内部SEOの基礎基本。内部で重要箇所は3つ。重要度高い順に「タイトル>見出し>本文」。3箇所全てにキーワードを出現させる

特定のキーワードで上位や1位を狙った記事を書く場合ですが、内部SEOの基礎基本を押さえて記事を書く必要があります。
内部SEOの基礎基本を押さえて書いた記事に、被リンク対策を施すとそのページは(そのURLは)安定的に上位や1位にとどまる傾向にありますので、内部SEOの基礎基本を押さえて記事を書くことは重要になります。

内部SEOで重要な箇所は3つあります。
タイトル(titleテキスト)
見出し(h1テキストやh2テキストやh3テキスト等)
本文

重要度高い順に並べると、「タイトル>見出し>本文」となります。
タイトルのSEO、見出しのSEO、本文のSEOの3箇所のどれも内部SEOでは重要ですが、重要度にあえて順番をつけると上記のようになります。

この3箇所に確りのターゲットキーワードを出現させていくことが内部SEOでは重要になります。
この3箇所にキーワードに出現するかしないかで、検索順位の安定度はかなり変わります。

一番重要な「タイトル」のSEO(titleテキストのSEO)

狙ったキーワードで「安定して」上位や1位を取ろうと思うなら、まずはタイトル(titleテキスト)のSEOをしっかりやらねばなりません。
タイトル(titleテキスト)にキーワードを入れて行くわけですが、これをやるかやらないかで天と地ほど差がでます。

昔と比べるとタイトル(titleテキスト)のSEOの重要度は落ちているなどというSEO情報もありますが、それは本当ではありません。
今現在もタイトルSEOだけしっかり押さえたURL群が「安定して」上位や1位を取り続けております。

テキストによる「見出し」や「本文」がなく、画像オンリーのページでも、タイトル(titleテキスト)のSEOをしっかり行うことで安定して年単位で上位や1位を維持しているURL群が今も多くあります。
コンテンツがAlt属性なし(オルトテキスト無し)の画像だけで構成されていても、タイトルのSEOさえしっかり出来ていれば、安定して上位や1位に表示されるのがGoogle(Yahoo)のアルゴリズムです。

ですので、タイトルのSEOで力を抜くようなことはあってはならないのです。
内部SEOで一番重要なのはタイトルのSEOです。

ここをがっちり押さえれば安定上位や安定1位に近づくのです。
キーワード無しのタイトル(titleテキスト)をつけると検索順位は不安定になり、不動の上位表示や不動の1位表示が遠のきますので、注意が必要です。

二番目に重要な「見出し」のSEO(h1テキストやh2テキストやh3テキスト等のSEO)

さて、2番目に重要な箇所としては、先ほど挙げた通りでして「見出し」(h1テキストやh2テキストやh3テキスト等)があります。
この見出しもタイトルほどではありませんが、検索順位の安定にかなり貢献します。

見出し(h1テキストやh2テキストやh3テキスト等)やタイトルにキーワードが入っていれば、かなりキーワードに沿ったコンテンツが出来上がります。
キーワードが見出しに入っていれば、あとはその見出しに沿った内容で「本文」を書いて行くだけですので、嫌でもターゲットキーワードに沿った内容のコンテンツに仕上がります。

ターゲットキーワードに沿ったコンテンツに仕上がれば、そのターゲットキーワードで検索順位が安定するのはいうまでもありません。
あとは、被リンクの問題となります。

ターゲットキーワードに沿ったコンテンツで、なおかつ被リンクが沢山ついていれば(十分についていれば)、コンテンツ(タイトル・見出し・本文)が原因での順位変動にも巻き込まれませんし、被リンクが原因での順位変動にも巻き込まれなくなり、安定して上位や1位にとどまるようになります。

その安定1位や安定上位の基礎となるのがコンテンツ(タイトル・見出し・本文)のSEOです。
コンテンツのSEOに関しては、タイトル(titleテキスト)と見出し(h1テキストやh2テキストやh3テキスト等)でキーワードが出現していれば検索順位はかなり安定します。

三番目に重要な「本文」のSEO

キーワード入りの見出し(h1テキストやh2テキストやh3テキスト等)に沿って「本文」を書いて行けば、本文もキーワードに沿った内容になっていくので、本文にキーワードが含まれる含まれないに関わらず検索順位は安定する傾向にあります。
ただ、それでも、「本文」にもキーワードが含まれていると更に検索順位が安定するのは事実であります。

検索ユーザーの需要無きコンテンツ(タイトル・見出し・本文)だとどうなるか?

内部SEOの基礎基本は、この「タイトル」「見出し」「本文」にキーワードを出現させて行くことですが、これが出来てれば検索順位はかなり安定すると思って頂いて間違いありません。
但し、キーワードが入っていても、検索ユーザーの需要の無い「タイトル」や検索ユーザーの需要の無い「見出し」や検索ユーザーの需要の無い「本文」でコンテンツが構成されている場合は、「タイトル」「見出し」「本文」に満遍なくキーワードが散りばめられていても検索順位はあまり上がりませんし、上位や1位で安定することもありません。

「需要の無いコンテンツ」(検索ユーザー満足度の低い記事)が上位や1位に来ても、検索ユーザーの邪魔になるだけですので、そういったコンテンツに関しては、Google(Yahoo)のアルゴリズムで上位や1位に来ないように調整されますので、キーワードを含めることを意識するだけでなく、「需要あるコンテンツ」(検索ユーザー満足度の高い記事)を作る事も同時に心掛けてください。
では逆に需要あるコンテンツさえ作れていれば、キーワードなしのタイトル・キーワードなしの見出し・キーワードなしの本文でも良いのではないかと考える方もいらっしゃるでしょうが、それはダメです。

キーワードを含む需要あるコンテンツと、キーワードを含まない需要あるコンテンツがある場合、キーワードを含む需要あるコンテンツの方がSEOスコアがかなり高くなり優先表示されてしまうので、キーワードを含まない需要あるコンテンツではダメということになります。

まとめ

よって、内部SEOの基礎基本はやはり、「タイトル」(titleテキスト)や「見出し」(h1テキストやh2テキストやh3テキスト等)や「本文」にキーワードをしっかりと含めて行くことであります。
その上で、需要あるコンテンツ(需要あるタイトル、需要ある見出し、需要ある本文)を作って行く必要があります。

そこまでやれば、ページ内部のSEOはしっかりしたものとなります。
あとはページ外部のSEOの問題です。

つまり、被リンク対策(被リンク獲得)の問題となります。
幸い、ページ内部のSEOがしっかり出来ていれば、被リンクは効きます

被リンクが効くので、あとは被リンクの数(量)を積み上げて行くだけとなります。
ちなみに内部SEOが出来ていない場合ですが、被リンクは効きません

ですので、どれだけ被リンクの数(量)を積み上げても、検索順位は殆ど上がりませんし、上位や1位で安定することもありません。
内部SEO、特にコンテンツSEO(タイトルのSEO+見出しのSEO+本文のSEO,SXO記事)を確り押さえないと被リンクは効きませんので、コンテンツSEO重視で行きましょう。

コンテンツSEOがどんなものかについては、この記事で話して来た通りですので、そのポイントを押さえた記事(コンテンツ)を作って行きましょう。
コンテンツSEOは、タイトルや見出しや本文でキーワードを出現させるだけでは足りません。

検索ユーザーの需要あるタイトルをつけ、検索ユーザーの需要ある見出しで構成し、検索ユーザーの需要ある本文を書いて行くところまでがコンテンツSEOの領域です。
つまりSXO記事(検索ユーザー満足度の高い記事)を書いて行くところまでがコンテンツSEOの領域です。

その上で被リンク対策を施して行けば、被リンクが効きますので順位が上がって行き(SEOスコアが上昇して行き)、検索結果で不動の1位や不動の上位を目指すことも可能となります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする