被リンク量は同じまま記事を長文に差し替えるとアクセスは数倍に増える事も。商用ロングテールキーワード集客を増やす

それなりに被リンクを供給しているページ(URL)では、記事を長文記事に差し替えるだけでアクセス数が増えることがあります。
何となく被リンク対策はずっと続けているけど、コンテンツ(記事)の情報量が少なく貧弱なままになっているページ群では、情報を盛って増やして差し上げるだけで、検索経由のアクセス数は増加します。

ページのコンテンツの情報量が少ないがゆえに、あまり検索エンジン経由でアクセスが入らないページはWeb上に腐るほどあります。
トンケン経営研究所(弊所)のお客様方のページの中にも上述のページが沢山あります。

記事を長文記事に差し替えて頂きさえすれば、検索エンジン経由のアクセスが数倍に膨れ上がるであろうページが多くございます。
記事を長文に差し替えることで、狙っているキーワードでの順位が上昇することもありますが、効果はそれだけではありません。

大きな効果は商用ロングテールキーワードでの集客数が増える事にあります。
通常、被リンク対策で被リンクを供給して対策して行くターゲットキーワードには、上位表示すれば売り上げにつながる商用キーワードを選びます。

この商用キーワードを含むロングテールキーワードのアクセスは、既存の記事を長文に差し替えることで増加させることができます。
売上に繋がり易い商用キーワード関連のロングテールキーワードでのアクセスが増えれば、濃いアクセスを集めることができます。

SEO対策の世界における「長文」とは

長文にすれば上述した効果が期待できますが、長文とは何でしょうか?
ただ、ターゲットキーワードに沿って水増ししたような文章を書けば良いのでしょうか?

もちろん、違います。
「ターゲットキーワードで検索するユーザー達が求めている情報を多く盛り込んで長文化」した文章がSEO対策の世界で言うところの長文です。

長文であれば何でも良いわけではなく、そのキーワードで検索ユーザーが求めている情報をてんこ盛りにした結果としての長文記事を作る必要があります。
自分の自己満足で、自分好みの情報をあれもこれもと盛り込んで長文化するのではなく、「検索ユーザーが欲している情報」をあれもこれも盛り込んで長文化して行くのが内部SEO上のポイントとなります。
そして、そこに独自の視点を組み込んで文章のオリジナル性(ユニーク性)を高めます。

そうやって、長文化した記事を作成して、それを既存の被リンクがそれなりについたページ(URL)に差し替えて入れてあげれば、それだけで検索エンジン経由のアクセス数はけっこう増えます。
ページによっては数倍やそれ以上にトラフィックが膨れ上がります。

もちろん、アクセス数が増えるのは長文記事に差し替えたページ(URL)だけです。
サイト全体に効果が波及するわけではないですが、記事を差し替えればページ単位でアクセスアップ効果は期待できます。

それなりの被リンク量がありページの記事(コンテンツ)が貧弱なページ群を持っている方々は、長文記事への差し替えを試すことをおすすめします。
今のGoogleアルゴリズムは文字数を昔以上に重視する関係で、ページの記事を差し替えて長文化すればターゲットキーワードで大幅に順位が上がることもありますので、やってみる価値はあります。

トンケン経営研究所(弊所)も最近あるページを長文記事に差し替えましたが、そのページの商用のロングテールキーワードでのアクセス数は2倍から3倍ほど増えました。
被リンクがある程度ついているページ群では、記事さえ長文記事に差し替えればアクセス数は増えます。

これを被リンク量がある程度ついているページ全てで実行すれば、検索経由のアクセス数(トラフィック)は結構膨れ上がります。
繰り返しになりますが、Googleアルゴリズムは内部SEOに関して言えば「文字数」を重視します。

ですので、検索ユーザーが求める情報に沿って「文字数の増量」を実行すれば、内部SEOスコアは跳ね上がります。
長文記事を書く際は、ターゲットキーワードに沿って書くことは必須です。

途中でターゲットキーワードから書く内容がそれる(ブレる)ようでは内部SEOスコアが低下するので話になりませんが、ターゲットキーワードに沿って記事を作成していさえすればそれで良いわけでもありません。
もう一つ欠けてならない視点は、「検索ユーザーが求めている情報に沿って記事を書いて行く」ことです。

これが出来ていれば、内部SEOスコアは確実に跳ね上がります。
検索ユーザーが求めている情報に沿って文字数を増量しておりますので、中長期での内部SEOスコア安定も期待できます。

Googleが検索結果で上位表示させたい情報は言うまでなく、「検索ユーザーが求めている情報」です。
その求めている情報がてんこ盛り状態の長文記事であれば、検索結果でどう扱われるか容易に予想がつくでしょう。

検索ユーザーが求めてない情報でてんこ盛りにしても内部SEO効果はあまり期待できませんので、そこは長文作成時に意識しましょう。
Googleの好きな長文であっても、検索ユーザーが求めてない情報ばかりであれば、そんなものはGoogle(Yahoo!)で上位表示されなくなって行きます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする