ドメインオーソリティとは?権威性を上げる方法は1つだけ。「被リンクのアンカーテキスト」と「被リンクの量」がカギ

ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)という言葉がありますが、このドメインオーソリティ(ドメインの権威性)というのはキーワード単位で高低(スコア)が変わります。
リアル世界(現実世界)で「~の権威」といった表現があるように、Web世界(検索エンジン世界)上の各ドメインにも「~の権威」「○○の権威」「××の権威」「△△の権威」など、それぞれの分野(=キーワード)の権威が存在します。

では、その道の権威(そのキーワードの権威)は何で決まるのでしょうか?
答えは、「被リンクのアンカーテキスト」と「被リンクの量」です。

では、その道の権威(そのキーワードの権威)かどうかは誰が決めるのでしょうか?
答えは、第三者です(=外部サイト群の被リンクのアンカーテキストです)。

当たり前ですが、その道の権威かどうかは、自分が決めることではありません。
自分で○○の権威だと主張したところで周りが認めなければ、その人は○○の権威としては見られることはありません。

自分以外の第三者の多くが(多くの外部サイトの被リンクのアンカーテキストが)、この人は○○の権威だと認めて、初めて○○の権威として検索エンジンから見られるようになるのです。

つまり、「自称」ではダメだということです。
自称で「私は○○の権威だ」と言ったところで、周りが○○と権威として見てなければ、○○の権威には実際なれないのです。

第三者の多くが、「この人は○○の権威」だと言えば、その人は間違いなく○○の権威です。
この○○の権威性をスコア化したものが「ドメインオーソリティ」(ドメインの権威性)です。

ですので、ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)はキーワード単位でスコア化される形となります。
多くの外部サイト群から「○○の権威だ」と看做される場合、それは「被リンクのアンカーテキスト」という形で評価を受け取ります。

被リンクのアンカーテキストで、「○○の専門家」「○○の人」「○○に詳しい」「○○」などのアンカーテキスト被リンクをもらえば、そのドメインは「○○の権威」としてスコア化され、「○○」を含むアンカーテキスト被リンクをもらえばもらうほど、スコアはどんどん上がって(高まって)行きます。
これがドメインオーソリティ(ドメインの権威性)というものです。

ドメインオーソリティ(権威性)は、サイト内部のSEO対策ではなく外部対策(被リンク)で上がって行く(高まって行く)

ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)を上げようと(高めようと)思って、サイト内部のSEO対策を頑張ったところで、ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)は殆ど上がりません。
「殆ど」と書いたのは、サイト内部の内部リンクのアンカーテキストに「○○」のキーワードを含めれば、一応は○○のアンカーテキスト被リンクを獲得した形にはなりますので、少しはドメインオーソリティ(ドメインの権威性)が上がります(高まります)。

ただ、そのドメインオーソリティ(ドメインの権威性)は「自称○○」の域を出ません。
自分のサイト内に○○に関するページを大量に作って、各ページへのリンクを「○○」入りの内部リンク(アンカーテキスト被リンク)にすれば、多少はドメインオーソリティ(ドメインの権威性)が上がります(高まります)。

しかし、たった一人(しかも自分自身)から「○○」と言われているに過ぎないので(自称に過ぎないので)、○○のドメインオーソリティ(ドメインの権威性)の上がり(高まり)具合にも限度というか限界があります。
ただ、自サイト内の多くページから○○と言われている状態で、自称度は高めですので、少しはドメインオーソリティ(ドメインの権威性)も上がります(高まります)。

しかし、たった一人から○○と言われているに過ぎないので、その道の権威からは程遠い状態です。
そこで、必要になるのが多数の第三者からの評価(多数の外部サイトからのアンカーテキスト被リンク)です。

多くの外部サイト群から○○というキーワード入りのアンカーテキスト被リンクを大量にもらえば、○○でのドメインオーソリティ(ドメインの権威性)が上がります(高まります)ので、その道の権威として検索エンジンから認識されるようになります。
○○の権威として検索エンジンから認識されれば、「○○」入りの検索キーワード群ではそのドメインは検索順位が上がり易くなります。

そのドメインは○○の権威ですので、当然、そのドメインのサイト内のページ群は○○を含む検索キーワード群では検索順位が上がり易くなります。

ドメインオーソリティ(権威性)を効率的に上げる方法

ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)を効率的に上げる(高める)場合ですが、各外部サイトからROS被リンク(=その外部サイト内の全ページに被リンク設置)をもらうと効果的です。

ROS被リンクの形で各外部サイト群からアンカーテキスト被リンクをもらうと、「被リンクの量」が一気に増えますので、その増えて行く「量」分だけ検索エンジンからより高く評価されます。
ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)を効率よく上げて行く(高める)ことを望むなら、各外部サイトからROS被リンクという形で被リンクを集めると良いです。

ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)のまとめ

ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)を上げる(高める)ポイントとなるのは、まず第一に「被リンクのアンカーテキスト」です。
被リンクのアンカーテキストに権威性を高めたい分野のキーワードが入っている必要があります。

そして第二として「被リンクの量」です。
キーワード入り大量のアンカーテキスト被リンクの獲得です。

キーワード入りの被リンクを獲得した量に応じてドメインオーソリティ(ドメインの権威性)は上がって行き(高まって行き)ます。
自サイトのサブページAやサブページBで大量のキーワード入り被リンクを獲得した場合、その自サイトのドメインオーソリティ(ドメインの権威性)が上がり(高まり)、サブページCやサブページDやサブページEも、キーワード入りの検索キーワードで検索順位が上がり易くなります。

それがドメインオーソリティ(ドメインの権威性)です。
自サイト内のページ群が大量のキーワード入りアンカーテキスト被リンクを獲得すれば、そのキーワードの権威として、そのドメインは検索エンジンから認識されます。
そして、獲得したキーワード入りアンカーテキスト被リンクが超大量なら、そのキーワードの(その道の)大権威として検索エンジンから認識されます。

大権威ですので、さらにキーワードを含む検索クエリ群では検索順位が上がり易くなります。
このドメインオーソリティ(ドメインの権威性)は実際にスコアとして見ることはできませんが、ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)が各キーワード単位でスコア化されているのは事実です。

昔はこのドメインオーソリティ(ドメインの権威性)がGoogle検索エンジンで大変ものを言い、検索順位に多大な影響を与えていました。
現在も昔ほどではありませんが、ドメインオーソリティ(ドメインの権威性)は検索順位に影響を与えておりますので、上げられるなら(高められるなら)上げて行きたい(高めて行きたい)SEO要素ではあります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする