新式ニュー衛星サイトと旧式オールド衛星サイト。どちらが安全か

メインサイト(SEO集客目的サイトやSEO集客目的URL群)の順位を押し上げて、上位安定・1位安定させるには「被リンク」が必要になります。
必ず必要になりますので、「被リンク需要」は無くなる事が無く、常に一定以上「需要」は存在します。

常に被リンクを「求めている」事業者(法人事業者・個人事業者)が一定数以上存在している状態ですので、当然ながら被リンクを「足りるようにする」事業者(SEO業者・被リンク業者)も登場します。
これらの「被リンク需要」側と「被リンク供給」側によって「被リンク市場」なるものが形成されます。

この被リンク市場で実際に「被リンク供給」するにあたっては、その前提として供給元となる「Webサイト」が多数必要になります。
この「被リンク供給」用の「Webサイト」を「衛星サイト」(サテライトサイト)と呼びます。

ちなみに、SEO分野における「衛星サイト」(サテライトサイト)は「順位上げ」を「目的」に存在しております。(順位上げ目的サイト=衛星サイト)
その「目的」を実現するための「手段」が「被リンク供給」です。

「被リンク供給目的サイト=衛星サイト」と捉えても良さそうですが、「被リンク供給」はあくまで「順位上げ」の為の「手段」ですので、「順位上げ目的サイト=衛星サイト」という風に捉えておいて頂いた方が良いです。
ただ、「手段」(被リンク供給)の範囲だけを担当する者にとっては、「被リンク供給」が「目的」となりますので「被リンク供給目的サイト=衛星サイト」という捉え方も間違いではありません。

「目的・手段」の全体を担当するものにとっては、衛星サイトの「目的」は「順位上げ」であり、「被リンク供給」は其の為の「手段」という位置付けになるわけですが、「手段」のみ担当する者にとっては「被リンク供給」が「目的」となります。
こういうのを「目的手段体系」と呼びます。

「目的」と「手段」はツリー構造になっておりまして、「手段」の範囲だけを担当する者には、それが「目的」となります。
其の「目的」を実現するための「手段」が更に下位(下層)に存在するという風に、「目的と手段」はツリー構造を成しております。

「目的」や「手段」というのは「担当する者の範囲」で、とらえ方が変わります。
ですので、話や文章に「目的」や「手段」という言葉が登場した際には、「目的手段体系」を理解した上で、「目的」や「手段」の意味するところを理解・把握して頂くと良いと思います。

たとえば「SEO集客目的サイト」は「SEO集客」を目的としているサイトですが、これも「SEO集客サイト」という範囲のみ担当している者のとらえ方となります。
Webビジネス全体を担当している者からすれば、SEO集客目的サイトはメインサイトへの「送客」を「目的」とした「送客目的サイト」という風に捉えられます。

その「送客目的サイト」の「送客」という「目的」を実現するための「手段」が「SEO集客」です。
ですので、全体を担当する者からすれば、「SEO集客目的」では無く「SEO集客手段」(=SEO集客は手段)となります。

トンケン経営研究所 SEO事業部のSEO記事の中にも、ちょくちょく「SEO集客目的サイト」等の言葉が登場しますが、「目的手段体系」を踏まえた上で柔軟に理解して頂けたらと思います。
「目的手段体系」なる言葉を知らずとも困りはしませんが、「経営や管理」(Management)の世界では知っていると結構役立ち、読解力も向上します。

「SEOも『対策』する時代から、『マネジメント』(管理)する時代に突入した」と前回の記事で書かせて頂きましたが、現在は「SEOマネジメント」の時代です。
「SEOマネジメント」時代ですので、「目的手段体系」なるマネジメント用語・知識も、SEO戦略策定時(シナリオ作り時)に少しは役立つ「かも」しれません。

各サイトごとの「目的」と「手段」を明確にすることは、「マネジメント」(Management)という観点から非常に重要になります。
「目的」と「手段」が曖昧では、「何をマネジメント(管理)するのか?」という話になりますので、当然ながら「目的」「手段」の明確化は「必要」になります。

話が大幅脱線しましたので「目的手段体系」から、「衛星サイト」(サテライトサイト)と「被リンク市場」に話を戻します。

「順位を上げる」(目的)ためには、「被リンクの供給」(手段)が必要ですので、被リンク供給元となる「衛星サイト」も多く必要になります。
そこで供給側は、其の「目的」「手段」に沿った「衛星サイト」を多数「生産」します。

その「生産」にあたっては「検索エンジン環境」を十分に考慮し、「検索エンジン環境」に適応した「衛星サイト」(サテライトサイト)を多数作ります。
衛星サイトの「生産」まで行うSEO業者や被リンク業者は「デジタル版の製造業者」ですので、その「生産」にはライン生産方式やセル生産方式やロット生産方式や小ロット生産方式等の「生産方式」が存在し、生産の効率・能率を高める企業努力を水面下で行っていたりします。

毎月「安定的」に衛星サイトを生産するために、「部品在庫」(記事等のコンテンツ)を切らさないよう「部品在庫管理」(数量の管理)を徹底したり、受注生産方式を採用し「完成在庫」をゼロに近づけてコスト削減を図ったりと水面下では色々とやっていたりします。
「デジタル版の製造業者」(SEO業者や被リンク業者)は、基本的にアナログ版(現実世界)の製造業者(生産)とやっている事は「同じ」です。

「生産」工場がオフィス(事業所)の中に存在する点は異なりますが、設備投資や設備更新が必要な点等も、通常の製造業者と同じです。
どこの「デジタル版の製造業者」も、通常は「検索エンジン環境」に適応・対応した「衛星サイト」を「生産」しております。

たとえば、「検索エンジン環境」が「ゼロ評価・プラス評価+ペナルティ」で構成されていれば、其の検索エンジン環境に沿った衛星サイトを「生産」します。
「検索エンジン環境」が「マイナス評価・ゼロ評価・プラス評価+ペナルティ」で構成されていれば、「マイナス評価」も加えた「検索エンジン環境」に沿った衛星サイトを「生産」します。

ちなみに、2014年現在の「検索エンジン環境」は「マイナス評価・ゼロ評価・プラス評価+ペナルティ」で構成されております。
ですので現在は、「マイナス評価・ゼロ評価・プラス評価+ペナルティ」で構成された「検索エンジン環境」に沿った衛星サイトが「生産」されます。

少し前の2011年から2013年の3年間は「大変化」の「期間」でしたので、「デジタル版の製造業者」方にも色々と「生産」に「迷い」が生じたのではないかと思います。
2011年~2013年の3年間は、「検索エンジン環境」に「マイナス評価」が導入された時期で、「マイナス評価」がこのまま「固定的」な構成要素に組み込まれるのか、それとも「一時的」な導入で終わるのか見極める期間でした。

ですので、「生産」にあたって「マイナス評価」まで加味した衛星サイトを「生産」すべきかどうかで、判断に迷ったデジタル版製造業者も多かったのではないかと思います。
その3年間の見極め期間を経て「どうも固定的なものなりそうだ」というのが2014年現在であります。

というわけでして現在は、「マイナス評価・ゼロ評価・プラス評価+ペナルティ」で構成された「検索エンジン環境」に適応・対応した衛星サイトの「生産」が中心となっており、「衛星サイト生産」周りにも色々と変化が生じております。
「マイナス評価」が「固定的に導入」されますと、「マイナス評価」への対策として「衛星サイトの質」を大幅に高めねばならなくなります。

「質の向上」であれ「量の増加」であれ、「向上や増加」には「コストアップ」(労務費等の増加)が伴います。
質を向上させようと思えば、一つ一つの作業により手間暇を掛けねばなりませんので、各工程に要する作業「時間」が増加します。

その「時間」には労務費(人件費)等が乗りますので、「質」も向上しますが「コスト」(衛星サイト原価)も増加します。
技術力向上や生産性向上等で増加コスト分を吸収できれば良いですが、通常は吸収し切れませんので「質」の「向上」でコストはアップします。

そのようにして、かなりのコストを掛けて出来上がるのが、現在の「最新の衛星サイト」です。
労務費等のコストを大幅に増やす事で、「衛星サイトの質」を大幅に引き上げる事はできますので、現在新規で「生産」されている「ニュー衛星サイト」というのは、かなり「安全性」の高いサイトとなります。(リスク低減)

では、それ以前に作られた昔のオールド衛星サイトはどうでしょうか?
昔のオールド衛星サイトは「マイナス評価」を前提に「生産」されておりません。

ですので、「安全性」は「ニュー衛星サイト」よりもかなり低下します。
「マイナス評価」を前提として「生産」されていないというのはどういう事かといいますと、「衛星サイトに対する評価が、将来的にプラス評価からゼロ評価に変る可能性を想定して生産しているが、マイナス評価は想定して生産していない」という事です。

よって、検索アルゴリズムに「マイナス評価」が導入されると、「プラス評価圏」から「ゼロ評価圏」への移行だけでは止まらず、そこから更に「マイナス評価圏」に生産した「衛星サイト」が移行する可能性が出て来ます。
「マイナス評価」まで想定して衛星サイトを生産している場合は、生産過程で「かなり」コストを掛けて作りますので、衛星サイトが「マイナス評価圏」まで落ちる可能性は「かなり」低くなります。

しかし、「マイナス評価」を想定せず生産した過去の「オールド衛星サイト」はそうは行きません。
「マイナス評価」対応分のコストを掛けて衛星サイトを生産しておりませんので、「マイナス評価圏」まで落ちる可能性は高くなります。

「被リンクやコンテンツに対するマイナス評価ならわかるが、衛星サイトに対するマイナス評価など存在しない、あり得ない」という意見もあろうかと思います。
しかし、現在および今後は「検索アルゴリズム」対策というよりは、「検索エンジン人工知能」対策の時代です。

「人工知能」(AI)の能力向上により、「検索エンジン」が「人間のように」なって行く事は「確定」しております。
「確定路線」なのです。

其の「検索エンジン人工知能」進化の過程で「衛星サイト」がマイナス評価の対象になる事無く、「聖域」として残るわけはありません。
今後のSEOは「人工知能」(AI)を前提に考えてもらった方が良いです。

「マイナス評価&人工知能」時代において、「リスク管理」(Risk Management)がいかに重要かという事を今後多くの方々が思い知る事になると思います。
「思い知った」後では既に手遅れで、遅いわけですが^^;。

ちなみに、SEO分野におけるリスク管理(リスクマネジメント)では「リスク低減」「リスクヘッジ(リスク限定)」「リスク回避」の3つを意識して頂いた方が良いです。

2011年~2013年の3年間の見極め期間を経て、「マイナス評価」が検索エンジン環境の構成要素の一つに加わった格好ですが、そうなると「見極め期間」を境目として衛星サイト群を二つに分ける事が可能となります。
現在の「マイナス評価」を想定してかなりのコストを掛けて生産されている「新式のニュー衛星サイト」と、「マイナス評価」を想定して作られていない「旧式のオールド衛星サイト」です。

ここで、最後に1つ質問致します。

【質問】
「新式のニュー衛星サイト」と「旧式のオールド衛星サイト」ではどちらがSEO上「安全」でしょうか?

ここまで読まれた方なら、お解かりかと思います。
答えは、「新式のニュー衛星サイト」です。

オールド衛星サイトには「オールド分」の「追加SEOスコア」が通常なら乗ります。
「オールド分」の「追加SEOスコア」が「無事」に乗るのであれば、「旧式のオールド衛星サイト」の方がSEOスコアが高まりますが、「旧式」ゆえに「安全性」に問題があります。(リスク)

この「リスク」と「オールド分の追加SEOスコアというウマミ」を比較した場合、現在は「リスク」の方に存在感が大きくなります。
検索アルゴリズムへの「マイナス評価」導入を背景に、「旧式のオールド衛星サイト」に関しては、「メリット」よりも「デメリット」の方が上回るようになって来ております。

本来はSEOの世界では「古いものほど高価値」となりますが、「旧式」であることが其の「古さの価値」を打ち消してしまっている状況に現在はあります。
「マイナス評価」も想定した「新式」であれば、「古いものほど高価値」という過去の「常識」も成り立ち得ます。

しかし、「旧式」の場合は「オールド衛星サイト」が「ゼロ評価圏」から「マイナス評価圏」まで移行(落ちて)してしまう可能性も高いため、「古いものほど高価値」とはならない事も多くなります。
検索エンジン側がアルゴリズムの「機軸」を変えて「旧機軸」から「新機軸」へと移行すると、こういった事が起こります。

新しい「機軸」には「マイナス評価」が加わっておりますので、当然、この「マイナス評価」に起因した検索結果の大変動(検索結果の勢力図の大変化)が発生します。(革新,イノベーション)
旧機軸から新機軸への移行(革新)を境として「旧式のオールド衛星サイト」と「新式のニュー衛星サイト」に分かれた格好です。

2000年代から2013年くらいまでの間に生産された衛星サイトには、「マイナス評価」を想定せず作られたものも多いため、「旧式」の割合は高くなります。
それらの「旧式」は、「マイナス評価」導入後(革新後)、安全性が低下しリスクは高まっております。

ですので、「旧式のオールド衛星サイト」と「新式のニュー衛星サイト」を比較した場合、「革新」後の現在においては「新式のニュー衛星サイト」の方が相対的に価値が高くなっている次第であります。

ニュー衛星サイトは時間経過で得られるエイジが十分に乗っておりませんので、「オールド分の追加SEOスコア」は得られません。
これはデメリットです。

しかし、「新式」ゆえに「安全性」は高くなります。(リスク低減)
これはメリットです。

ニュー衛星サイトですので、エイジングフィルター等の影響もあり初期段階でのSEOスコアは低く抑えられます。
しかし、時間経過でエイジングフィルターは解除されれば、本来の力(本来のSEOスコア)を発揮できるようになりますので、問題とはなりません。

更に時間が経過し十分にエイジが乗ればニュー衛星サイトは「オールド衛星サイト成り」し、強力な被リンク供給元となります。
そのようなわけで、「新式のニュー衛星サイト」と「旧式のオールド衛星サイト」を比較した場合は、「新式のニュー衛星サイト」に現在は軍配が上がる次第であります。

「どちらが安全か?」という比較であれば、勿論「新式」に決まっておりますが、「どちらが利用価値があるか?」という比較でも「新式のニュー衛星サイト」に軍配が上がります。
「革新」前であれば、新式も旧式もありませんので、単純に「オールド衛星サイト」の方がSEO競争に強く価値が高かったわけですが、「マイナス評価」導入後の現在は違います。

「新式のニュー衛星サイト」の方が安全(低リスク)で、利用価値も高くなります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする