サブページ群にキーワード入り被リンクを集中させページオーソリティを高めると、トップページのキーワード順位が上がる

Webサイトのトップページを特定のキーワードで上位表示や1位表示させる場合、通常はトップページの内部SEO対策を確り行い、そのうえでトップページに被リンクを集中させます。
そうすることで、1位表示や上位表示(10位以内表示)を達成するわけですが、トップページに被リンクを集中させなくともトップページを上位表示させたり1位表示させる方法はあります。

被リンク対策を長年やっている方々は気づいていると思いますが、GoogleアルゴリズムではWebサイトのサブページ群にキーワード入り被リンクを集中させれば、トップページの検索順位を上げることが出来ます。
トップページに被リンクを集中させるのではなく、サブページ群に被リンクを集中させる方法です。

このやり方でポイントとなるのは、サブページ群に集中させる被リンクのアンカーテキストに「トップページで上位表示させたいキーワードを含める」ことです。
複合キーワードABでトップページの検索順位を上げたければ、サブページ群にキーワードAB入りの被リンクを集中させると、トップページをキーワードABで順位を上げることができます。

この方法を繰り返すと最終的にはトップページがキーワードABで上位表示や1位表示されるようになります。
この方法で1位表示させた場合、通常は検索順位は落ちません。

いわゆる不動の1位表示を達成できます。
この方法はここ数年通用している方法です。

現在、GoogleやYahooで不動の1位表示を達成しているURLには、この方法を使って1位表示しているURLが多く含まれます。
この方法ですと、トップページについている被リンクだけを分析しても外部SEOスコアの高さは分かりません。

トップページの被リンクだけを分析していると、「被リンクがあまりついてないのに不動の1位表示を達成できる時代に入った」と、勘違いしてしまう人も出て来ると思います。
しかし、実際は被リンクは大量についております。

どこについているかというとサブページ群です。
この方法で不動の1位表示を達成しているURL群は、サブページ群にキーワード入りの被リンクが大量についているのが普通です。

当たり前のことですが、「被リンクの量」というのは現在も、ちゃんと評価されているのです。
被リンクの量が十分になければ外部SEOスコアは上がり切りませんので、この方法で不動の1位表示を取ることはできません。

サブページのページオーソリティ(権威性)を高める

ところで、サブページ群にキーワード入り被リンクを集中させると、なぜトップページの順位が上がるのでしょうか?
サブページにキーワード入り被リンクを集中させた場合、そのキーワードでのサブページのページオーソリティが高まります。

キーワード入り被リンクを集中させればさせるほど、そのサブページのページオーソリティは高まります。
このオーソリティ(権威性)の高いサブページから内部リンクという形でトップページは被リンクを受けます。

権威性の高いサブページからキーワード入りの内部リンクをもらえば、それだけで一気にトップページのSEOスコアが上がります。
多くのサーブページ群にキーワード入り被リンクを集中させて、この権威性の高いサブページを多数作った場合は、トップページは「多くの権威から被リンク(内部リンク)をもらう」形になります。

Googleアルゴリズムは権威性(オーソリティ)を大変重視しますので、権威性の高いサブページ群から被リンク(内部リンク)をもらうとなれば、それだけでかなり高いSEOスコアが獲得できます。
その結果として、トップページのSEOスコアが劇的に上がり不動の1位表示を達成できるのです。

Googleアルゴリズムが大変重視する権威性(オーソリティ)を上手く利用すれば、このようにトップページを少ない被リンクでも狙ったキーワードで上位表示したり不動の1位表示できる次第です。

オーソリティ(権威性)を高める被リンクの張り方具体例

キーワードABでトップページを上位表示させたい場合は、サブページ群にキーワードAB入りのアンカーテキスト被リンクを集中させます。
もしくはサブページ群にキーワードA入り被リンクを集中させ、併せてキーワードB入り被リンクを集中させるやり方でもOKです。

キーワード「ページオーソリティ」でトップページの順位を上げたい場合は、サブページ群に「ページオーソリティ」入り被リンクを集中させます。
もしくはサブページ群に「ページ」入り被リンクを集中させ、併せて「オーソリティ」入り被リンクも集中させるやり方でも結構です。

このようなやり方でサブページ群にキーワード入り被リンクを集中させて行き、各サブページのキーワードでのページオーソリティを高めてしまえば、サブページ群からトップページに内部リンクする手法で順位を上げることが出来ます。
その被リンク効果はここ数年は絶大です。

絶大なので被リンク対策を長年繰り返している方々であれば、たぶん皆気づいている手法かと思います。
トップページに被リンクをあまり集中させずに不動の1位表示を達成したい時に使える手法です。

ちなみに、現時点でリスクが低く一番確実に不動の1位表示を取る手法はこれです。
この手法では、多くのサブページ群に被リンク対策を施した方が効果が高くなります。

通常のSEO業者や被リンク業者が提供する被リンク対策や被リンクサービスでは、指定したURLに被リンクを集中させるだけですので、トップページを上位表示したければトップページに被リンクが集中するだけです。
ですので、この手法はつかえません。

ちなみに、トンケン経営研究所のSEO対策サービス(コンサルティング+被リンク対策)では、この手法が使えます。
たとえば、検索上位表示豚スケールメリット(月々3万円コースで17URLに被リンク対策)では、1URLをトップページに16URLをサブページに指定して頂ければ、このサブページ群にキーワード入り被リンクを集中させることが出来ます。

その結果、トップページを少ない被リンクで狙ったキーワードで不動の1位表示を達成することもできます。
実際、トンケン経営研究所のお客様には、この手法で不動の1位表示を達成している方々がいらっしゃいます。

多くのサブページ群をキーワード入り被リンクで対策することにはそれなりのメリットがあります。
ページオーソリティが上がり、Googleアルゴリズムが大変重視する「権威」から被リンクを獲得(内部リンクを獲得)することが可能となります。

権威からの被リンクは大変効き、順位安定度も抜群ですので、狙ったキーワードで不動の1位表示を狙う際、上述の手法も被リンク対策でご検討ください。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする