内部SEOスコアの高い記事を書くコツ。安定1位、不動の上位表示の実現で押さえるべきコンテンツSEO対策のポイント

内部SEOスコアの高い記事(コンテンツ)を書くにはいくつかコツがあります。
それらのコツというかポイントを押さえて記事(コンテンツ)を作成すれば、長期の安定1位表示や不動の上位表示も狙えるようになります。

競争相手が少ないキーワードにおいては、下記で列挙するコツを押さえれば、安定1位や不動の上位はとれます。
競争相手が多いキーワードにおいては、内部SEOスコアを上げるだけでは競争相手に大差はつけれませんので、毎回申し上げている通りでプラスで被リンク対策を施して外部SEOスコアを上げて行くことが求められます。

さて、それでは記事作成(コンテンツ作成)で押さえなければいけないポイントを6つ列挙します。
コンテンツSEO対策で押さえるべき6項目だと思ってください。

  1. 「キーワード出現頻度」(キーワード出現数)
  2. 「キーワード出現位置」
  3. 「キーワード近接度」
  4. 「情報充実度」。そのキーワードで検索するユーザー達が欲している情報を記事(コンテンツ)内に沢山盛り込む
  5. 「独自性」(オリジナル性)。独自の研究・独自の分析・独自の報告・独自の視点を記事(コンテンツ)に盛り込む
  6. 「文字数」(文章量・情報量)。文字数を意識(長文が好ましい)

上記6つを押さえれば安定1位・安定上位が狙える記事に仕上がります。
どれが重要ということもなく、全て重要なポイントです。

1.キーワード出現頻度(キーワード出現数)

「1」のキーワード出現頻度(キーワード出現数)は、記事(コンテンツ)内でキーワードが出現する頻度(数)を高める対策です。
そのページのキーワードがそれだと分かるくらいの数は、記事内にキーワードを散りばめた方が良いです。

このキーワード出現頻度(出現数)が低いと、順位は大変上がり辛くなります。

2.キーワード出現位置

「2」のキーワード出現位置は、キーワードを出現させる位置ですが、コンテンツ(記事)内の上段・中段・下段に満遍なくキーワードが出現するようにして頂くと、ターゲットキーワードでの内部SEOスコアが上がります。
コンテンツ(記事)の上段だけだったり下段だけにしかキーワードが出現しない場合は、内部SEOスコアがかなり低下してしまうため、コンテンツのどこを見てもキーワードが出現するようにキーワード出現位置を調節してください。

3.キーワード近接度

「3」のキーワード近接度は、複合キーワードを構成する単語と単語の近接度です。
可能な限り、「単語」と「単語」が近接する状態でキーワードをコンテンツ内で出現させてください。

毎回、「単語」と「単語」が離れて出現するようですと、内部SEOスコアが低下します。

4.情報充実度

「4」の「情報充実度」は、最近および今後重要になってくる内部SEO対策です。
Googleは「検索ユーザーに検索結果を最適化」させております。

検索ユーザーが欲している情報が検索上位に来るようにアルゴリズムで調節しております。
ですので、「ターゲットキーワード」で検索ユーザーが欲している情報を沢山コンテンツ内に盛り込めば、長期の安定1位表示や不動の上位表示が見込めます。

GoogleはAI(人工知能)やビッグデータを用いて、各キーワードで検索ユーザーがどんな情報を欲しているのか把握しつつあります。
その検索ユーザーが欲している情報を記事(コンテンツ)内に多く盛り込めば、当たり前のことですが検索で上位に来やすくなります

「ターゲットキーワード」で検索するユーザーが欲している情報を多く記事内に盛り込んでみてください。
貴方(貴社)が書きたい情報とは異なる場合もありますが、ユーザーが欲している情報を優先的に記事内に書いて行ってください。

そうすれば、Googleで上位を取れます。

5.独自性(オリジナル性)

「5」の独自性は、コンテンツ(記事)のオリジナル性です。
Googleは検索上位にオリジナル性(独自性)の高い記事(コンテンツ)を並べたいと思っております。

どこにでもあるような似たような情報・コピーではなく、オリジナルな情報でコンテンツ(記事)の差別化が図られていることをGoogleはサイトオーナー方に要求しております。
コピーではなく独自性の高い記事だと上位に来やすくなります。

6.文字数(情報量,文章量)

「6」の文字数は、Googleが文字数(文章量・情報量)を重視するため挙げております。
文字数が多いほど内部SEOスコアが上がり上位に来やすくなります。

以上が内部SEOスコアの高い記事(コンテンツ)を作成する「コツ」でございます。
コツ(ポイント)を押さえて書いて頂ければ、長期の安定1位表示や不動の上位表示を可能とする内部SEO対策に強い記事(コンテンツ)が出来上がります。

競争のある検索キーワードで上位や1位を狙う場合は、プラスで被リンク対策を施すことも忘れないようにしてください。
競争のある検索キーワードでは内部SEOスコアだけでは競争相手に勝てませんので、被リンク対策を施し外部SEOスコアで差をつけて行ってください。

これが王道かつ正攻法のSEO対策です。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする