検索経由のアクセス数は記事数に連動して増える。検索需要ある記事の量産、SXO記事の量産がアクセスアップのコツ

ブログやホームページの検索エンジン経由のアクセス数は「記事数に連動して増えない」という意見をよくWeb上で目にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?
実際のところは、書いている「記事の質」によります。

記事の質が高ければ、記事数に連動して検索経由のアクセス数も増える

書いている記事が、検索需要の無い内容ばかりであれば、何千記事をブログやホームページに投稿しようと検索エンジンからのアクセスはないでしょう。
検索需要の無い記事(誰も検索しないであろう内容でばかり書いた記事)で、どれだけ記事を量産しようと検索エンジン経由のアクセス数は増えません。

SEO面から観た場合、検索需要の無い記事は「質の低い記事」ということになります。
検索されて検索エンジンの上位で数多くヒットしなければ、検索エンジン経由のアクセスは増えませんので、検索需要の無い記事は面白い記事であったとしても「質の低い記事」ということになります。

SEO面から観た場合、検索需要の有る記事は「質の高い記事」となります。
そんなに面白くなくとも、あまり役立たなくとも、検索需要のある記事を書いていれば、SEO面から観た「質の高い記事」を量産していることにはなりますので、量産すればするほど検索エンジン経由のアクセス数はアップして行きます。

ブログやホームページのアクセスアップを目的とするならば、とにかく「検索需要の有る記事」(実際に検索されている検索キーワードに沿って記事)を書かねばなりません。
検索需要の有る記事を量産していれば、アクセス数は自然に増えて行きます。

検索需要ある記事で且つ検索ユーザー満足度の低い記事も検索上位でヒットはするが・・・

ただ、最近は、検索需要の有る記事を書いているだけでは、少し足らなくなってきています。
現在も、あまり役立たない記事や面白くない記事でも、検索需要の有る記事を書けば検索上位にヒットします。

「検索ユーザーの満足度の低い記事」であっても、検索需要の有る記事が書けていれば検索にはヒットします。
しかし、最近は少しずつですが、「検索ユーザーの満足度の高い記事」が検索上位に並ぶようになってきております。

そういう方向でGoogle(Yahoo)の検索アルゴリズムの調整が進んでおりますので、徐々にですが検索需要の有る記事でも「あまり役立たない記事等」(検索ユーザー満足度の低い記事)は検索下位へと順位を落としつつあります。

長期の上位表示を実現できるのは「検索ユーザー満足度の高い記事」(SXO記事)だけ

これまでに量産した過去記事群で長期の上位表示を実現しないと、ブログやホームページの検索経由のアクセス数は時間経過で通常は減って行きます。
この過去記事群での長期の上位表示を実現する鍵が「検索ユーザーの満足度が高い記事を書くこと」であります。

検索ユーザーの満足度の高い記事をGoogle(Yahoo)は検索上位に並べたがっておりますので、検索ユーザーの満足度の高い記事を書ければ、検索上位表示は当然ながら実現し易くなります。
検索需要が有る記事で且つ検索ユーザーの満足度の高い記事が書ければ、それまでに量産した記事がどれも長期の上位表示を実現し、且つこれから量産して行く記事でも検索経由のアクセス数が増えて行きますので、アクセスアップは容易となります。

検索エンジン経由で右肩上がりのアクセスアップを実現するには、1にも2にも「検索ユーザー満足度の高い記事」が必要になります。
別の言葉で表現するなら「SXO記事」が必要になります。

SXOは「検索体験最適化」という意味ですが、検索ユーザーの検索体験を高める記事を量産して行けば検索エンジン経由で右肩上がりのアクセスアップも実現可能となります。
検索ユーザーの満足度を高める上で求められる諸要素を満たした記事を1記事1記事、丁寧に書いて行けば検索エンジン経由のアクセス数は増えて行きます。

SXO記事(検索ユーザー満足度の高い記事)とは、どんな記事なのか?

そこで、検索ユーザーの満足度の高い記事(SXO記事)とは何なのかを考えて行きますと、
役立つ記事や面白い記事に行きつきます。
必要な情報が十分に網羅されていて、かつ無駄な情報が少ない記事が、SXO記事の代表格といえます。

必要な情報が網羅されていても、無駄な情報も多く入っている記事に関しては、検索ユーザーの満足度は下がりますので、検索順位も下がると思ってください。
無駄な情報を削ることもSEOであり、SXO記事の作成では非常に重要になります。

検索するキーワードにもよりますが、通常は必要な情報を網羅していて、かつ無駄な情報が少ない記事というのは情報量(文章量・文字数)の多い記事になります。
つまり、長文です。

もちろん、検索キーワードによっては、必要な情報が僅かで良いキーワードもありますので、そういった検索キーワードでは必要な情報を網羅した記事でも短文になることもあります。
いずれにせよ、検索ユーザーが必要としている情報が網羅された記事で、かつ検索ユーザーが必要としていない情報(無駄な情報)がない(少ない)記事を量産して行くことが出来れば、検索エンジン経由のアクセス数はアップして行きます。

まとめ

現在も検索需要の有る記事さえ書ければ、検索エンジン経由のアクセス数は増えて行きますが、それだけでは今後の検索エンジン環境下では過去に書いた過去記事群で長期の上位表示が達成できません。

ですので、記事を書けば書いただけアクセス数が増えて行くという、右肩上がりのアクセスアップは実現できません。
過去記事群での長期の上位表示が、右肩上がりのアクセスアップではどうしても必要になります。

右肩上がりのアクセスアップを実現しようと思うなら、過去記事群においても、これから書いて行く最新記事群においても、SXO記事(検索ユーザー満足度の高い記事)を書いて行くことを強く意識しなければなりません。
検索需要が有る記事で且つSXO記事(検索ユーザー満足度の高い記事)の量産が出来ていれば、一時的・短期的なアクセスアップで終わらず、検索エンジン経由で長期でのアクセスアップも実現できるようになります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする