Googleでは内部リンクが外部リンク(被リンク)のように機能する。内部リンク量産でも検索順位は上がって行く

Google検索エンジンで順位を上げるには、「コンテンツ」と「被リンク」が必要になります。
まずはコンテンツ対策を行ってページ内部を安定させて内部SEOスコアを引き上げられるだけ引き上げます。

またコンテンツ対策をしっかり行って供給して行く被リンク群がよく効くように、コンテンツを仕上げて行く必要があります。
コンテンツのSEOがしっかり出来ていないと、供給して行く被リンクが効かなくなりますので、コンテンツのSEO(コンテンツ対策)はメチャクチャ重要になります。

そのうえで被リンク対策(被リンク獲得)を行って、目標順位に到達するまで外部SEOスコアを引き上げて行く形をとって、狙ったキーワードで1位表示や上位表示を達成することになります。

これがSEO対策の大枠です。
上述した大枠に沿った対策を施して行くと本当に1位表示されたり上位表示されるようになります。

最後に上位表示や1位表示まで持って行くのに必要なのは「被リンク」なのですが、一般的に被リンクというのは外部リンクのことを指します。
外部のサイト群から獲得したリンクを「被リンク」と呼ぶのですが、サイト内部から獲得した内部リンクも広義には被リンクと呼べます。

外部リンクだけでなく、内部リンクも、被リンクの仲間です。
被リンクの仲間ですので、当然ながら内部リンクを獲得すれば、被リンク効果が出てSEOスコアが上昇し検索順位は上がります。

内部リンクの扱いは各検索エンジンによって違いがありますが、Google検索エンジンにおいては内部リンクは外部リンクのように機能します。
内部リンクを獲得すれば獲得しただけSEOスコアが上がって行き、検索順位も上がって行きます。

昔と今現在ではGoogleでの「内部リンク」の扱いが違う

ちなみに、昔のGoogle検索エンジンにおいては、内部リンクが外部リンクのように機能することはありませんでした。
昔のGoogleにおいては、内部リンクは外部リンクと同じようには機能せず、ある程度の量の内部リンクを獲得すると被リンク効果は頭打ちになるような感じがありました。

内部リンクを積み上げても、徐々に1個あたりの被リンク効果が薄れて行き、大量に獲得しても、それほどSEOスコアが上がらないというのがありました。
ですので、一定量までは内部リンクを増やして行き、頭打ちになったらあとは外部リンクを増やすことで、被リンク効果を引き上げて行く(SEOスコアを上げて行く)というのが昔のGoogle SEOのやり方でした。

しかし、現在は違います。
現在のGoogle検索エンジンにおいては、内部リンクが外部リンクのように機能しますので、内部リンクを積み上げて行っても(量産して行っても)、SEOスコアは上がって行きます(検索順位は上がって行きます)。

このあたりが、昔のGoogleと現在のGoogleの大きな違いとなっております。
昔のGoogleでは内部リンクはあくまで内部リンクでしたが、現在のGoogleにおいては内部リンクは外部リンクと同様の被リンクであると申し上げられます。

ですので、検索順位を上げる際には、内部リンクも外部リンクと同様に使えます。
外部リンク(自演リンク)を一切獲得せずに、ホワイトハットSEOに拘っていながら、それなりの難易度のキーワードで、1位表示や上位表示を達成しているサイトをチラホラ見かけますが、そういったサイト群では内部リンクを上手く使っております。

サイト内の関連するページから順位を上げたいページ向けて内部リンクを張ることで検索順位を上げております(SEOスコアを引き上げております)。
その内部リンクを量産して、1位表示や上位表示を達成しております。

現在、「被リンク対策」という場合、内部リンクと外部リンクの両方を頭の中で思い描いて頂くと良いです。
昔であれば、「被リンク対策」といえば、イコール、外部リンクの獲得を指しましたが、現在は内部リンク獲得と外部リンク獲得の両方を指します。

狙ったキーワードで検索順位を上げて上位や1位で安定させたい場合は、外部リンクだけでなく内部リンクも増やして頂くと効果的です。

まとめ

Googleで検索順位を上げるには「コンテンツ」と「被リンク」の2つが必要になります。
このうちの被リンクに関しては「内部リンク」も被リンクの範疇に入りますので、そこは注意してください。

「被リンク=外部リンク」ではなく、「被リンク=外部リンク+内部リンク」という風に、Google検索エンジンにおいては被リンクの定義が変わって来ておりますので、被リンク対策という場合には内部リンク対策もその中に入ることを頭に入れておいてください。
外部リンクを量産して検索順位を上げて行くのが従来のGoogle SEOのやり方です。

現在においては、外部リンクの量産に加えて内部リンクの量産で検索順位を上げて行くのがGoogle SEOのやり方となっておりますので、順位を上げたいページへの内部リンクを増やして行くことも意識して頂けたらと思います。
これまで外部リンク量産だけで順位を上げていたサイト(ページ)が、内部リンク量産も始めるともっと順位が上がりますので、試してみてください。

内部リンクに関しては、サイト内部の関連するページ数に限りがあるので、内部リンクを量産するといっても限りはありますが、限りのある範囲内で内部リンクを量産すると良いです。
あとは、外部リンクを量産して順位を上げて行けば良いのです。

外部リンクの量産に関しては、外部サイト群は数限りなく作れますので、外部リンク獲得には限りはありません。
しいてあげれば、毎月のSEO予算が外部リンク獲得の限りになるだけであります。

やはり被リンク対策においては「外部リンクの獲得」が、獲得できる被リンクの数に限りがない点で被リンク対策の中心的なものになると思いますが、内部リンクにも外部リンク同様の被リンク効果が現在はありますので、軽んじないようにして頂けたらと思います。
順位を上げたいページに向けて、内部リンクを張れるページ群がサイト内部に存在するようであれば、積極的に内部リンクを張って行くことをおすすめいたします。

内部リンク量産も被リンク対策になります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする