検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO

「検索順位をどうしても上げたい」「あのキーワードで上位表示させたい」という願望を持ち、Web上で情報収集に励んでいるWebサイト管理者は多いと思います。
しかし、SEO情報が多過ぎて、結局「何が大事なのか?」という事が分からなくなっている方もまた多いと思います。

検索順位を上げる為に「実際のところ何をやれば良いのか?」という「問い」に対する解答(回答)を当記事で簡単にまとめたいと思います。
先に結論を申し上げてしまうと、「コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO」の3つをやると順位は上がります。

順位を上げたい(上位表示させたい)のであれば、確実に満たさねばならないものが2つあり、可能な限り満たした方が良いものが1つあります。
確実に満たさねばならない2つとは「コンテンツSEO」と「被リンクSEO」であります。

この2つが欠けていたり、一方が欠けていると、狙ったキーワード(ヘッドキーワード,商用キーワード)で「順位を上げたい」「上位表示したい」という「願望」を実現させる事は極めて困難となります。
よって、「コンテンツSEO」「被リンクSEO」は「必ず」満たさねばなりません。

なお、可能な限り満たした方が良いものは「HTML要素SEO」です。
ここ数年は、Google検索エンジンにおけて「パンダアルゴリズム」が導入(Innovation)された影響で「コンテンツSEO」が脚光を浴びており、昔ほど「HTML要素SEO」が注目を集めなくなっております。

しかしながら、この脚光を浴びていない「HTML要素SEO」がSEO競争を制する上では極めて重要だったりします。
「HTML要素SEO」の「出来不出来」だけでも、ターゲットキーワードでのSEOスコアに「かなりの差」が付きます。

あまりにも「HTML要素SEO」の出来が悪い場合は、「HTML要素SEO」が「完璧なURL」群との間に、ターゲットキーワードでの「内部SEOスコア」に「大差」が付いてしまう事もございます。
ごく常識的なレベルで「HTML要素SEO」が出来ていれば「完璧なURL」(強いURL)群との間に大差は付きません。

しかし、HTML要素SEOが全く出来ておらずWeb文書「構造」が酷過ぎる場合は、HTML要素SEOだけでも結構な差が付いてしまいます。(弱いURL)
HTML要素SEOが駄目な「弱いURL」(弱者)とHTML要素SEOが完璧な「強いURL」(強者)の「差」でございます。

よって、「HTML要素SEO」も「軽視はできない」のであります。
「HTML要素SEO」は、「コンテンツSEO」「被リンクSEO」と並んで「重視」すべきSEOの3大要素の1つと申し上げられます。

ちなみに3大要素の中で「最優先」で満たさねばならないのは、「コンテンツSEO」です。
「コンテンツSEO」が出来ていないURLは、そこで「試合終了」となります。(ジエンド,勝負にならない)

「コンテンツSEO」が完璧であれば、あとは「被リンクSEO」を満たして行けば「上位表示したい」「検索順位を上げたい」という願望は多くの場合、「現実化」(実現)できます。
しかし、競争が厳しい(激しい)キーワードにおいては、「HTML要素SEO」の「不出来」で競争相手(競合他社)達に「内部SEOスコア」でけっこうな差を付けられてしまいますので、それがSEO競争の「足枷」となり願望の現実化を阻みます。

基本的には、「コンテンツSEO」と「被リンクSEO」が「完璧」であれば、SEO競争を制する事は出来ます。
しかしながら、「HTML要素SEO」が「不出来」の場合は、この部分で競争相手(競合他社)との間にかなりの「内部SEOスコア差」が生じてしまうため、その差を埋める為に更に「被リンクSEO」(被リンク対策)を頑張らねばならなくなります。

「HTML要素SEO」の「不出来」(内部SEOスコア減少)は、当然ながら別の「何か」で「補わ」なければなりません。
他の「何で」不足分を補うかといえば、「被リンクSEO」(被リンク対策)です。

この不足分だけ競合他社よりもコスト負担(被リンクコスト負担)は増します。
このコスト負担増が微々たるものであれば、「被リンクSEO」(被リンク対策)で補えば良いのですが、通常は微々たるコスト負担では収まりません。

「かなりのコスト負担」がプラスで乗る形となります。
よって、「HTML要素SEO」も「可能な限り満たした方が良い」のであります。(コスト観点)

「HTML要素SEO」を満たした方が遥かに「安く上がる」という事です。
「HTML要素SEO」を満たして行くのにもページ内部・サイト内部で「作業」(労働)は発生しますので、大なり小なりコストは発生します。

しかし、「HTML要素SEO」を満たさなかった時に発生するコスト(追加の被リンクコスト)よりは、かなり小さくコストを抑える事が出来ます。
「HTML要素SEO」は、SEOに費やす「トータルのコスト」の削減に繋がりますが、それだけではありません。

「上位表示」や「1位表示」を達成する「確率」にも影響を及ぼします。
簡単に申し上げますと、「HTML要素SEO」が「出来ているURL」(強いURL)は、「上位表示確率」「1位表示確率」が大きく「上がります」(高まります)。

SEOの「トータルコスト減」だけ無く、上位表示や1位表示の達成「確率」も「上がる」のであれば、「HTML要素SEO」も満たすに越した事はありません。
この「HTML要素SEO」を施して、Web文書(Webページソース)の「構造」をテンプレートという形で確りと整えてしまえば(作ってしまえば)、サイト内の全ページに「テンプレート」を通じて「構造」が適用されますので、其のサイトに齎すSEO効果は大変「大きなもの」となります。

特にサイト規模が大きい(コンテンツ数が多い)「ビッグなサイト」なほど、「HTML要素SEO」の効果が「大きく」顕れます。
「コスト対効果」を考えれば、「HTML要素SEO」はサイト規模の大小を問わず、「当然」のように取り組むべきものと申し上げられます。

ターゲットキーワードでの検索順位は、「強いコンテンツ」(コンテンツSEO)と「強いHTMLソース」(HTML要素SEO)と「強い被リンク」(被リンクSEO)の3大要素で「ほぼ決まり」ます。
3大SEO要素で殆ど「決まってしまう」のですから、「検索順位を上げたい」「上位表示したい」という願望をお持ちのWebサイト管理者方は、この3大要素を強化する対策に注力すれば良いのであります。

「検索順位を上げるにはどうすれば良いか?」「本当にやらねばならない事は何なのか?」という「問い」(問題)を多くのWebサイト管理者が抱えておりますが、その「問い」に対する解答(アンサー)は至って簡単シンプルでございます。
「SEOの3大要素を満たす事」であります。

「『コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO』の3つを満たす」、やる事はこれだけです。
「これだけ」と書きましたが、現実にはこの3要素だけでも満たすのはかなり大変だったりします。(上位表示・1位表示を阻む壁)

しかし、「検索順位を上げたい」「上位表示したい」という「願望」を現実化させたいのであれば、「この壁」は乗り越えねばなりません。
「HTML要素SEO」については「優先順位」の関係から当ブログであまり触れてこなかった為、頭の中でイメージし辛いと思いますが、一言で解り易く申し上げますと「HTML要素SEO」とは「ページソース構造SEO」「重みSEO」でございます。

Web文書(Webページソース)の「構造」周りを整えて行くのが、「HTML要素SEO」です。
Web文書(Webページソース)の「構造」を整えて行きますと、「乗るべき箇所」や「乗るべき言葉」に「重み」が「集中的に乗る」ようになります。

その結果、ターゲットキーワードでの「内部SEOスコア」が高まって行き「対策URL」は「強いURL」に仕上がって行きます。
Web文書の「構造」を操作して、「重み」を流すべき箇所・言葉に流して行き、ターゲットキーワードへの「重み集中」を実現するのが「HTML要素SEO」と捉えて頂いて差支えありません。

そして、この「HTML要素SEO」や「コンテンツSEO」の結果として、「勢い」が十分に付いた「強いURL」(対策URL)が生み出されます。(強勢 ,ごうせい)
先ほどから「強い」という言葉を文章中でよく用いておりますが、「強」の「意味」は皆様はお分かりでしょうか?

この『強』という形態素には『力が有る』『力が勝れている』という「意味」がございます。(※形態素=意味を持つ最少の言語単位)
当記事内で度々出現する「強い」等の言葉も、そのような「意味」で解釈して頂くと、当記事の「理解」が進むものと思います。

ちなみに、対義語の『弱』であれば、『力が無い』『力が劣っている』という「意味」になります。
この『強』という形態素や、『弱』という形態素は、SEO方面だけでなく「経営」方面でもかなり重要な言葉となりますので、其の「意味」するところを「正確」に覚えておいて頂いた方が良いと思います。

『弱』や『強』という形態素の「意味」が分かっていれば、「なぜ弱者が強者に勝てないか?」に対する答も自ずと出ます。
「力が有り」「力で勝れている」ならば、競争相手に負ける(敗ける)事はマズありません。

ワールドカップ出場の日本代表の「サッカー競争」でも「SEO競争」でも同じです。
「弱」ければ競争で「負ける」(敗ける)のは「必然」、「強」ければ競争で「勝つ」のも「必然」でございます。

ゆえに、SEO競争で勝ちたければ、「強く」ならねばなりません。
「強いURL」や「強い被リンク」を用意してSEO競争(戦い)に臨むのは「当り前」の事となります。

順位を上げる「力が有る」URL、順位を上げる「力で勝れている」URL、それが「強いURL」です。
順位を上げる「力が有る」被リンク、順位を上げる「力で勝れている」被リンク、それが「強い被リンク」です。

「弱い」URLのままSEO競争に臨めば、「負ける」(敗ける)のが「必然」であり、勝ってもそれは「偶然」であります。
いつまでも「弱いURL」のままで上位や1位にとどまり続け検索順位維持できるほどSEO競争は甘くはありませんので、偶然「勝った弱いURL」は時間の問題で「本来の位置」(本来の検索ランク)へと「必然的」に順位を落とす事になります。

ちなみに、「強いURL」は「コンテンツSEO」や「HTML要素SEO」を施す事で作り出す事が出来ます。
「強い被リンク」は「被リンクSEO」(被リンク対策)を通じて作り出し、獲得する事が出来ます。

一応申し上げておきますと、この3大要素「コンテンツSEO」「HTML要素SEO」「被リンクSEO」は、弊所(トンケン経営研究所 SEO事業部)のSEOサービス群で「全て対応可能」となっております。(全て網羅)
「コンテンツSEO」と「HTML要素SEO」に関しては弊SEOサービスの「コンサルティング」で対応しており、「被リンクSEO」に関しては弊SEOサービスの「被リンク対策」の方で対応しております。

弊SEOサービス群は大きく分類しますと、「コンサルティング」型サービスと「コンサルティング+被リンク対策」型サービスの2つに分かれます。
どちらのタイプのサービスを選んで頂いても「コンサルティング」は付いて来る形となります。

弊SEOサービスでは、「コンサルティング」は必ず付いて来るため、どれを選ぼうと「コンテンツSEO」と「HTML要素SEO」には対応できるよう「設計」してあります。
「被リンクSEO」に関しては弊SEOサービス群の中から「被リンク対策」付きの「コンサルティング+被リンク対策」型サービスを選択して頂ければ、対応可能となり満たして行く事が可能となります。

なお、SEOに関しては検索アルゴリズムという「土台」自体が動く(中身が変わる,前提条件が変わる)関係で、勝つ確率100%(確実)には「なりません」。
しかしながら、「強いURL」「強い被リンク」を揃えてSEO競争に臨めば勝つ確率が「かなり高まる」のは事実ですので、可能な限り「強いURL」「強い被リンク」を用意してSEO競争に臨んで頂く事をおすすめ致します。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

トンケン経営研究所とは
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

SEO対策SEMサービスのスローガン
高品質・中長期・強勢

SEO対策SEMサービスのご案内
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛生サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛生サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・SEO料金の詳細はこちらです ⇒ SEO対策サービス・SEO料金表

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする