短期・目先の検索順位操作はコンテンツで行う。中長期の検索順位操作は被リンクで行う

検索順位を決めるのは、「コンテンツ」と「被リンク」です。
貴ページ(貴URL)の検索順位操作をどこでやるかといえば、言うまでもなくコンテンツと被リンクで行います。

コンテンツと被リンクの質と量を細かく調整・調節することで、検索順位は操作できます。
コンテンツをいじくったり、被リンクの量を調節すると検索順位は動くわけですが、では目先・短期の検索順位操作はコンテンツと被リンクのどちらでやった方が良いでしょうか?

目先・短期の検索順位操作はコンテンツでやった方が良いです。
コンテンツをリライトしたり追記等をして「更新」をして、その変更後のコンテンツがGoogle(Yahoo)にインデックス登録されると検索順位は直ぐに動きます。

よって、目先・短期の検索順位操作に関してはコンテンツでやった方が良いです。
なお、被リンクでも目先・短期の順位を動かすことができる場合もあります。

ただ、できない場合も多いので、被リンクで短期・目先の検索順位操作をしようとは考えない方が良いです。
被リンクに関しては中長期の検索順位を動かすのに使うと考えて頂いた方が良いです。

質の高い被リンクをそれなりの量、供給しても短期では検索順位が全く動かないことや、逆に検索順位が下がることも多くあります。
昔と比べると、被リンクの効果が検索結果にストレートに反映されることは少なくなっており、時間差で一定間隔をあけてから効果が反映されることが増えております。

ですので、短期・目先の検索順位操作には被リンクは向きません。
被リンクで目先・短期の検索順位を操作しようとするのは、通常は上手く行きませんのでやめた方が良いです。

新たに被リンクを供給しても、それが直ぐに検索結果に効果として反映されないように(反映し辛くなるように)Googleは検索アルゴリズムに手を加えておりますので、目先・短期の検索順位を被リンクで操作しようとする試みは、多くの場合失敗して終わります。
ただ、いつまでも被リンクの効果が検索順位に反映しないようですと、Googleの検索品質(検索結果の品質)が低下しますので、時間差で(中長期的には)被リンクの効果も反映されるようにはなっております。

その被リンクの効果が反映されるのがいつ頃なのか、大変分かり辛くなっているのが現在のGoogle(Yahoo)ですが、被リンクの効果が時間差で反映されるのは間違いないところです。
被リンクの効果が中期的に(半年後から1年後くらいで)反映されるのか、長期的(数年後に)に反映されるのか、直ぐに反映されるのかは、被リンクを設置したタイミングやその時その時の検索アルゴリズムなどで変わりますが、中期・長期で観れば被リンク効果が検索順位に反映されて順位が動くのは間違いありません。

よって、被リンクに関しては、目先・短期の検索順位操作ではなく、中長期の検索順位操作で使うものと位置付けておくと良いと思います。
トンケン経営研究所(弊所)のSEOサービス(SEOコンサルティング+被リンク対策)でも、毎月の新規被リンクの供給は中長期の検索順位形成を目的にして、被リンクを設置しております。

短期・目先の検索順位を被リンクで動かそうなどとは思っておりません。
新たに被リンクを設置することで、それが直ぐに効いて短期・目先で検索順位が望む方向に動くことももちろんありますが、それを弊被リンク対策では意図して行っているわけではありません。

「そうなることもある」というだけのことです。
短期では検索順位に無反応でも、中長期的には被リンクが効いて来て順位が望む方向に動くことが多いので、トンケン経営研究所(弊所)は中長期的な順位操作を被リンクで行うようにしております。

Google(Yahoo)において、被リンクというは中長期で観て効いて来る類のものです。
短期で被リンクが効いてくることもありますが、それは「そういったこともある」といった程度のものです。

目先・短期の検索順位操作がしたいのであれば、コンテンツをいじくるべきです。
コンテンツをリライトしたり追記した場合、その変更後のコンテンツがGoogle(Yahoo)にインデックス登録され次第、短期で更新効果(変更効果)が検索順位に反映されます。

コンテンツの更新(リライト・追記)の効果が、中期(半年後から1年後)や長期(数年後)にGoogleの検索結果に反映されることは、まずありません。
コンテンツ効果は、変更後のコンテンツがGoogle(Yahoo)のインデックスに登録後に直ぐか、1か月以内だったり、2・3ヶ月だったり、とにかく「短期」で検索順位に反映されて行きます。

コンテンツ効果は短期で反映されるため、目先・短期で検索順位操作をしたい場合には、コンテンツ対策に注力すれば良いのです。

まとめ

当記事の内容を簡単にまとめると下記のようになります。

・コンテンツ効果は短期でGoogle(Yahoo)の検索結果に反映される
・短期・目先の検索順位操作にはコンテンツ対策が向く

・被リンク効果は中長期でGoogle(Yahoo)の検索結果に反映されて行く
・中長期の検索順位操作には被リンク対策が向く

目先・短期の検索順位操作を被リンクで行なおうとする人も多くおりますが、Googleの検索アルゴリズムを考えると「無理やり感」が強くあまり賢明なやり方ではありません。
目先・短期の順位操作はコンテンツでやるべきです。

競争があるキーワード(競争相手が多いキーワード)でも、コンテンツをいじくれば検索順位は結構動きます。
それくらい現在はコンテンツが検索順位に大きな影響を及ぼすのです。

被リンクに関しては基本的に中長期で検索順位に反映されていくので、忍耐強くやることが成功のコツとなります。
被リンク対策に関しては忍耐力が要求されます。

忍耐力が欠けていると、順位が上がる前に被リンク対策が撤退することになります。
Googleは被リンク対策からの撤退を求めて中長期で被リンクが検索結果に反映されていくように検索アルゴリズムを設計しておりますので、そこはよく考えましょう。

直ぐに被リンク効果があらわれなくて被リンク対策から撤退してしまってはGoogleの思うつぼです。
コンテンツに関しては、短期で効果が検索順位に反映されていくため、忍耐は要りません。

速く(早く)検索順位を動かしたい場合は、コンテンツ対策に注力すると良いです。
ただし、被リンクと違って操作できるSEOスコアに限度(限界)があります。

その限度を超えてSEOスコアを上げて行こうと思うなら被リンクが必要になります。
そんなこんなで、最終的な検索順位というは、結局、被リンクで決まりますが、コンテンツ対策も軽視はできません。

昔よりはコンテンツ対策だけでもかなりSEOスコアを動かせるようにはなっているので、コンテンツ対策にも注力する方向でSEO対策を進めて頂けたらと思います。
コンテンツ対策ができていないと、被リンクが効かなくなってしまうという問題もありますので、コンテンツ対策軽視は問題外となります。

「これでもか!」というくらいコンテンツ対策を頑張ると被リンクの効きが非常に良くなるので、特にトンケン経営研究所(弊所)のお客様方にはコンテンツ対策を頑張って頂きたいというのが本音です。
殆どのお客様に言えることですが、もっとコンテンツ対策を頑張って頂ければ、今、トンケン経営研究所が供給している被リンクはもっと効くようになります。

被リンクがどれくらい効くかは、コンテンツ対策の出来次第だということを覚えておいてください。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする