も狙えますが、難しいキーワードの場合は被リンクなしでは安定上位表示は不可能です。
競争相手に「被リンクで差をつけて行く」のですから、被リンク(バックリンク)がどうしても必要になります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする