関連記事(長文)を増やして行くとターゲットキーワードで検索順位が上がって行く。被リンクなしでもコンテンツを増やすことで順位は上げられる

現Googleアルゴリズム下ではサイト内で、ターゲットキーワードに関連する記事を増やして行くと、ターゲットキーワードで検索順位が上がって行きます。
特に長文の関連記事を増やすとターゲットキーワードで検索順位が上がって来る傾向があります。

2018年現在のGoogleアルゴリズムの特徴。骨太な長文コンテンツを増やすとターゲットキーワードで順位が上がる

例えば「被リンク」で検索順位を上げたい場合は、サイト内で被リンクに関する記事を書けば書くほど「被リンク」での検索順位が上がって行くイメージです。
「被リンク」で長文記事を書いたり、「被リンク チェック」「被リンクとは」「被リンク 増やし方」「被リンク 調べる」「被リンク 調査」「被リンク やり方」「被リンク ペナルティ」「被リンク効果」等の「被リンクの複合キーワード」で長文記事を書いて行くと「被リンク」で検索順位が上がって行きます。

「バックリンク」で検索順位を上げたい場合は、サイト内でバックリンクに関する記事を書いて行くほど「バックリンク」で検索順位が上がって行きます。
「バックリンク」で長文記事を書いたり、「バックリンクとは」「バックリンクサイト」「バックリンク 調べる」「バックリンク 効果」「バックリンク チェック」「バックリンク対策」等の「バックリンクの複合キーワード」で長文記事を書いて行くと「バックリンク」で検索順位が上がって行きます。

ちなみに当SEOブログ(=ホワイトハットSEOで被リンクなしのブログ)は、「被リンク」の長文記事や「バックリンク」の長文記事をよく書くので、現時点(2018年8月31日時点)で「被リンク」で20位台~30位台、「バックリンク」で40位台から50位台まで検索順位が上がって来ております。
もちろん「被リンクなし」でこの順位まで上がって来ております。

被リンクよりもバックリンクの方の順位が低めなのは、バックリンクという言葉で長文記事をあまり書いてないためです。
バックリンクという言葉で骨太な長文記事を量産して行けば、「バックリンク」でも検索順位はもっと上がって来ます。

現在のGoogleはそういう検索アルゴリズムです。

外部SEO対策(被リンク)で順位を上げる方法と、内部SEO対策(コンテンツ)で順位を上げる方法

通常は、「被リンク」で順位を上げる場合は、「被リンク」に関する記事を一記事だけ書いて、そこに外部サイト群(サテライトサイト群)から被リンクを張って行く(集中させていく)ことで、「被リンク」というキーワードで検索順位は上げて行きます。
ターゲットキーワードで検索順位を上げたい場合は、通常は被リンクで検索順位を上げて行くのですが、現Googleアルゴリズム下では「コンテンツで検索順位を上げて行く」ことも可能になっております。

ターゲットキーワード入りの被リンクを増やすと検索順位は上がって行きますが、それと同じようにターゲットキーワード関連の長文記事を増やして行くと、ターゲットキーワードで検索順位が上がって来ます。
「被リンクを増やして検索順位を上げる」というのは2000年代からずっとGoogle SEOとしてやっていることですので馴染み深いと思いますが、「コンテンツを増やして検索順位を上げる」というのはGoogle SEOとしてあまり馴染み深くないのではないかと思います。

「コンテンツ(関連記事)を増やしてターゲットキーワードで検索順位を上げる?そんなやり方聞いたことがないな」という方もいらっしゃると思いますが、被リンク以上にコンテンツを重視するGoogleでは、そんなやり方も現在有効であります。
よって、ターゲットキーワードで検索順位を上げる主だった方法は2つあることになります。

一つは「外部SEO対策」(被リンク対策)によって、被リンクを増やす方法です。
もう一つは「内部SEO対策」(コンテンツ対策)によって、コンテンツを増やす方法です。

2018年の内部SEO対策(コンテンツ対策)とは

コンテンツ対策というと、「そのページのコンテンツの対策」という風に捉えがちですが、「サイト内のコンテンツの対策」という風に範囲を広げて捉える必要が現在はあります。
サイト内にターゲットキーワードに関連する骨太な長文記事(長文コンテンツ)を量産することで、検索順位を上げて行くことが可能となっておりますので、「コンテンツ対策」という場合は、そのページのコンテンツの対策だけではなくて、サイト内のコンテンツ群の対策という風に今後は広い意味で捉えて頂けたらと思います。

被リンクなしで検索順位を上げることが可能な検索アルゴリズムに現Googleはなっている

有効な被リンクを増やせばターゲットキーワードで検索順位が上がって行くことは当たり前のことですが、関連するコンテンツ群(骨太な長文記事群)を増やしても、同じようにターゲットキーワードで検索順位は上がって行きます。
よって、現在のGoogleアルゴリズム下では、被リンク無しで順位を上げて行くことも可能になっております。

今の傾向がずっと続くかどうかはわかりませんが、今のところは被リンクなしで、関連するコンテンツ群を増やすことで、検索順位を上げて行けるようにはなっております。
一番確実なのは、外部サイト群(サテライトサイト群)から被リンクを張って順位を上げて行くことですが、一応、サイト内部でターゲットキーワードに関連する骨太記事(長文記事,長文コンテンツ)を増やすことで順位を上げて行くことも可能となっておりますので、その両方を併用して検索順位を上げて行くと良いと思います。

ホワイトハットSEOサイトにも関わらず、難しいキーワードで上位表示できているサイトをチラホラ見かけることがあると思いますが、その理由がこのあたりにあります。
「被リンクがついてないのに何で難しいキーワードで上位に来るのだろう?」と頭をかしげることがあると思いますが、その理由はサイト内に存在する関連記事(ターゲットキーワードに関連する長文コンテンツ群)にあるのです。

被リンクを増やす代わりに、関連コンテンツ(骨太な長文記事)を増やしているので、ターゲットキーワードで検索順位が上がって来るのであります。
今回の記事はGoogle SEOのやり方としては非常に重要になるので、しっかり理解し覚えておくようにしてください。

ターゲットキーワードで検索順位を上げる方法として、「被リンクを増やす」という方法だけでなく、「コンテンツを増やす」という方法も現在、Google SEOで有効ですので、お試しください。
ターゲットキーワードで検索順位を上げたかったら、どんどんターゲットキーワードに関連する骨太な長文記事(長文コンテンツ)をサイト内で増やして行けば良いのです。

外部対策(被リンク対策)だけでなく、内部対策(コンテンツ対策)でも順位を上げて行ける時代に入っておりますので、内部対策(コンテンツ対策)を上手く活用してください。
外部対策(被リンク対策)だけではどうしても検索順位が頭打ちになっている場合は、内部対策(コンテンツ対策,関連する長文記事の量産)をやってみてください。

外部対策(被リンク対策)と並行して、内部対策(コンテンツ対策,関連する骨太記事の量産)も頑張れば現状打破できる確率(可能性)がぐんと上がります。

まとめ

現Googleアルゴリズム下では、ターゲットキーワードに関連した長文記事(骨太コンテンツ)を増やして行くとターゲットキーワードで検索順位が上がって行きます。
被リンクなしでもコンテンツを増やすことで順位は上げられるようにはなっているので、コンテンツ対策は今まで以上に有効になって来ております。

「コンテンツで順位を上げて行ける」ようになっていることは、Googleが「コンテンツ」を第一に重視し、「被リンク」を第二に重視していることの顕われのようにも感じます。

ただ、注意も必要です。
Googleアルゴリズムがまた変化して、関連する長文記事(骨太コンテンツ)を増やしても、ターゲットキーワードで検索順位が上がらなくなる可能性も大いにあります。

ですので、内部対策(コンテンツ対策)による上位表示は「上がればラッキー」くらいに捉えておいてください。
未来永劫、効果的な対策となるかどうかは何とも言えません。

一つだけ言えることは、「今は有効な対策」だといういうことです。
今現在は関連記事(長文コンテンツ)を増やすことが有効になっておりますので、上手く利用して上位表示や上位維持に繋げて頂けたらと思います。

繰り返しになりますが、本日の記事は、Google SEO上、かなり重要な記事(情報)になります。
しっかり理解し、今後のサイト運営に上手く活かして行きましょう。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする