競争ある検索キーワードで被リンク無しで上位や1位を維持できるか?長期の維持は無理、不可能。一時的なら可能

競争がない検索キーワードや競争が非常に少ない検索キーワードで、被リンク無しで検索上位や検索1位を維持できるでしょうか?
被リンク無しのコンテンツSEOだけで順位維持は可能です。

「競争相手がいない」のですから、コンテンツSEOさえしっかりできていれば、長期の維持も可能です。
では、競争がある検索キーワードではどうでしょうか?

競争がある検索キーワードで、被リンク無しで長期の検索1位や検索上位を維持できるでしょうか?
これは、無理というか不可能です。

コンテンツSEOだけで差がつかない競争ある検索キーワード群は、被リンクSEOで差がついて行きます。
競争あるキーワード群では、検索順位は基本的に被リンクSEOの出来具合で決まって行きます。

被リンクSEO(被リンク獲得)が良く出来ているURL群ほど、検索上位にランクして、被リンクSEO(被リンク獲得)がイマイチなURL群ほど検索下位にランクするようになります。
競争あるキーワードではどうしてもそうなります。

競争があるのですから、競合しているURL群の外部SEOスコアがどんどん変わって行きます。
外部SEOスコア競争に否が応でも巻き込まれますので、自分だけ被リンクSEO(追加の被リンク獲得)を何もせずにいれば当たり前ですが、中長期的には検索順位は落ちて行きます。

ただ、短期的(一時的)には、自分だけ何もせずにいても検索順位を維持できることはあります。
Googleには被リンク対策(被リンク獲得)を施すと、直ぐに検索順位に外部SEOスコアとして反映される検索アルゴリズムと、一定期間以上置いてから外部SEOスコアとして反映される検索アルゴリズムがあります。

そのどちらのアルゴリズムが現時点でGoogleで採用されているかで、短期的な検索順位は変わって来ます。
一定期間以上置いて外部SEOスコアとして反映される検索アルゴリズムが採用されている場合は、一定期間は被リンク対策(追加の被リンク獲得)など何もしなくとも検索順位を維持できます。

しかし、一定期間が過ぎれば競合URL群が設置した被リンク群が外部SEOスコアに反映されていきますので、中長期的には競合URLに追い抜かれてしまいます。
被リンク対策など何もせずにいても一時的(短期的)であれば順位は維持できますが、中長期的には検索順位を落としてしまいます。

そこであわてて被リンク対策(追加の被リンク獲得)を開始しても、遅い場合があります。
Googleの検索アルゴリズムがそのまま変わらず一定期間置いてから被リンク効果を外部SEOスコアに反映していくアルゴリズムであった場合は、自分が新たに設置した被リンク群も、当然ながら直ぐに検索順位に反映されなくなります。

被リンク対策(追加の被リンク獲得)を行っても、短期的(一時的)には検索順位は上がらないということになります。
中長期的には、新たに獲得した被リンクの効果が検索順位に反映されて行きますが、そうなるまでに時間がかかってしまいます。

Googleのアルゴリズムは上述したようになっておりますので、競争ある検索キーワードでは、基本的に被リンク無しで検索上位や検索1位を長く維持することはできません。

一度、上位表示や1位表示を達成したURLで、被リンクを外して(解除して)も1位や上位を維持できるか?

競争あるキーワードで現在上位や1位表示できているURLで、付いている被リンク群を外して(被リンクを解除して)そのまま上位維持や1位維持はできるでしょうか?
答えは、現在のGoogleアルゴリズム下であれば、短期的(一時的)であるならば、検索上位や検索1位を維持できる場合が多いです。

現在のGoogleのアルゴリズムは、被リンクを外しても(被リンク解除しても)直ぐに検索順位が落ちないことが多くなっております。
被リンクを外して(被リンクを解除して)、それがGoogleに認識されても、直ぐには外部SEOスコアが下がらない(反映されない)ことが多くなっております。

これは、被リンクSEO(追加の被リンク獲得)をしても、直ぐに外部SEOスコアに反映されないのと同じ理屈です。
被リンクを外しても(被リンクを解除しても)、一定期間置いてから外部SEOスコア反映させるアルゴリズムが存在するということです。

もちろん、被リンクを解除して(被リンクを削除して)、一定期間を置かずに直ぐに外部SEOスコアにそれを反映させる検索アルゴリズムもGoogleにはあります。
被リンク解除(被リンク削除)を、直ぐに外部SEOスコアに反映させるアルゴリズムと一定期間置いてから外部SEOスコアに反映させるアルゴリズムが存在し、どちらを現時点でGoogleが採用しているかで、被リンクを外した場合のその後の順位推移は変わって来ます。

現時点のGoogleでいえば、被リンク削除(被リンク解除)しても、一定期間置いてから外部SEOスコアに反映させるケースが多いので、被リンクを外しても(被リンクを解除しても)短期間(一時的)なら上位や1位を維持できることが多くなっております。

まとめ

現在のGoogle検索エンジン(Yahoo検索エンジン)では、競争あるキーワードでも短期(一時的)ならば、「被リンク無し」でも上位や1位を維持できることは多くなっております。
しかし、中長期で順位を維持できるかとなると、それは無理、不可能になります。

競合が被リンクを新たに獲得した場合、それらの被リンク群はすぐに反映されなくとも中長期的には外部SEOスコアに反映されていくので、いつまでも被リンクSEO(追加の被リンク獲得)無しで順位は維持できません。
また、上位表示後、1位表示後に、付けた被リンクを外した場合(削除した場合)も、被リンク削除(被リンク解除)の効果が中長期的には外部SEOスコアに反映されていくことになりますので、いつまでも被リンク無し(被リンクゼロ)で順位維持はできません。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする