MFI(モバイルファーストインデックス)が被リンク対策に与える影響は大きい?無料ブログに設置するROS被リンクは影響を受ける場合がある

Google検索エンジンで、MFI(モバイルファーストインデックス)の導入が着々と進んでおります。
このMFI(モバイルファーストインデックス)ですが、被リンク対策(被リンク獲得)に影響は与えるでしょうか?

結論を先に書きますと、被リンク対策に影響を与えます。

MFI(モバイルファーストインデックス)とは?

MFI(モバイルファーストインデックス)というのは、これまでWeb上のPC向けページ(URL)を基準に、検索アルゴリズムで評価して来たのを、今後はWeb上のモバイルページ(URL)を基準に、検索アルゴリズムで評価付けして行こうというものです。

たとえば無料ブログ等で記事を書いた場合、1つの記事に対してモバイルページとPCページが出来上がったりします。
今までであれば、そのうちのPCページをGoogleがインデックス登録して、PCページの情報をベースに検索アルゴリズムで評価して、検索順位付けを行っておりました。

これが、MFI(モバイルファーストインデックス)が導入されると、PCページではなくてモバイルページがGoogleにインデックス登録されるようになり、モバイルページの情報をベースに検索アルゴリズムで評価して、検索順位付けを行うようになります。
今まではPCページ群を基準にして検索アルゴリズムで評価付けしていたものが、モバイルページ群を基準にして検索アルゴリズムで評価付けして行くという風に、評価対象ページ群が180度変わってしまうのがMFI(モバイルファーストインデックス)です。

無料ブログであれば、今までは無料ブログで記事を書けばPCページがインデックス登録されていたわけですが、MFI(モバイルファーストインデックス)導入後は、モバイルページがインデックス登録されていくというように、評価対象となるページが変わります。
無料ブログというのは、PCページとモバイルページでかなり構成・レイアウトが変わります。

PCページの方は情報がfullで載っておりますが、モバイルページの方は色々と情報を削って表示されるのが普通です。
その削られた情報分だけ、MFI(モバイルファーストインデックス)導入後に影響が出ます。

GoogleはMFI(モバイルファーストインデックス)導入で順位に影響が出ないようにすると言っているが・・・

Googleは、MFI(モバイルファーストインデックス)導入は慎重に進めて、インデックス登録をPCページからモバイルページに切り替えても、検索順位(SEOスコア)に影響が出ないように進めて行くと言っておりますが、影響は出ます。
PCページから情報が削られたモバイルページにインデックス登録が移行すれば、削れらた情報分だけ検索アルゴリズムで評価されなくなるのですから、どうあってもSEOスコア(検索順位)に影響を与えます。

では、そのMFI(モバイルファーストインデックス)導入でモバイルページに移行して削れる情報にはどんなものがあるでしょうか?
大きく観ると、文字情報とリンク情報です。

無料ブログのPCページのサイドバーなどに表示されている文字情報(テキスト情報)やリンク集などが、モバイルページへのインデックス登録移行により、削られてしまいます。
サイドバーなどの文字情報(テキスト情報)が削られることで発生する順位変動(SEOスコア変動)は微々たるものですが、サイドバーなどのリンク集(リンク情報)が削られることで発生する順位変動(SEOスコア変動)は「かなり」のものになります。

今、「かなり」という控えめな表現を使いましたが^^;、本当は「超影響」が出ます。
Googleはブログやサイトのサイドバーなどに表示されるリンク(全ページに共通して表示されるリンク)を検索アルゴリズムで今現在もかなり評価しております。

無料ブログのサイドバーなどに設置された被リンクは、ROS被リンクと呼びますが、Googleがサイドバーに設置されたリンク集(ROS被リンク)を無視していれば、MFI(モバイルファーストインデックス)移行後も順位(SEOスコア)への影響は皆無となりますが、サイドバーに設置したROS被リンクも実際にはかなり評価に組み込んでいるため、インデックス登録されるページがPCページからモバイルページに移行すればかなりの影響が出ます。
本当のところをいうと、かなりなんてものじゃないほど大きな影響が出ます。

それがMFI(モバイルファーストインデックス)です。

MFI(モバイルファーストインデックス)導入でコンテンツ被リンクは影響皆無だが、ROS被リンクは影響を受ける場合がある

被リンクには2種類あり、記事(コンテンツ)部分に設置していくコンテンツ被リンクと、ブログやサイトのサイドバーやフッターなどの共通部分に設置して行くROS被リンクがあります。

MFI(モバイルファーストインデックス)では、このうちのROS被リンクに多大な影響を与えます。
MFI(モバイルファーストインデックス)の導入でPCページには表示されていたROS被リンクがモバイルページで表示されなくなってしまう(削られてしまう)ので、その影響が検索順位(SEOスコア)にあらわれます。

MFI(モバイルファーストインデックス)が導入されても、記事部分(コンテンツ部分)に関してはモバイルページ移行後も、PCページの時と同様にインデックス登録されるため、コンテンツ被リンクに関しては影響はゼロです。
ただ、PCページの共通部分(サイドバー)などに表示されるROS被リンクに関しては、無料ブログのモバイルページでは削られてしまうことがあるため、その影響が検索順位(SEOスコア)にモロに出ます。

マイルドに影響が出るのではなく、モロに影響がでます。
それがMFI(モバイルファーストインデックス)を導入するということであります。

Googleがどんなに頑張っても、モバイルページ移行で削られたリンク情報(ROS被リンク)の評価分は補えませんので、どうあっても検索順位(SEOスコア)に影響が出ます。

MFI(モバイルファーストインデックス)が被リンク対策(ROS被リンク)に与える影響を最小に抑えるには

ちなみにトンケン経営研究所(弊所)の被リンク対策(被リンク獲得代行)では無料ブログも使いますし、ROS被リンクも使います。

ということは影響がモロに出るのではないかということになりますが、影響はマイルドに出る程度となります。
なぜかと言いますと、トンケン経営研究所(弊所)がサテライトサイトに使う無料ブログはPCページとモバイルページで表示される情報が同じものを優先的に使っているからです。

無料ブログには2種類あり、PCページとモバイルページで表示内容・レイアウトが異なるものと、PCページとモバイルページで表示内容・レイアウトが同じものがあります。
そのうちの、後者をトンケン経営研究所(弊所)はサテライトサイトとして優先的に使っているためMFI(モバイルファーストインデックス)の影響は受けづらくなっております。

後者の無料ブログでサテライトサイトを構築した場合は、MFI(モバイルファーストインデックス)に移行しても設置したROS被リンク群はインデックス登録されますので、「影響は出ない」ということになります。
ただ、前者の無料ブログも劣後的にサテライトサイト構築で使いますので、前者の無料ブログを使った際には、MFI(モバイルファーストインデックス)導入でリンク情報(ROS被リンク)が削られてしまいますので、ROS被リンクが削られた分だけ影響は出ます。

しかしながら、申し上げた通りでして、PCページとモバイルページで表示が同じタイプの無料ブログを優先的に使っているので、すべてのサテライトサイトのMFI(モバイルファーストインデックス)移行が完了しても順位(SEOスコア)に与える影響はマイルドなものとなります。

もちろん、トンケン経営研究所(弊所)が被リンク対策(被リンク獲得代行)で今後、方針転換して、PCページとモバイルページで表示内容が違うタイプの無料ブログを優先的に使うようになれば、MFI(モバイルファーストインデックス)導入の影響はマイルドでは済まなくなります。
が、方針転換するメリットも予定もないので、全サテライトサイトへのMFI(モバイルファーストインデックス)導入が完了しても、その影響はマイルドなものとなると予想しております。

被リンク対策で無料ブログやROS被リンクを使っていく場合は、トンケン経営研究所(弊所)のように、MFI(モバイルファーストインデックス)の影響を受けないタイプの無料ブログを使って行くことをおすすめします。
そうすれば、検索順位(SEOスコア)に与える影響はマイルドに抑えることができます。

被リンク対策を行う側からすれば、MFI(モバイルファーストインデックス)は全く歓迎できませんが、歓迎しようとしまいと変化はやって来るので、上手く対応したいものです。
MFI(モバイルファーストインデックス)導入で検索順位への影響は確実に出ますので、その対策はしっかり練っておきましょう。

まとめ

モバイルファーストインデックス(MFI)導入でPCページからモバイルページにインデックス登録されるページが切り替わると、そこで影響が出る場合があります。
PCページのサイドバーなどの共通部分のテキスト情報(文字情報)やリンク集情報(ROS被リンク)が、モバイルページで削られている場合には、削られた分だけ検索順位(SEOスコア)に影響を与えます。

モバイルページにインデックス登録が切り替わっても、削られた情報が無ければ影響は何も出ません。
削られた情報があれば、影響は受けます。

その削られた情報がリンク情報(ROS被リンク)だった場合は、多大な影響を受けます。
現在もGoogle検索エンジンにおいてROS被リンクは多大な影響を順位(SEOスコア)に与えておりますので、そのROS被リンクがMFI(モバイルファーストインデックス)導入で削られてしまえば、影響が出ないわけはありません。

その対策としては、モバイルページとPCページで表示内容が同じタイプの無料ブログやサイトにROS被リンクを優先的に設置して行くことです。
そうすることでMFI(モバイルファーストインデックス)の影響を受けづらくすることが出来ます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする