ドメインパワーを強化する方法は2つ。長文記事の量産,被リンクの量を増やす

新規ドメインを取得して開設したばかりのニューサイトに記事Aを投稿する場合と、長年運営しているサイトに記事Aを投稿する場合では、同じ記事Aでも検索順位の上がり具合が全く違います。
もちろん、長年運営しているサイトに記事Aを投稿した方が検索順位は上がります。

同じ記事Aなのに、なぜ検索順位に大きな差が出るのでしょうか?
それはドメインパワー(サイトパワー)が違うからです。

検索順位に大きな差がでる理由は幾つもありますが、その中で特に重要というか影響度が大きいのがドメインパワー(サイトパワー)です。
このドメインパワーが高いと、投稿して行く記事群(コンテンツ群)が検索で上位表示され易くなります。

ドメインパワーが低いと、投稿して行く記事群が上位表示され辛くなります。
ということは、検索結果で多くの上位表示を達成するには、ドメインパワーを高めれば良いということになります。

では、どうやったらサイトのドメインパワー(サイトパワー)は強化できるのでしょうか?
結論からいうとドメインパワーを高める方法は2つあります。

一番良いのは、その両方を実践することです。
それが一番ドメインパワー(サイトパワー)を高めます。

片方を実践するだけでもドメインパワー(サイトパワー)は高まりますが、両方実践した方がドメインパワー(サイトパワー)は更に強化されます。

ドメインパワーを強化する方法:「長文記事」を量産する

ドメインパワー(サイトパワー)を高める一番手っ取り早い方法が長文記事の量産です。
サイト内で長文記事を量産して行くとドメインパワー(サイトパワー)は上がって行きます。

長文記事量産が進めば進むほど、ドメインパワーが強化されて行きます。
別の言い方をすると、サイトボリュームがアップすればするほど、ドメインパワー(サイトパワー)は上がって行きます。

ただ、サイトボリュームという言葉を使う場合は注意が必要です。
短文記事の量産であってもサイトボリュームはアップして行きます。

では、短文記事量産でドメインパワー(サイトパワー)は強化されるでしょうか?
結論からいうと、大して強化されません(大して上がりません)。

短文記事量産でもドメインパワー(サイトパワー)が上がらないこともないですが、あまり上がりません。
ドメインパワー(サイトパワー)を効果的に高めたければ長文記事をサイト内に多く投稿して行く必要があります。

短文(400字前後)ではなく「長文」(1500字以上)です。
では短文と長文の中間の中文(800字前後)ではどうでしょうか?

もちろん、中文でもドメインパワー(サイトパワー)は上がりますが、長文を多数投稿して行った方がドメインパワー(サイトパワー)は上がります。

ドメインパワーを強化する方法:「被リンクの量」を増やす

ドメインパワー(サイトパワー)を高める方法としては、サイトの被リンクの量を増やす方法もあります。
サイトが獲得する被リンクの量を増やせば増やすほど、サイトのドメインパワー(サイトパワー)は高まります。

但し、ドメインパワー(サイトパワー)を高める効果は、長文記事量産の方が「上」です。
長文記事量産の方がドメインパワー(サイトパワー)は効率的に高まりますが、被リンクの量を増やして行くことも長文記事量産に次いでドメインパワー(サイトパワー)を高める効果が期待できます。

サイトが獲得する被リンクの量(数)を増やせば増やすほど、サイト内に流れ込むリンクジュース(Googleページランク)の量が増えて行きます。
そのリンクジュース(Googleページランク)の量がドメインパワー(サイトパワー)を押し上げます。

ドメインパワー(サイトパワー)を高める場合は、被リンクのアンカーテキストが何なのかは問われません。
とにかく被リンクの量(リンクジュース,Googleページランク)の多さが問われます。

被リンクの量をどんどん増やして、サイト内に流し込むリンクジュースの量(Googleページランクの量)を増やして行けばドメインパワー(サイトパワー)は上がって行きます。

ただ、昔よりもリンクジュース(Googleページランク)はサイト全体に行き渡り辛くなってきているので、ドメインパワー(サイトパワー)を高める効果は、長文記事量産には劣ります。

それを理解した上で可能であればサイトの被リンクの量も増やして行きましょう。
ちなみに、さきほど被リンクのアンカーテキストについて触れましたが、この被リンクのアンカーテキストが問われるのはドメインオーソリティの方です。

ドメインオーソリティを高める場合は、アンカーテキストが重要になります。
これについてはまた別記事でしっかり解説します。

とりあえず、ドメインパワー(サイトパワー)を高める上では、被リンクの量(リンクジュース,Googleページランク)が重要だと思ってください。
Googleページランクやリンクジュースなどという言葉は最近は聞かないので死語のように感じるかもしれませんが、今でも重要なSEO用語です。

ドメインパワー(サイトパワー)はリンクジュース(Googleページランク)によって高まるのですから、重要でないわけがありません。

ドメインパワーを強化する方法のまとめ

まとめると、ドメインパワー(サイトパワー)を強化する方法としては、2つあり、それらには優先順位があります。
ドメインパワー(サイトパワー)を高める効果の高い順に並べると下記になります。

1,長文記事量産(長文によるサイトボリュームアップ)
2,被リンクの量を増やす(リンクジュース,Googleページランクを大量にサイトに流し込む)

ドメインパワー(サイトパワー)を効率的に上げたければ「1」の長文記事の量産は必須です。
「2」の被リンクの量(数)を増やすという方法も、長文記事量産には劣りますが、実行できるようであれば実行した方が良いです。

効果的にドメインパワー(サイトパワー)を高める方法は以上の2つです。
ドメインパワー(サイトパワー)が上がると、投稿して行く記事群の検索順位が付き易くなるので、上位表示対策としておすすめできます。

当SEOブログも長文記事(1500字以上の記事)ばかり投稿しておりますので、ドメインパワー(サイトパワー)は時間が経てば経つほど上がって行くようにはなっております。
ただ難点は記事数が少ないことです。

ここ1・2年は、毎月3記事しか投稿しておりませんので、少しずつしかドメインパワー(サイトパワー)も上がって行きません。
もっとガンガン大量に長文記事を投稿して行けば、スピーディーにドメインパワー(サイトパワー)も強化されていくのですが。

ドメインパワー(サイトパワー)が上がってくれば、過去記事などで、それまで順位の付くことがなかったキーワードで順位が付くようになり、検索エンジン経由の集客数も増えて行きます。
それがドメインパワー(サイトパワー)というものです。

ドメインパワーを強化する方法の補足

ドメインパワー(サイトパワー)を効果的に強化する方法は2つですが、なぜ長文記事量産の方がドメインパワー(サイトパワー)を高める効果が高いのでしょうか?
それはGoogleがそれだけコンテンツを重視しているからです。

SEO対策で重要なのは毎回申し上げている通りで「コンテンツ」(記事)と「被リンク」の2つです。
2011年前後頃からGoogleはコンテンツというものを大変重視するようになって来ております。

その流れで今現在は長文記事量産(長文コンテンツ量産)のほうがドメインパワー(サイトパワー)を高める効果が高くなっているのです。
2011年前後くらいまではGoogleでは被リンク(ページランク等)の方が重視されていたので、2011年以前は被リンクの量を増やすことの方がドメインパワー(サイトパワー)を高める効果は高かったです。

ですので、当時はトンケン経営研究所(弊所)もそうでしたが、コンテンツになど目もくれず被リンク強化に走ったのです。
そうしなければ、当時はドメインパワー(サイトパワー)が上がらなかったのです。

2011年以前は、
1,被リンク量産(被リンクの量を増やす)
2,コンテンツ量産(コンテンツの数を増やす)

でしたが、2011年以降は、
1,コンテンツ量産(コンテンツの数を増やす)
2,被リンク量産(被リンクの量を増やす)

という風に、ドメインパワー(サイトパワー)を効果的に高める方法も、逆転して来ております。
Googleが重視するものが変わって来たために、このようになっております。

ただ、最近はまたGoogleがけっこう被リンクを重視するようになってきているので、被リンク量産も前よりはドメインパワー(サイトパワー)の押し上げに効くようにはなってきております。
とはいっても長文記事量産には、まだまだかないませんが。

現在のGoogleでも「コンテンツ>被リンク」の順で両要素を重要視しているため、コンテンツ量産(長文記事量産)の方がドメインパワー(サイトパワー)押し上げには効果的となります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする