rel=”canonical”の使用で重複URL群の被リンクは正規URLの被リンクに100%統合されるか?バックリンク評価の引継ぎ

重複コンテンツ(同じコンテンツ)がサイト内に複数ある場合や、複数のサイトにまたがって重複コンテンツ(同一コンテンツ)が存在する場合は、一つの代表的URLを正規のURLとして指定する対策を、SEOでは講じます。(重複コンテンツ対策)
正規のURLや重複コンテンツを持つ重複URL群のHTMLソースのHeadセクションに<link rel=”canonical” href=”正規URL” />を記述し、正規のURLを検索エンジン(Yahoo・Google・Bing)に伝えるようにします。

ちなみにHeadセクション内でのrel=”canonical”の記述位置ですが、上の方が良いです。

この正規化作業をやっておくと、正規URLを除くその他の重複コンテンツ(同じコンテンツ)をもつ重複URLは非正規のURLとして扱われるようになります。
重複URL群に集まっている被リンクなどは正規URLの被リンクに統合されて、正規URLに被リンク評価を引き継ぎます。

というのが、各検索エンジン会社(Google・Bing)の説明ですが、本当にそうなるのでしょうか?
トンケン経営研究所(弊所)が実験した範囲内では、確かに重複URL群の被リンクは正規URLに統合されて被リンク評価を引き継いでいることが確認がとれております。

しかし、100%フルで被リンク評価を引き継いでいるかといえば、疑問です。
rel=”canonical”が機能し始めて、被リンクの統合が始まると、それまで検索順位がついていた重複URL群の検索順位が消えて、正規URLに被リンク評価と検索順位が移ります。

一応、被リンク評価は移るのですが、100%移っているようでもありません。
けっこう、正規URLの被リンクへの統合で、被リンク評価が失われてしまっているように見えます。

重複URL群に被リンクを集中させて、それなりの順位まで上がったあとで、重複URL群にrel=”canonical”を入れて、正規URLに正規化すると、正規URLの順位は上がりますが、重複URL群ほどは順位が上がりません。
ここから察するに、rel=”canonical”は検索エンジン会社がいうように、重複URL群の被リンク群を正規URLの被リンクに統合はしてくれますが、100%統合してくれているわけではないということです。

幾分、統合の際に被リンク評価を減らして統合している感じです。
幾分と書きましたが、トンケン経営研究所(弊所)の感覚では、けっこう被リンク評価(外部SEOスコア)が減らされているような感じはしております。

rel=”canonical”は重複URL群で獲得していたSEOスコアをそのまま全て、正規URLに引き継いでくれるわけではないということです。
ただrel=”canonical”を使えば、重複URL群で集めた被リンクを正規URLの被リンクに統合してくれる点は事実なようなので、使える局面があるのであれば積極的に使った方が良いように思います。

基本的にSEO対策におけるスタンスですが、検索エンジン会社(Yahoo・Google・Bing)の言うことは、そのまま信じない方が良いです。
太枠ではその通りでも、細かい部分では事実と違う説明が検索エンジン会社には結構あります。

それを知らずに全て信じ込んでしまうと、思うようにSEO対策で結果が出せなくなります。
SEO対策で結果を出したいなら、検索エンジン会社の信者になってはダメです。

検索エンジン会社(Yahoo・Google・Bing)が出す情報に関しては、「本当にそうなのか?」と何事も疑うことが重要です。
rel=”canonical”に関しても同じで、重複URL群の被リンク評価(外部SEOスコア)を正規URLの被リンクに統合してくれるからといって、100%全て、正規URLの被リンクに統合してくれるなどとは思わない方が良いです。

重複URL群に集まった被リンクの評価をある程度は統合してくれて、正規URLの被リンク評価(外部SEOスコア)がある程度は上がるという程度に捉えておいて頂いた方が良いです。
被リンク評価の統合の割合については、期待していたのより遥かに小さい(低い)というのがトンケン経営研究所(弊所)の感想です。

100%フルで統合できたら、検索エンジンスパム(Webスパム)で利用されそうなので、まぁ、当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが^^;。
ですので、rel=”canonical”の被リンク統合効果については、あまり期待し過ぎない方が良いと思います。

いずれにせよ、正規URLの外部SEOスコア(被リンク評価)が上がらないよりは上がった方がマシですので、上手くrel=”canonical”も使って行きましょう。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする