キーワードにマッチしたコンテンツの用意は当たり前。検索意図にマッチしたコンテンツを作るのが上位表示のコツ

検索エンジンで上位表示を狙う場合、キーワードにマッチしたコンテンツを用意する必要があります。
一昔前ですと、コンテンツに関しては「キーワードにマッチしたコンテンツ」さえ用意できれば、上位表示できたのですが、2018年現在だとそれだけでは足らなくなっております。

キーワードにマッチしたコンテンツであるのと同時に、「検索ユーザーの検索意図にマッチしたコンテンツ」に仕上げて行かないと検索エンジンで上位表示できなくなって来ております。
例えば「特許申請」というキーワードならば、一昔前なら「特許申請」というキーワードに沿って記事を書いて行けば、それで上位表示できました。

キーワードにマッチしたコンテンツを用意した後で、もちろん被リンクは必要になります。
被リンクは必要になりますが、被リンクさえあれば上位表示できました。

しかし、最近はキーワードにマッチしたコンテンツと被リンクだけでは、上位表示が困難になって来ております。
「特許申請」というキーワードでいうならば、「特許申請」で検索する検索ユーザーの検索意図にまでマッチしたコンテンツを作って行かないと上位表示できなくなって来ております。

ですので、コンテンツの作成では「ターゲットキーワード」を強く意識するだけでなく、「検索意図」も強く意識してコンテンツを作って行く必要があります。
この検索意図までカバーしてコンテンツを作って行かないと、特定のキーワードでの上位表示は難しくなっております。

被リンクが効くかどうかは用意したコンテンツで決まる

一昔前ですと、キーワードにマッチしたコンテンツを用意しないと、供給して行く被リンク群が効かないという問題があり、被リンクを効かせるためにどうしてもキーワードにマッチしたコンテンツが必要だったのですが、2018年現在はこれだけでは被リンクは効かなくなって来ております。

2018年現在ですと、検索意図にマッチしたコンテンツまで用意しないと、供給して行く被リンクが効かなくなって来ております。
「特許申請」というキーワードでいえば、「特許申請」で検索する検索ユーザーが具体的に欲している情報が網羅できているコンテンツでないと被リンクが効き辛くなってきております。

一昔前ならば、検索ユーザーが具体的に欲している情報が網羅されていなくとも、コンテンツがキーワードにマッチしているだけで被リンクが効いたので上位表示できましたが、今はそうではありません。
検索ユーザーが具体的に欲している情報を網羅できているコンテンツでないと安定して上位表示できなくなってきております。

ですので、安定した上位表示を達成するために、コンテンツをキーワードにマッチさせることと、検索意図にマッチさせることの両方を強くしてしてコンテンツ作成を行って頂けたらと思います。

ブログを使った検索エンジン集客|コンテンツ対策

時系列でその時その時の時事的なことを書いて行く通常のブログ記事の場合は、上述したキーワードへのマッチや検索意図へのマッチまでは意識しなくても良いです。

時事的内容に沿ってただ普通に記事を書いて行けば、記事が長文であれば検索にはヒットするようになります。
ちなみに記事が短文ですと検索には殆どヒットしません。

Googleは2018年現在も長文を好みます(※2000年代からGoogleは長文を好んでいる)ので時事的内容のブログにおいても記事は長めに書いた方が良いです。
つまり情報量は多い方が良い(掘り下げて書いた方が良い)ということです。

ブログなどで特定のキーワード群での上位表示を狙って行く形で記事を量産して行く場合は、上述したキーワードへのマッチと検索意図へのマッチを強く意識したコンテンツ作成が必要になります。
キーワードマッチと検索意図マッチを怠ってしまうと、書いた記事群(コンテンツ群)は安定して上位表示されなくなってしまいます。

各キーワードごとに検索ユーザーの検索意図まで考えて、各記事でキーワードと検索意図にマッチしたコンテンツを作って行く必要があります。
それが出来ていれば、競争相手が少ないテールキーワード群であれば、安定的な上位表示ができます。

競争相手が多いヘッドキーワード群においては、キーワードマッチと検索意図マッチしたコンテンツだけでは足らず被リンクも必要になります。
被リンク無しではヘッドキーワード群では上位表示は「できない」と思ってください。

競争相手達も同じようにキーワードマッチ及び検索意図マッチしたコンテンツを作ってきますので、コンテンツ作成だけでは差がつきません。
そこでヘッドキーワード群では被リンクで差をつけて行くことになります。

ヘッドキーワード群では、「被リンクの量」で差をつけて、安定した上位表示を実現して行くことになります。
ちなみに「被リンクの量」が足りない場合は、上位表示はされません。

ですので、ヘッドキーワード群での上位表示においては、コンテンツのキーワードマッチと検索意図マッチと共に「被リンクの量」も重要になってきます。
ヘッドキーワード群で上位表示されないURL群の多くは、この「被リンクの量」が足りないがゆえに上位表示できないのです。

2018年現在も「被リンクの量」は非常に重要ですので、軽視しないようにしましょう。
最後は内部対策(コンテンツ)ではなく、外部対策(被リンク)で差がついて検索順位が決まって行きますので、当然ながら「被リンクの量」にはこだわって行く必要があります。

被リンクの量が少なければ競争相手に差をつけれませんので、SEOスコア(検索順位)が伸びないのは当たり前です。

まとめ

検索エンジンでの安定した上位表示に必要になるもの

テールキーワード ヘッドキーワード
・キーワードマッチのコンテンツ
・検索意図マッチのコンテンツ
・キーワードマッチのコンテンツ
・検索意図マッチのコンテンツ
・被リンクの量
[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする