設置してから日の浅いニュー被リンクばかりだと検索順位の乱高下が起こる。時間が十分経過したオールド被リンクが増えて来ると順位が安定する

被リンク対策(被リンク獲得)を行えば、検索順位が上がったり、順位が安定して行くと考えがちですが、短期的に見ると、そうはならないことが多いです。
被リンクを獲得することで逆に、検索順位が下がったり、検索順位が不安定になったりします。

ただ、中長期的に観ると、獲得して行った被リンク群の影響で、検索順位は上がって行き、順位に安定感も出て来ます。
短期的に見ると検索順位が落ちたり、順位が不安定になることは多いので、そこは被リンク対策の「常識」として知っておく必要があります。

もちろん、被リンク対策を施しても短期的にも検索順位を落とすことなく、安定的に順位を上げて行くURL(ページ)もあります。
そういうURL(ページ)もあるのですが、順調にかつ安定的に順位を上げて行くURL(ページ)は、そう多くはありません。

多くのURL(ページ)は、順調に検索順位を上げて行っても、どこかで検索順位を落としたり、順位が不安定になったりします。
最初から最後まで、順調に検索順位を上げて行き、そのまま上位や1位で安定してしまうURL(ページ)は少ないです。

被リンク対策の過程のどこかで、検索順位を下げたり、順位が変動して不安定になるのが普通です。
順位降下や乱高下を経験しながら、徐々に順位が上位や1位で安定するURL(ページ)に巣立っていくのが通常であります。

被リンク対策で検索順位が下がったり、乱高下し不安定になる理由

被リンク対策(被リンク獲得)の過程で、なぜ検索順位が落ちたり、不安定になるかというと、ニュー被リンク(新しい被リンク)が関係しております。
被リンク対策で獲得した被リンク群が、設置してから日の浅いニュー被リンク(新しい被リンク)ばかりですと、検索順位が落ちたり、検索順位で乱高下を起こすことが多くなります。

獲得済み被リンクに占めるニュー被リンク(新しい被リンク)の割合が小さい場合は、検索順位が落ちたり、順位が乱高下して不安定になることは少ないです。
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンク(新しい被リンク)の割合が高まると、検索順位が下がったり、順位で乱高下が発生して不安定になります。

ただ、原因はニュー被リンク(新しい被リンク)ですので、設置してから時間が経過してオールド被リンク(古い被リンク)に成れば、被リンク対策過程で発生する順位降下や乱高下して順位が不安定になる問題は解決します。

被リンク対策開始から長い時間が経過してオールド被リンク(古い被リンク)の割合が高まって来れば、検索順位が下がったり、順位が乱高下して不安定になる事象も減って来ます。
被リンク対策で発生する順位降下や乱高下による検索順位の不安定化は、ニュー被リンク(新しい被リンク)が関わっているので、被リンクがオールド化するのを待つより他ありません。

オールド被リンク(古い被リンク)の割合が増えてこないと、通常は検索順位の乱高下・不安定化や検索順位が落ちる事象は治まらないので、自分が被リンク対策しているURLで、そういった負の事象が発生してしまった場合は、時間が経過して設置済み被リンク群がオールド化するのを待つしかありません。

オールド被リンク(古い被リンク)化の時間的目安

どんなニュー被リンク(新しい被リンク)でも設置してから時間が経てばオールド被リンク(古い被リンク)になります。
十分な時間経過でオールド化すれば、順位安定化や検索順位を上げる原因となるオールド被リンク(古い被リンク)に成ります。

では、どれくらいの時間が経過すれば、オールド被リンク(古い被リンク)と呼べる状態になるでしょうか?

おおよその時間的な目安としては、1年半から2年です。
ニュー被リンク(新しい被リンク)を設置してから1年半から2年くらい経つとオールド化します。

1年半から2年くらい経つと、その被リンクが原因での順位変動(順位降下や順位不安定化)は、通常は無くなります。
設置してから1年半から2年くらいは、その被リンクを原因とした順位変動(順位下落や順位不安定)が発生します。

というのが、昔からのGoogle検索エンジンでの「被リンクの傾向」であります。
このあたりに関しては、最近も特に変化はないです。

まとめ

検索順位を上位や1位で安定させたいのであれば、十分な量(数)の被リンクを獲得する必要があります。
ただ、被リンクを獲得すれば良いのではなく、設置してから時間が十分に経ったオールド被リンク(古い被リンク)を獲得して行く必要があります。

被リンクの量(数)が十分であっても、獲得した被リンク群が設置から日の浅いニュー被リンク(新しい被リンク)ばかりであれば、検索順位が落ちたり、検索順位が乱高下して不安定になる事象が増えるので安心はできません。
安心できるようになるのは、十分な量(数)のオールド被リンクを獲得したあとです。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする