検索エンジン集客を増やすコツ。とにかく記事を書くコンテンツ量産、とにかく被リンクを張る被リンク量産のいずれか必要

検索エンジン集客を増やすコツはシンプルです。
とにかく、ひたすら記事を書くか(コンテンツを量産するか)、特定のページ(URL)に向けてとにかく被リンクを張るか(被リンクを量産するか)のいずれかです。

検索エンジン経由の集客数を増やしたければ、このどちらかをやらねばなりません。
このどちらも拒否するのであれば、検索エンジン経由の集客数は増やせません。

ずっと、アクセス数はゼロのままです^^;。
それがSEO対策の世界です。

検索エンジン経由の集客数を増やしたいなら、今現在もコンテンツ量産や被リンク量産は避けて通れません。
ちなみに被リンクの量産に関してですが、その被リンク群を受けるページ(URL)のコンテンツ(記事)が内部SEO視点で合格ラインに達していることが前提条件となります。

この前提条件が崩れる場合は、特定のページ(URL)に幾ら被リンクを供給してもSEOスコアはあまり上がりません。
SEOスコアがあまり上がりませんので、当然ながら順位もあまり上がりませんし、集客できるようにもなりません。

一応申し上げておきますが、コンテンツ(記事)が内部SEOの合格ラインに達してなくても被リンクは効きます。
但し、被リンクの効きは非常に悪いものになります

被リンクの効きが非常に悪いのですから、被リンク量産によるコストパフォーマンスは大きく低下し、採算が取れなくなったりします。
被リンク量産(とくかく被リンクを張る場合)に関しては、コンテンツSEO対策が出来ていることが大前提になりますので、少しハードルが高いと思ってください。

被リンク無しのコンテンツ量産(とにかくひたすら記事を書きまくる事)よりも、被リンク量産は難易度が高いので注意してください。
毎月どんどん被リンクを張って行く被リンク量産では「コンテンツSEO」と「被リンクSEO」の両方が要求されます。

一方、記事(コンテンツ)を書きまくるコンテンツ量産では「被リンクSEO」は要求されません。
コンテンツSEOだけでOKです。

ですので、当然ハードルは低いです。
ハードルは低いので、当然ながら参入してくる競争相手は沢山いますし、今後さらに増えて行くでしょう^^;。

とにかく記事を書く(コンテンツ量産)

記事(コンテンツ)を書きまくりますので、当たり前ですが、記事(コンテンツ)の増加につれてロングテールキーワードでの検索からのアクセスが増えて行きます。
この場合、サイトに集まる検索エンジン経由の集客数は記事数(コンテンツ数)で決まります。

ですので、検索エンジン経由の集客数を増やすには、どんどん新しい記事(コンテンツ)を追加せねばなりません。
それが実際に実行できれば、検索からのアクセスはどんどん増えて行きます。

記事を書く(コンテンツを量産する)ことが出来なければ、アクセスは変わらずないままとなります。
このコンテンツ量産は、「言うは易く行うは難し」かもしれません。

とにかくPC画面の前で手を動かさなければならないのですが、肝心の手が動かない。
心が「記事を書きたくない」と言っており、ぜんぜん記事作成(コンテンツ量産)が進まないということもあります。

この手を動かすというハードルを越えることができれば、けっこう検索エンジン経由で集客数は集められます。
ロングテールキーワードというのは、全検索クエリの1/3を占めると言われております。

ですので、記事を書く事さえできれば、莫大な検索エンジンからのアクセスを集めることはできます。
あくまで記事が書ければ(コンテンツが量産できれば)の話にはなりますが^^;。

それが多くの人の場合は、自分の心(精神)が邪魔をして実行が難しいのであります。
記事を書くのを嫌がる心を抑え込むという問題を解決できれば、コンテンツ量産が進みますので、検索エンジン経由の集客数は増やせます。

解決法としては、最初は心が嫌がっていても無理やり記事を書くことです。
それを繰り返して心のベクトルを記事を書く方向へと変えて行くことです。

最初は記事を書くのが苦しいでしょうが(記事を書こうと思うだけで苦しくなるでしょうが)、そこは乗り越えて記事を書き続けるしかありません^^;。
記事を書く事が好きでたまらない一部の人を除けば、記事(コンテンツ)を作成する作業は最初は苦痛が伴うでしょうが、記事を書くのも「仕事」ですのでやるしかありません。

「仕事」は通常は楽ではありませんので、「仕事だから楽じゃない」と割り切って、手を動かすしかありません。
記事作成を外注しても問題ないタイプのサイトであれば、外注も一つの手でしょう。

とにかく被リンクを張る(被リンク量産)

記事を書くのが嫌いな人にとっては、たぶんこちらの被リンク量産の方が楽かもしれません。
それでも被リンクを張る対象となるページ(URL)のコンテンツを1個なり数個なり十数個ほど作らねばなりませんが、コンテンツ量産のように百数十個なり数百個なり数千個の記事を書くよりはマシです。

被リンク量産の場合は、まず内部SEOで合格ラインに達するコンテンツ(記事)を用意する必要があります。
あとは毎月、ひたすら被リンクを張って行くのみです。

一般的なビジネスサイトの場合は、たぶんこの被リンク量産が向くのではないかと思います。
アフィリエイターであれば、自分に適した手法を採用する関係でコンテンツ量産型や被リンク量産型に分かれますが、ビジネスサイトの場合は特定のキーワードでピンポイントで上位表示や1位表示を狙って行くのが普通ですので、自ずと被リンク量産型を選択することになるのではないかと思います。

コンテンツを量産してロングテールキーワードでアクセスを集めても売上に繋がり辛いビジネスが多いので、検索エンジンからの集客数を増やそうと思うなら、自ずと被リンク対策に重点をおくようになると思います。
この被リンク量産の場合も、コンテンツ量産と同じで被リンクを張るのが嫌いな人(面倒くさいと思う人)は多いと思います。

そもそも被リンクの有効な張り方が分からない方も多いと思います。
我流で被リンクを張って行くとペナルティを食らったり(手動の対策を食らったり)、マイナス評価を食らったり(アルゴリズムによる評価下げを食らったり)することが多くなりますので、やはり先ほど申し上げた通りで被リンク量産はコンテンツ量産よりもハードルが高いです。

技術的に難しいということです。
被リンクSEOに関しては技術を要するので、何も知らない人が毎月被リンクを張りまくって行くと通常はペナルティやマイナス評価を受けます。

そこで、どう対処するのが合理的かというと被リンクSEO技術が高い専門のSEO業者や被リンク業者に被リンク量産の仕事は任せることです。
たぶん、それが一般の企業においては一番確実な方法になるのではないかと思います。

被リンク周りの手動の対策(ペナルティ)やマイナス評価(アルゴリズム)が導入されたばかりの頃は、SEO業者も被リンク業者もそれらを織り込んでなかったので、SEOサービスや被リンクサービスでペナルティやマイナス評価を食らったわけですが、最近は違います。
現在のSEO業者や被リンク業者の大半はペナルティやマイナス評価を織り込んで被リンク対策を提供しておりますので、被リンク量産に関してはいえば被リンクSEOのプロの業者を使うのが一番安全になるのではないかと思います。

コンテンツSEOとは違い、被リンクSEOにはペナルティやマイナス評価の網がアルゴリズムや検索スタッフを通じて張り巡らされております。
目には見えないと思いますが、実際にそういった包囲網が存在します。

その網に引っ掛からないように被リンク対策を行う必要があるので、被リンクSEOの素人の方々には被リンク量産は難しいものがあります。
冒頭で被リンク量産はハードルが高い、難易度が高いと書いた理由がこれです。

被リンクSEOの技術を確立するには年単位の被リンク対策の実践が必要になるので、たぶん一般のサイト管理者が行うには難しいものがあります。
実行すること自体は容易ですが、たぶんペナルティやマイナス評価を受けます。

被リンクを張るのが嫌い人が、毎月被リンクを張る作業を実行できたとしても、ペナルティやマイナス評価が待っております。
ですので、頑張って被リンク張りを行っても成果に繋がらない場合が多くなります。

コンテンツ量産の場合は、記事を書くのが嫌いな人も頑張って記事をかけば、大なり小なり検索エンジン経由の集客数は増やせます。
では、コンテンツ量産で行けば良いのかといえば、そうではありません。

多くのビジネスでは、集客したいターゲットキーワードは決まっております。
それらのキーワードで上位や1位が取れれば検索エンジン集客は完了なので、コンテンツを量産しても意味はありません。

そういったビジネスサイトにおいては、被リンク量産(外部SEOスコアを上げること)が必要なのです。
被リンク量産が避けて通れない道なのです。

避けて通れないのだけど、被リンク量産の道を通ろうとすると被リンクSEOの素人の方の場合は、ペナルティやマイナス評価を食らってしまう^^;。
そこで被リンクSEOの玄人(プロ)に被リンク量産は任せる方向に進む次第です。

検索クエリの2/3のヘッドキーワード群は被リンク量産によってリーチが可能で、検索クエリの1/3のロングテールキーワードはコンテンツ量産によってリーチが可能です。
もちろん魅力的なのは2/3のヘッドキーワード群(商用キーワード群)の方ですが、そこには技術的に高難易度の「被リンク量産」の壁が立ちはだかります。

その壁を超えられれば、2/3の商用キーワード群からのアクセスが期待できるようになり、検索エンジン経由の集客数も増えて行きます。
競争相手の数に関しては、被リンク量産の壁がありますので、ある意味2/3のヘッドキーワードの方が最近は少ないかもしれません。

被リンク量産の壁があるため、誰でも参入できるようで実際はできません。
被リンクSEO技術がある者のみが、被リンク量産の壁を越えて、2/3の商用キーワード群への参入が可能となります。

ですので被リンク量産の場合、実際の競争相手はけっこう少なくなります。
あと、ナチュラルリンクを集める技術を有している企業・個人も2/3の領域に参入可能です。

コンテンツ量産の方は、素人でも参入が容易なのでその分だけ競争相手の数も増えており今後違う意味で難易度が上がって来ると思います。
被リンク量産に関しては被リンクSEO技術の壁を超えられれば、けっこう競争相手は少ないので2/3の一番濃いおいしいアクセスにありつけるというのが現実であります。

いずれにせよ、検索エンジン経由で集客数を増やしたい場合は、とにかく記事を書くか(コンテンツを量産するか)、とにかく被リンクを張るか(被リンクを量産するか)のどちらかが必要になります。
どちらもやらない場合は検索エンジン経由の集客はあきらめてください。

検索エンジン経由でのアクセスアップを望むならどちらかは必要です。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする