最近のGoogle SEO対策で重要な衛星サイトの質。「質=サテライトサイトの各記事の文字数(情報量)」

最近のGoogle SEO対策で重要度が上がって来ているのは、「サテライトサイト(衛星サイト)の質」です。
被リンクの質ではなく、サテライトサイト(衛星サイト)の質です。

被リンクの質に関しては、ここ数年ほど、あまり変化がなくこれまでと同じクオリティ(品質)の被リンクを供給していけば、Google(Yahoo)に通用し検索順位は上がって来ます。
被リンクの質に関しては今までと同様で良いのですが、サテライトサイト(衛星サイト)の質に関しては、今までと同様ではダメです。

サテライトサイト(衛星サイト)の質が低いと、被リンクを幾ら供給してもGoogle(Yahoo)検索エンジンで順位が上がって来ません。
では、そのサテライトサイト(衛星サイト)の「質」についてですが、何がその「質」に該当するのでしょうか?

具体的に言いますと、サテライトサイト(衛星サイト)に投稿して行く「各記事の文字数(情報量)」です。
「質=各記事の文字数(情報量)」です。

このサテライトサイト(衛星サイト)の各記事の文字数(情報量)が少ないと、最近はGoogleに殆どインデックス登録されなくなっております。
設置した被リンク群の質が高くとも、それらの被リンク設置ページ群がGoogleにインデックス登録されなければ、被リンクが効きませんので検索順位も上がって来ません。

Googleのインデックス登録基準が大変厳しくなって1年以上経つ

去年だったか一昨年だったか忘れましたが、Googleのインデックス登録基準が大変厳しくなってきているという内容の記事を当SEOブログで書かせて頂きました。
その後も、Googleのインデックス登録基準が緩むことはなく、大変厳しいままの状態が続いております。

それによって検索エンジン世界で現在起こっている変化が、「サテライトサイト(衛星サイト)の記事群がインデックス登録されない」という問題です。
サテライトサイト(衛星サイト)に投稿した記事群(ページ群)がインデックス登録されて初めてそれらの記事群に設置した被リンクが、「被リンク」として認識されます。

サテライトサイト(衛星サイト)の記事群がインデックス登録されなければ、設置した被リンク群が評価対象(プラス評価・ゼロ評価・マイナス評価)として認識されることもありません。
そうなると、どれだけ大量に被リンクを供給しても、被リンクは効かず検索順位も上がりません。

ですので、最近のGoogle SEO対策では、サテライトサイト(衛星サイト)の質が順位を上げるうえで、極めて重要になって来ているのです。

衛星サイトの記事の文字数(情報量)を増やすとインデックス化が進む。インデックス対策のやり方が大きく変化

サテライトサイト(衛星サイト)に投稿して行く各記事の文字数(情報量)が少なければ、Googleでインデックス登録は全く進みません。

インデックス化が進まない問題を回避するには、従来であればサテライトサイト(衛星サイト)に被リンクを大量に集中させて、リンクジュースやリンクポピュラリティやGoogleページランクを流し込み、被リンクの力で「力尽く」でサテライトサイト(衛星サイト)の記事群をインデックス登録させたものですが、そういった手法が現在はGoogleに通用しません。
被リンクを集中させて、リンクジュースやGoogleページランクを大量に流し込んでも、サテライトサイト(衛星サイト)のインデックス化が全く進まない事象が増えております。

今現在ですと、サテライトサイト(衛星サイト)の記事群のインデックス登録を促進するには、記事の文字数(情報量)を増やすやり方が有効です。
つまりサテライトサイト(衛星サイト)のインデックス対策のやり方が変わったということです。

今まではサテライトサイト(衛星サイト)のインデックス対策といえば、とにかくサテライトサイト(衛星サイト)に大量の被リンクを集中させることでした。
このやり方が今までは一番効率が良かったわけですが、最近は全く通用しなくなっております。

で、今現在、最も効率の良いインデックス対策のやり方が、サテライトサイト(衛星サイト)の記事の文字数(情報量)を増やすことであります。
換言すれば「サテライトサイト(衛星サイト)の質を上げる」というやり方です。

先ほど申し上げた通りで、「質=各記事の文字数(情報量)」です。
サテライトサイト(衛星サイト)の文字数を増やして行くと、従来のようにインデックス登録が進むようになります。

まとめ

サテライトサイト(衛星サイト)の被リンク(外部リンク)を強化するのではなく、サテライトサイト(衛星サイト)の「コンテンツ」(各記事の情報量)を強化すると、インデックス化が進む時代に突入しております。
メインサイトではコンテンツ(コンテンツSEO)が最重要ですが、サテライトサイト(衛星サイト)でも被リンク強化よりもコンテンツ強化が重要になって来ております。

今後のサテライトサイト(衛星サイト)の運営では、各記事の文字数(情報量)を強く意識して行く必要があります。
サテライトサイト(衛星サイト)の「質」がGoogle SEO成功で大変重要になります。

今後のGoogle SEO対策においては、サテライトサイト(衛星サイト)の各記事の文字数(情報量)を増やして行く方針をとれば、長くサテライトサイト(衛星サイト)がインデックス登録された状態が続くと申し上げられます。
サテライトサイト(衛星サイト)では、各記事の文字数を増やして行くことがGoogle SEO対策として正しい方向性ということになります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする