コンテンツの力で検索順位を上げた場合は順位変動が激しく集客数は安定しない。被リンクの力で順位上げた場合は安定する

YahooやGoogleで検索順位を上げるには「力」が必要です。
「コンテンツの力」か、「被リンクの力」のどちらかが必要になります。

どちらの力も無い場合は、検索順位は上がりません。
では、どちらか一方の力があれば、「検索順位は安定するか?」というと、そんなことはありません。

コンテンツの力で検索順位を上げた場合

コンテンツの力で検索順位を上げた場合は、順位変動が激しく集客数(アクセス数)は安定しません。
検索アルゴリズムの中身は周期的にコンテンツ寄りのアルゴリズムと被リンク寄りのアルゴリズムの2つが交互に入れ替わって変化して行きます。

コンテンツ寄りのアルゴリズムになっている時は、コンテンツSEOに力をいれているURL群は上位表示されますので、検索からのアクセスが増えます。
しかし、検索アルゴリズムが被リンク寄りになってしまうと、被リンクの力がない限り順位は上がりませんので、コンテンツSEOだけに力をいれているURL群は順位を大きく落としてしまいます。

そんなわけでして、コンテンツの力で上位表示させているURL群に関しては、激しい順位変動に巻き込まれ集客数(アクセス数)は安定しません。
周期的に交互に押し寄せるコンテンツ寄りの検索アルゴリズムと被リンク寄りの検索アルゴリズムの波の影響を受け、集客数(アクセス数)は上下します。

被リンクの力で検索順位を上げた場合

では、被リンクの力で検索順位を上げているURL群はどうでしょうか?
被リンクの力で順位を上げているURL群に関しては、激しい順位変動に巻き込まれませんので、検索順位は安定し、結果、集客数(アクセス数)も安定します。

さきほど、被リンク寄りの検索アルゴリズムとコンテンツ寄りの検索アルゴリズムが交互に入れ替わっていると話しましたので、理屈で考えればコンテンツ寄りの検索アルゴリズムに入れ替わった段階で、被リンクの力で上位表示しているURL群は検索順位を落とすはずです。
しかし、現実に落ちません。

なぜかと言いますと、現在は被リンクの力で検索順位を上げているURL群は、コンテンツSEOも出来ているからです。
そもそも現在被リンクは、コンテンツSEOが出来ているURL群に対してしか効きません

コンテンツSEOが出来ていなければ、幾ら質の高い被リンクを供給しようと、殆ど被リンクは効かないのであります。
ですので、被リンクがよく効いているURL群というのは、皆、コンテンツSEOが出来ているURL群ということになります。

であれば、検索アルゴリズムが被リンク寄りになろうと、コンテンツ寄りになろうと、被リンクの力で上位表示を達成しているURL群は、その交互に押し寄せる波の悪影響は殆ど受けません。
被リンクの力で上位表示できているURL群は、コンテンツSEOも被リンクSEOも両方とも出来ておりますので、良い意味で交互に押し寄せる波の好影響を受けるだけです。

ですので、コンテンツの力で上位表示しているURL群と比べると格段に順位変動が少なく、上位で長く安定します。
被リンクの力で検索順位を上げた場合は、安定的に上位でピタッとはりつきますので、集客数(アクセス数)も安定します。

不動の1位表示や不動の上位表示を目指す場合は、コンテンツSEOと被リンクSEOの両方を押さえる必要があります。

ホワイトハットSEOでは通常は集客数(アクセス数)は安定しない

ホワイトハットSEOと称して、コンテンツSEOだけ押さえている場合は、激しい順位変動に巻き込まれますので集客数(アクセス数)は安定しません。

ホワイトハットSEOでもナチュラルリンク(自然リンク,第三者が自発的に張ってくれる被リンク)を各URLで多く獲得している極少数のサイト(極稀なサイト)では、結果的に被リンクSEOも出来てしまうので、順位安定し、集客数(アクセス数)も安定しますが、普通の(大多数の)ホワイトハットSEOサイトではアクセス数(集客数)は安定しません。

ホワイトハットSEOなブログで安定的に集客数(アクセス数)を確保するには

ちなみに、このSEOブログ(トンケンセオ)はコンテンツSEOだけをやっているので、当ブログの各URLの検索順位は激しい順位変動に巻き込まれております。
順位変動して安定しないため、検索エンジン経由の集客数(アクセス数)も安定しません。

検索アルゴリズムがコンテンツ寄りになるとグワっと検索エンジン経由のアクセス数(集客数)が増えて、検索アルゴリズムが被リンク寄りになると驚くほど検索エンジン経由のアクセス数(集客数)が減ります。

ただ、記事数が増えるとコンテンツの力だけで上位表示しているURL群でのアクセス数(集客数)のが増えるので、被リンク寄りの検索アルゴリズムになっている時でも、そこそこのアクセス数(集客数)は稼げるようになります。
当SEOブログは定期更新しており、記事数は増えて行くので、底を増やすことで集客数(アクセス数)を確保しております。

コンテンツSEOだけやっているブログなどでは集客数(アクセス数)を増やすキーポイントになるのは、やはり「記事数」であります。
記事数がどんどん増えて行かないと一定の集客数(必要最低限のアクセス数)は確保できません。

ホームページ等で特定のキーワードで「安定」した上位表示を狙う場合

ホームページなどでは、通常は記事数は増やさないので、特定のキーワードで上位表示させる方向にもっていくことなりますが、この場合は「被リンク」が集客数(アクセス数)を増やすキーポイントになります。
被リンクを増やして、被リンクの力で順位を上げて行かないと一定の集客数(アクセス数)が確保できません。

ホームページでもコンテンツの力だけやって行くやり方もありですが、その場合ですと特定のキーワードで安定して上位をとることは、検索アルゴリズムの特性上、不可能となります。
特定のキーワードで安定して上位をとるには、どうしても被リンクSEOが必要になります。

被リンクの力で順位を上げて行く方向に持って行かないと、特定のキーワードでの不動の上位表示や安定1位表示の達成は難しくなります。
被リンクの力で順位を上げぬいた場合だけ、不動の1位表示や不動の上位表示が実現できます。

まとめ

検索順位を上げる方法としては、コンテンツの力に頼る方法と被リンクの力に頼る方法の2種類があると申し上げましたが、検索アルゴリズム変動の影響を受けずに集客数(アクセス数)が安定するのは「被リンクの力」に頼った場合のみです。
コンテンツの力に頼って順位を上げた場合は検索アルゴリズムのアップデート(更新)の影響を毎回モロに受けますので、集客数(アクセス数)が安定することは決してありません。

コンテンツの力に頼る場合は、集客数(アクセス数)の底に焦点を合わせてサイトを運営して行く必要があります。
検索アルゴリズムが被リンク寄りになったときに、サイトの集客数(アクセス数)はダウンし底に達します。

集客数(アクセス数)の底は、「記事数」で決まります。
記事数が増えればアクセス数(集客数)の底もアップします。

ですので、サイト運営においては、集客数が底であっても売上が立つだけの記事数をサイト内に投下して行く必要があります。

被リンクの力に頼る場合は、特定キーワードでの検索順位に焦点を合わせてサイトを運営していく必要があります。
そして、検索順位を「被リンクの量」で調整して行く形をとると、順位が安定し集客数(アクセス数)も安定します。

「極少の被リンク」では順位不安定に。「極少」では集客数(アクセス数)の安定は望めない

ちなみに被リンクで順位を上げる場合に、「極少の被リンクでの上位表示」にこだわる方々が多くおりますが、こだわらない方がSEOでは長く成功できます。
極少の被リンクで検索順位を上げた場合は、検索アルゴリズムのアップデート(更新)の影響もモロに受けますので順位は安定しません。

「被リンクの量」が評価される検索アルゴリズムへと入れ替わった際に順位を大きく落としてしまいます。
極少の被リンクで対応できるのは、入れ替わって行く(変化して行く)検索アルゴリズムの中の一部に過ぎません。

被リンクの力で本当の順位安定、集客数(アクセス数)安定を望むなら、「被リンクの量」を追求せねばなりません。
「被リンクの量」にこだわり、質の高い被リンクをより多くつける方向で被リンクSEOを展開して行った場合のみ、5年間、10年間と一度も順位を落とさないような「不動の上位表示」(長期の安定上位表示)が達成できるようになります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする