SEO対策で有利な長文記事の具体的な文字数は?最低でも1500字。理想は3000字~5000字

GoogleのSEO対策では長文記事が有利です。
短文記事を量産したサイトと、長文記事を量産したサイトでは、検索エンジンからの流入に大差がつきます。

短文記事のサイトは、短文記事を量産しても中々、検索エンジンからの流入が増えませんが、長文記事のサイトは長文記事を量産して行くと結構早いペースで検索エンジンからの流入が増えて行きます。

また、記事量産から時間が経った場合ですが、短文記事のサイトは検索流入が殆ど絶えます。
一方、長文記事のサイトは長く検索流入が残ります。

記事量産中も検索流入に大差がつきますが、記事量産を終えてかなり時間が経過した後でも検索流入に大差がつきます。
よって、ブログやサイトでは、短文記事ではなく長文記事を量産して行くことがGoogle SEOとして求められます。

Google SEOで有利な記事の文字数は?

では、Google SEOで有利な長文記事ですが、具体的にはどれくらいの文字数で記事を書けば良いのでしょうか?
答えは、1500字以上です。

検索流入の有る記事を量産するのであれば、最低でも1500字くらいは必要になります。
では、1500字あれば長文記事としては安泰かいえば、そんなことはありません。

1500字というのは、書くことがあまりなくて、文字数(情報量)を増やすにも増やせない状況下で、最低でも達成したい文字数が1500字です。
1500字というのは最低ラインだと思ってください。

いちおう、1500字くらいで記事を書いていれば検索エンジンからの流入は増えて行きます。
ただ、検索流入を効果的に増やして行こうと思うなら、1500字では足りません。

検索流入をぐわっと増やして行こうと思うなら、毎回3000字~5000字くらいで記事を書いて行く必要があります。
検索エンジンからの流入が多いブログやサイトというのは、調査するとわかりますが、だいたい各記事の文字数が3000字~5000字くらいあります。

3000字~5000字くらいあると、他サイトの記事群と文字数で大差がつきますので、SEO競争でも競り勝ち記事群が検索上位に表示され易くなります。

そのへんの一般的なサイトの記事群の文字数は?

一般的なサイトというのは、書いても記事の文字数は1500字くらいです。

一般サイトからすれば1500字というのはかなりの長文記事です。
かなり長い記事を書いた場合で1500字ですので、普段書く記事群は1500字以下です。

ですので、毎回1500字以上で記事を書いて行けば「文字数」でSEO競争に競り勝ち、検索で上位表示されることが多くなるのです。
ただ、この1500字の長文記事ですが、書くのは結構大変です。

1000字くらいなら書く内容が途中で尽きることもない場合が多くなりますが、1500字まで行くと書く内容が尽きてきてしまうことが多くなります。
ちなみに、トンケン経営研究所(弊所)もこうして当SEOブログで記事を書いていて、400字から1000字くらいで書くことが無くなり筆が止まることがちょくちょくあります^^;。

それでも何とか頑張って1500字は毎回書くようにしております。
書く内容があるときは、勢いがついて3000字から5000字くらいの長文記事を書けますが、書く内容があまりないときは四苦八苦しながら1500字の記事を書いております。

Googleの検索アルゴリズムで常に安定的に評価されるのが記事の「文字数」(情報量)

トンケン経営研究所が記事を執筆する際に1500字以上に拘るのは、Googleの検索アルゴリズムが文字数(情報量)をいつも安定的に評価するためです。
検索上位で長期に安定的に表示されたいので、Googleの検索アルゴリズムに安定的に評価される必要があります。

その安定的に評価されるSEO項目(SEO要素)が「文字数」なのです。
ですので、1500字以上の文字数で記事を書けば、Googleの検索アルゴリズムから安定して評価されるのであります。

さて、ここまで書いてだいたい1500字です。
情報量としてはどうでしょうか?

まあまあ内容を詰め込めるくらいの文字数(情報量)ではないでしょうか?
これくらいの文字数で一般サイトは記事を普段は書かないので、これくらいの文字数で記事を書いていれば「文字数」でのSEO競争に競り勝ち、貴方の書いて行く記事群は検索で上位表示され易くなって行きます。

ただ、一般サイトも書くときは1500字くらいの記事は書くので、1500字の記事では検索流入は安泰とはなりません。
可能であれば3000字~5000字くらいで毎回記事を書いて行った方が良いです。

検索流入で安泰となる記事の文字数は3000字~5000字くらい

一般サイトで3000字~5000字も文章を書くことはまずありませんので、「文字数」で確実に大差をつけられます。
その「文字数」(情報量)をGoogleの検索アルゴリズムは高く評価しますので、貴方の書いた長文記事群(3000字~5000字)は検索エンジンから高く評価され、検索上位表示を連発することになります。

そうなれば嫌でも検索流入は増えて行くという流れであります。
ですので、可能であれば、毎回3000字~5000字を意識して長文記事を書いて行くと良いです。

書くことがない時でも1500字は意識して長文記事を書くようにしましょう。
そうすれば、嫌でも検索流入が増えて行くブログやサイトになります。

1500字では他サイト(一般サイト)と差がつかないこともありますが、文字数で負けないので、長文記事を量産していれば他のSEO要素で勝ることができますので、検索流入は増えて行きます。
ただ、競争相手に大差をつけて検索流入を安定させたいならば、3000字~5000字くらいの文字数は必要になります。

まとめ

ブログやサイトで記事を書くとき、いつも意識したいのは記事の文字数(情報量)です。
最低でも1500字以上、可能であれば3000字~5000字の文字数で記事を書くことを心掛けましょう。

そうすれば、他サイトと文字数で差が付きますので、嫌でも検索流入は増えるようになります。
短文記事を量産した場合ですが、文字数で差をつけられてしまいますので(文字数で負けてしまいますので)、検索流入は増えません。

ですので、短文の呟きブログみたいなものや短文の日記ブログみたいなものは、まったくダメです。
検索エンジン集客には短文のつぶやきブログなどは向きません(適しません)。

検索流入を増やしたかったら、長文記事を量産するようにしましょう。
毎回、長文記事を書くのは苦痛かもしれませんが、頑張って長文記事(最低で1500字,理想は3000字~5000字)を書いて行けば、検索流入は確実に増えて行きます。

ちなみにこの記事の文字数は約2800字です。
まあまあの文字数です。

検索エンジン集客に強い文字数とまでは言いませんが、弱くはない文字数です。
あとから検索流入が見込める程度の文字数(情報量)の長文記事ではあります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする