Bing検索のビッグキーワード「SEO」で15位まで順位上昇。トンケンの1代目HPが。ビングは被リンクパワーがものいう

2012年以降、SEO系のキーワードで上位表示を狙ってなかったのであれですが、久しぶりにBing(ビング)検索エンジンで「SEO」というビッグキーワードで順位が上がって来たようです。
トンケン経営研究所(弊所)の旧メインHP(1代目メインHP)ですが、「SEO」で15位まで順位が上がって来たようです。

ちなみに現在順位が上がって来ているURLには、現在、SEO対策(被リンク対策)は施していません。
昔はしっかり被リンク対策のみ施してましたが。

SEO系キーワードで上位表示を狙っていた頃(2012年頃まで)の最高は、Bing(ビング)で「SEO」というビッグキーワードで11位でしたので、それに結構近い順位です。
申し上げた通りで、すでにこの「SEO」というビッグキーワードでSEO対策をやっていないので、今回の順位上昇は瞬間風速的なものですが、注目して頂きたいのは被リンクパワーです。

被リンクパワー(リンクポピュラリティ)があれば、Bingでは上位表示されやすくなります。
今回は、この被リンクパワーが素直に評価されての15位だと思います。

今回のビッグキーワード「SEO」での15位表示は、トンケン経営研究所の被リンク対策(被リンクサービス)の被リンクパワー(リンクポピュラリティ)の目安にはなると思いますので記事にさせて頂きました。
簡単にいうとトンケン経営研究所の被リンク対策(被リンクサービス)の被リンクパワーは結構「有る」ということです。

トンケン経営研究所のSEO対策サービスで被リンク対策をお客様方のURL群に施して行くとBing(ビング)検索エンジンで結構順位が上がって来て1位表示されることが多いと思いますが、その理由がこれです。
ビッグキーワード「SEO」で15位まで順位が上がって来るくらいですので、その他のキーワードであれば当然ながら1位表示されたり上位表示(10位以内表示)される次第です。

ちなみに皆さまが上位表示させたいGoogle(Yahoo)では、この被リンクパワー(リンクポピュラリティ)が素直に反映されません。
被リンクパワーのごく一部しか検索順位(SEOスコア)には反映されないのがGoogle(Yahoo)という検索エンジンの特徴です。

Google(Yahoo)では素直にでもありませんが、時間がそれなりに経つと反映されるのは「被リンクテクニック」(被リンク技術)です。
Google(Yahoo)では被リンク技術(被リンクテクニック)の方がものを言います。

被リンクパワーが弱い衛星サイト群(サテライトサイト群)ばかりでも、被リンク技術があればGoogle(Yahoo)では上位表示や1位表示が達成できます。
ちなみに昔のGoogle(Yahoo)では被リンクパワー(リンクポピュラリティ)がものを言いました。

2012年頃までは被リンクパワーが凄かったサイト群がGoogle(Yahoo)で上位を席巻しておりました。
それが、2013年頃からは潮目が変わって来て、被リンク技術(被リンクテクニック)の方がGoogle・Yahooではものを言うようになって来て、現在に至ります。

今は、被リンクパワー(リンクポピュラリティ)があまりなくてもGoogle・Yahooでは順位が上がりますので、その点は昔のGoogle SEO(Yahoo SEO)より楽にはなっております。
その代わりより高水準の被リンク技術(被リンクテクニック)は要求されるようになりましたので、その点では昔よりGoogle SEO(Yahoo SEO)は難化したと申し上げられます。

今回、Bing検索エンジンのビッグキーワード「SEO」で15位まで順位を上げたURLは、SEO対策(被リンク対策)をもう施しておりませんので、じきに姿を消すと思いますが、15位まで順位が上がっている時点で被リンクパワーに関してはお分かり頂けるかと思います。
弊SEO対策サービス利用の参考にして頂ければと思います。

現在のGoogle SEO(Yahoo SEO)においても、被リンクパワーはないよりは有った方が良いです。
かつてはGoogle(Yahoo)でも非常に重視された被リンクパワー(リンクポピュラリティ)ですので、現在も、被リンクパワーは不動の1位表示や長期の安定上位表示にはそれなりに役立ちます。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする