rel=”canonical”を使うと重複ページ群はインデックスから削除されるか?ノー。消える場合もあるが、残る場合もある

サイト内やドメインをまたいで複数の同じコンテンツ(=重複コンテンツ)が存在する場合は、各重複コンテンツがそれぞれに被リンクを獲得して、被リンク評価が分散してしまうことがあります。
それらの分散した被リンク評価を統合して、一つの正規ページに被リンク評価をまとめてしまおうとするときに使うのが、rel=”canonical”です。

重複コンテンツ(同じコンテンツ)を持つページ群のHTMLソースのHeadセクションに<link rel=”canonical” href=”正規URL” />と記述して頂ければ、このrel=”canonical”が機能します。
rel=”canonical”に記述してある正規URL(正規ページ)に被リンク評価は統合されて行きます。

このrel=”canonical”を重複ページ群(重複コンテンツを持つページ群)に記述すると、重複ページ群は非正規ページとして検索エンジン(Google・Yahoo・Bing)から認識されるようになります。
この非正規ページ(重複ページ)のSEO上の扱いはどうなるのでしょうか?

Web上の情報をみると重複ページ(非正規ページ)は、「インデックスから消えて検索結果に表示されなくなる」等と書かれていたりします。
これは事実でしょうか?

答えは、事実である場合もあれば、事実でない場合もあります。
rel=”canocical”を使用して重複ページが非正規ページとして認識されると、通常はインデックスから消えて検索結果に表示されなくなります。

しかし、全ての非正規ページでそうなるわけではなく、インデックス登録から消されず残るページもあります。
どんなページかと言いますと、被リンクを大量に集めている非正規ページです。

こういった非正規ページはインデックスから消されずに残って、rel=”canonical”使用後も検索結果に表示されます。
但し、非正規ページとして認識されているため、検索上位にはまず出て来ません。

その非正規ページの「URL」でピンポイントに検索した際に検索結果に表示される程度です。
被リンクを多く獲得し、インデックス登録はされていても、あくまで「非正規ページ」ですので、通常の検索キーワード群で検索した場合には、まず検索にヒットしなくなります。

代わりに被リンク評価などが統合された「正規ページ」が検索でヒットするようになります。
rel=”canonical”を使うと、非正規ページが獲得した被リンクの評価は、正規ページに移りますので、正規ページの検索順位(SEOスコア)は上昇して、検索結果に表示されます。

但し、被リンク評価を100%引き継げるわけではなく、何割か減らした被リンク評価を受け継ぐ形となりますので、失われる被リンク評価は出て来ます。
ただ、rel=”canonical”を使用せずに被リンク評価がバラけるよりは、幾分被リンク評価が失われても一つの正規ページに被リンク評価を集中させた方が検索上位でヒットし易くなるとは言えますので、rel=”canonical”は上手く使った方が良いと思います。

話をまとめます。
重複URL群は非正規URLですので、検索エンジン側からみると用無しのURL群にみえます。

この用無しの重複URL群は、rel=”canonical”を使用すると、インデックス登録から削除されてしまう重複URLと、インデックス登録され続ける重複URLに分かれます。
外部のサイト群からROS被リンク(外部サイト内の全ページに被リンク設置=ROS)を多くもらっている重複URL群は、インデックス登録され続けることが多いです。

そして、あまり被リンクをもらっていない重複URL群は、rel=”canonical”を使うことでインデックス登録から削除されてしまうことが多くなります。
ですので、rel=”canonical”は基本的にインデックス登録から削除されても良いURL(ページ)に使いましょう。

たとえば自社名や自社ブランド名など自社関連の検索キーワードで検索された際に上位にヒットさせたいページがあるとします。
そのページに重複コンテンツを用いている場合は、rel=”canonical”は使わないほうが良いです。

rel=”canonical”を使ってしまうと、基本的にはどんな検索キーワードで検索しても、検索上位にかすりすらしなくなりますので、rel=”canonical”の使用はひかえましょう。
重複コンテンツに対しては例外なくrel=”canonical”を入れれば良いというわけではないので、SEO面(検索面)のメリット・デメリットをよく考えて、ケースバイケースでrel=”canonical”を使うか使わないか決めて行きましょう。

rel=”canonical”は闇雲に使うと上述して来た理由により、サイト内のインデックス登録されているページ群が大幅に減ってしまう事もあり、集客ダウンしてしまうこともあるので注意が必要です。
rel=”canonical”に関する知識をある程度得てから使うようにしましょう。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする