ターゲットキーワードに沿ってコンテンツがまとまっているだけでは被リンクはそれほど効かない。最近はもう1段上の内部対策が必要

これまでは、ターゲットキーワードに沿ってコンテンツがまとまっていれば、供給して行く被リンク群はよく効きました。
しかし、最近のGoogle(Yahoo)ではそうでもありません。

ターゲットキーワードに沿って作ったコンテンツであっても、供給して行く被リンク群があまり効かない事例が増えております。
2018年現在においては、ターゲットキーワードに沿ってコンテンツがまとまっていることは、もはや当たり前のことでして、それだけでは被リンクの効きはよくなりません。

もう一段階、上の内部SEO対策(コンテンツSEO)が現在のGoogle(Yahoo)では要求されております。
では、もう一段階上の内部対策(コンテンツSEO)では何をやれば良いのでしょうか?

「検索ユーザーが欲している情報を充実させたコンテンツ」が必要になって来ております。
コンテンツがターゲットキーワードに沿ってまとまっていても、そのコンテンツ内の情報が検索ユーザーが欲していない情報ばかりである場合、供給して行く被リンクがあまり効きません。

そこで、もう一段上の内部SEO対策(コンテンツSEO)を施して、「検索ユーザーが欲している情報で充実したコンテンツ」に差し替えて頂くわけですが、これを行うと供給して行く被リンク群の効きがよくなり検索順位(外部SEOスコア)が上がるようになります。
外部SEOスコアは、被リンクの供給によって上がって行きますが、2018年現在は、ただ被リンクを供給して行くだけでは、外部SEOスコアは殆ど上がりません。

2つの条件のどちらもコンテンツで満たすと、被リンクがよく効くようになる

コンテンツSEOで、条件を二つほど満たさないと、ただ被リンク群が増えて行くだけでして、外部SEOスコアは上がらないままとなってしまいます。
では、コンテンツSEOの二つの条件とは何でしょうか?

1,ターゲットキーワードに沿ってまとまったコンテンツ(※必然的にキーワード出現頻度やキーワード出現率は高くなる)
2,検索ユーザーが欲している情報で充実したコンテンツ

上記2点の条件を満たして頂かないと、供給して行く被リンク群が効かず外部SEOスコアが上がって行かないと思って頂ければと思います。
Web上の検索結果をみると、現在もほとんどコンテンツらしきものがないページが検索1位に来ていたりすることがあり、ムラはありますが、それでも全体でみると上述した2つの条件を満たすコンテンツが検索上位に来ていることが多くなっていることが分かります。

検索1位や検索上位をとりたいのであれば、上述の2条件を満たすコンテンツを作る必要が今後はあります。
それが出来ないのであれば、競争あるキーワード群では、検索1位や上位表示を安定的に取るのは難しくなっていくと考えて頂ければと思います。

一昔前までは、条件1の「ターゲットキーワードに沿ってまとまったコンテンツ」さえあれば、あとは供給して行く被リンクが効いて検索1位や上位表示が取れたのですが、2018年現在はそうは行きません。
一昔前までは共起語を含めつつキーワード出現頻度やキーワード出現率の高いコンテンツをつくりさえすれば、被リンクが効いて外部SEOスコアも上がり、上位表示も可能だったわけですが2018年現在はコンテンツの中身まで問われます。

コンテンツの中身が検索ユーザーが欲する情報になっていない場合は、被リンクは効かなくなってきております。
条件2の「検索ユーザーが欲する情報で充実したコンテンツ」まで押さえてコンテンツSEOを行って頂かないと被リンクが効かなくなってきていることは覚えておいて頂ければと思います。

条件1の「ターゲットキーワードに沿って作ったコンテンツ」(キーワード出現頻度の高いコンテンツ)だけ満たしたページを作り、そこに被リンクを供給して行って検索順位が上がって来なくてもべつに驚くことも嘆くこともありません。
そういうページは足りないのです、内部対策(コンテンツSEO)が。

もう一段階上の内部対策(コンテンツSEO)が2018年現在は必要になっているだけであります。
被リンク対策を十分に行っていながら、検索順位が上がって来ないページが世の中に大量にありますが、その大量のページの多くは条件2の「検索ユーザーが欲する情報で充実させたコンテンツ」を満たせておりません。

ですので、十分な量の被リンクを供給しても、大量の被リンクを供給しても、当然ながら被リンクは効かないのであります。
外部SEOスコアを上げたいならば、内部対策(コンテンツSEO)で一定ライン(合格ライン)を越えねばなりません。

内部対策(コンテンツSEO)の合格ライン(条件1と条件2)を超えていれば、被リンクがよく効くようになり外部SEOスコアも上がるようになります。
外部SEOスコアが上がれば、当たり前ですが検索順位は上がります。

被リンクを供給したら(被リンクが増えたら)検索順位が上がるのではないです。
外部SEOスコアが上がったら検索順位は上がるのです。

トンケン経営研究所(弊所)のお客様方には、条件1の「ターゲットキーワードに沿ってまとまったコンテンツ」だけ満たすページを作っている方々と、条件2の「検索ユーザーが欲する情報で充実したコンテンツ」(検索ユーザーのニーズを満たすコンテンツ)を含む両条件を満たしたページを作っている方々の2通りがおります。
トンケン経営研究所の被リンク対策(被リンク獲得代行)では、前者と後者に「同じ質の被リンク」を供給して行くわけですが、効き方は全然違います。

条件1だけ満たす前者の被リンクの効きは悪く、条件1・2の両方を満たす後者の被リンクの効きは良いというのが、トンケン経営研究所が被リンク対策をやっていての実感というか感想であります。
条件2の「検索ユーザーが必要としている情報が充実したコンテンツ」が、現在のGoogle SEO(Yahoo SEO)では要求されていることが被リンク対策をやっていると分かります。

まとめ

これまでは内部対策(コンテンツSEO)というと、共起語を盛り込みつつ、ターゲットキーワードに沿ってコンテンツを作り、キーワード出現率やキーワード出現頻度を高める対策が内部対策(コンテンツSEO)と言えましたが、2018年現在は、「検索ユーザーが欲している情報で充実したコンテンツ」(検索ユーザーのニーズを満たすコンテンツ,SXOコンテンツ)も内部対策(コンテンツSEO)に含まれるようになってきておりますので、そこは強く意識しましょう。
もう一段階、上の内部対策(コンテンツSEO)を施して安定的な検索1位や上位表示を達成して参りましょう。

条件1とともに「検索ユーザーのニーズを満たしたコンテンツ」(SXOコンテンツ,SXO記事)を作って頂ければ、供給して行く被リンクは効くようになります。
条件1は満たせていても、検索ユーザーのニーズを満たさないコンテンツばかり作っているならば、それらのページに供給して行く被リンクの効きは今後どんどん悪くなっていくので、検索順位が落ちたり検索流入が減って行くことは覚悟してください。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする