SEO集客URLのオリジナル部分は集客に最適化。共通部分は営業に特化

【Webページの構成要素】
1,オリジナル部分(コンテンツ等)
2,共通部分(サイドバー,メニュー,ナビゲーションバー,ヘッダー,フッター等)

SEO集客を目的とする「SEO集客URL」も、営業を目的とする「営業URL」もWebページの構成要素は上記の通りで「同じ」であります。
どちらも、「オリジナル部分」と「共通部分」で構成されております。

【SEO集客URL】
オリジナル部分:集客(SEO集客)に最適化
共通部分:営業に最適化 or 送客に最適化

※「SEO集客兼営業サイト」の場合は共通部分は「営業に最適化」
※「SEO集客サイト」においては共通部分は「送客に最適化」

【営業URL】
オリジナル部分:営業に最適化
共通部分:営業に最適化

上記の方向で、各「部分」を最適化させて頂く事が、目的(集客や営業)達成の「前提条件」となります。
前提条件をクリア出来ていれば、かなりの確率で目的は達成できます。

あとは資本(貨幣資本)と時間の問題です。
前提条件を満たした上で、SEO集客URL群に被リンク対策を施して行っても、途中で資本が底を尽きればそこで試合終了となります。

そういった事がなければ、かなりの確率で目的は達成できます。
ビジネスサイトでこの「前提条件」をクリアしているサイトは極少数です。

多くのビジネスサイトは前提条件がクリア出来ておらず、どのURLも「中途半端」に仕上がっているのが「普通」です。
その「中途半端」な仕上りでは、集客(SEO集客)や営業が上手く行かないのも「普通」であります。

「条件」が揃って初めて「目的」(集客や営業)達成の可能性が出て来るわけです。
前提たる「条件」が揃っていれば、集客も営業も上手く行くのが「普通」となりますが、前提条件をクリアしているビジネスサイトは上述の通りで極少数です。

SEO集客URLの「オリジナル部分」(コンテンツ)が「SEO集客に最適化」されていなければ、其のURLに幾ら被リンク対策を施しても「無駄に終わる」事は、現在および今後のGoogleアルゴリズムを観れば明らかです。
しかし、なぜか其れを多くのビジネスサイトは未だにやっております^^;。

もちろん、貴社(貴方)の競争相手が馬(うま)と鹿(しか)の区別が付かずに、そのような事をやっている分には問題ありません。
競争相手の愚行は貴社(貴方)のビジネスサイトの「利益」に繋がりますので、むしろ「喜ばしい」事ともいえますが、貴社(貴方)が其の愚行を行っている場合は問題です。

貴社(貴方)の愚行が競争相手に「利益」や「繁栄」を齎し、貴社(貴方)自身に対しては「衰退」や「滅没」を齎すからであります。
SEO分野では各ターゲットキーワードで1位(勝者)は一社(一者)のみとなりますので、馬と鹿の区別が付くか否かが極めて重要になります。

Web上には、「ヘッドキーワードでのSEO集客に被リンクは不要」と唱えている情報発信者が存在している一方で、「ヘッドキーワードのSEO集客に被リンクは必要不可欠」と唱えている情報発信者も存在します。
SEO分野には、このような正反対の情報が氾濫しておりますので、「馬」(誤った情報)と「鹿」(正しい情報)を区別する能力が有るか否かが、極めて重要になります。

上記事例の場合は、「被リンク無しではヘッドキーワードでのSEO集客は出来ない」のが現実ですので、「ヘッドキーワードのSEO集客に被リンクは必要不可欠」という情報が正しい情報となります。
ここで、「ヘッドキーワードでのSEO集客に被リンクは不要」という誤情報に従って行動をとってしまうと、いつまで待てどもヘッドキーワード経由でのSEO集客は一向に出来ずという事態に陥ります。

「ヘッドキーワードでのSEO集客に被リンクは不要」という情報をWebサイト管理者が「狂信的」に信じている場合は、ヘッドSEO集客では其のサイト管理者は今後も報われる事は無いでしょう。
なぜなら、このサイト管理者が信じているのは「観念」(=現実で無い事、現実で無い考え)だからです。

サイト管理者が「観念的」ですと、SEO分野での成功は困難となります。
ちなみに、この「観念的」という言葉を英語に置き換えますと「ネガティブ」となります。

「ネガティブ」な人というのは、上記のような人の事を指します。
「観念」に基づいて行動・意思決定を下すのが「ネガティブ」な人です。

SEOで成功したければ、もちろん、「現実」に基づいて意思決定し行動を起こさねばなりません。
現実的(=ポジティブ)でないと、SEO分野での成功は中々「維持」できません。

成功者には「ポジティブ」(現実的)な人が多いわけですが、その理由は上述した内容から明らかかと思います。
常に「現実」に基づいて意思決定し行動するゆえに、「成功」し続けているのです。

「観念」に基づいて意思決定し行動を起こして、「成功し続ける」事は「まず無理」である事はお解り頂けるかと思います。
「観念」(誤情報)に従っても、「運」さえ良ければ一時的に成功はできますが、その運が尽きればそこで終りです。

「馬」と「鹿」の区別が付かないと、「観念」に基づいて意思決定し行動を起こす事が増えてしまいます。
そうなるとSEO分野での成功は困難です。

各ターゲットキーワードで1位の椅子は一個しかありません。
椅子が30個くらいあれば、多少は観念(誤情報)に基づいて意思決定し行動しても何とかなるでしょうが、椅子は1個ですので何とかなりません。

どのような「意思決定」をするのも其の方の自由ですが、馬(誤情報)と鹿(正情報)の区別が付かないようですと、間違った選択をする(誤った意思決定をする)事が多くなり苦しむ事になります。
誤った選択が多くなる分だけ「無駄な出費」が嵩みますので、資本面(貨幣資本)での苦労も絶えなくなります。

さて、ここで少し「インターネット」(Web)について少し解説を加えます。
上述した「オリジナル部分」や「被リンク」がいかにSEOで重要かは、「インターネット」の構成要素について少し理解が進めば分かる事であります。

インターネットというのはInternational Networkの略語です。
国家間を跨いで世界規模で繋がっている超巨大ネットワークが、インターネットです。

ネットワークの規模の大小に関係なく、「ネットワーク」は以下の3つの要素で構成されております。
「ノード」(節点,こぶ),「リンク」(接続路),「フロー」(流れ,トラフィック)の3要素です。

「Webページ(=共通部分+オリジナル部分)」が「ノード」、「発リンク+被リンク」が「リンク」、「トラフィック(アクセス数)」が「フロー」と捉えて頂くと分かり易いのではないかと思います。
多くのノードとノードの間をリンクで繋いで行くと、網状の組織が出来上がります。

この網状組織だけではネットワークとはいえず、実際に其の網状組織内のノードからノードへとリンクを辿って行き来する流れ(フロー)が有る事が、ネットワークの条件となります。
ターゲットキーワードで指定URLの順位を上げるにあたっては、ネットワーク3要素の内の「リンク」(接続路)の「被リンク」と、「ノード」(こぶ,節点)の「オリジナル部分」(コンテンツ)が極めて重要になります。

過去の検索エンジンロボットによる検索ランキングシステムは、「簡単なノード分析・評価」からスタートし、そこに「被リンク分析・評価」を加えた被リンク中心の検索ランキングシステムに取って代わられました。
2011年頃からは「ノード優先・リンク劣後」でコンテンツ(オリジナル部分)と被リンクを中心に分析・評価して行く検索ランキングシステムに切り替わり、2014年現在に至ります。

さて、この検索順位を決める検索ランキングシステムがここ数年で劇的に変わり、「ヘッドキーワード」の検索順位決めにおいてネットワーク3要素の「リンク」(被リンク)を用い無くなる事が今後あり得るでしょうか。
インターネット(Web)が何で成り立っているかは申し上げた通りで、「リンク」「ノード」「フロー」です。

この内の「リンク」を分析評価せずして、インターネット世界(Web世界)で増加し続けるURL群をまともに評価できるのか考えれば答えは明らかであります。
インターネットは「リンク」と「ノード」と「フロー」で成り立っているのですから、インターネット(Web)上のURL群を分析し評価し順位付けして行くにあたっては、「リンク」を分析し評価する事が必須となります。

この「リンク」を除外して検索ランキングを決めるとなればバランスが完全に崩れますので、検索結果は偏り偏ったもの(役立たないもの)となる事は「明らか」であります。
よって、「リンク」を除いたバランスを欠いた検索ランキングシステムなどは今後も成り立ち得ないのであります。

ちなみに最も理想的なのは3要素「ノード」「リンク」「フロー」の全てをバランス良く分析・評価し、インターネット上のURL群に順位付けして行く検索ランキングシステムです。
その最もバランスがとれて理想的な検索結果を返せるであろう方向から、大きく逸れる方向へと検索エンジン開発が進む事などまずあり得ないと申し上げられます。

今後、「リンク」も「ノード」もより高度に分析し評価して行く方向へと検索エンジン開発は向かうため、「被リンクが不要」等という事は起こり得ないのであります。
少し考えればわかる事です。

検索エンジンロボットの自然言語処理(形態素分析,構文分析,文脈分析,意味分析,照応分析 等)の能力は、今後、ムーアの法則にほぼ従った形で更に高まって行く事が予想されます。
2040年代には「自然言語理解」(AI完全)の領域に踏み込む可能性もあります。

この「自然言語処理」能力が高まれば、「ノード」を分析・評価する能力が高まりますので、「ノード」の重要度は当然ながら上がります。
その影響で「相対的」に、「リンク」の重要度は今までよりは低下するでしょう。

ただし、「リンク」の分析や評価を検索ロボットがやめるわけではありません。
今までは検索ロボットの自然言語処理能力が低過ぎたために「ノード」をより細かく分析・評価する事ができず、「リンク」の分析・評価に頼らざるを得なかった「分」(ぶん)を、今後は徐々に「ノード」の分析・評価に振り替えて行くというだけの話です。

これまでは、「自然言語処理」能力の低さゆえに「ノード」分析・評価に頼れなかった不足分を、「リンク」の分析・評価で補って検索ランキングを付けて来ました。
それをよりバランスのとれた「ノード」と「リンク」の分析・評価に基づいた検索ランキングシステムへと、徐々に変えて行こうとしているのが今現在であり、今後の検索エンジンの流れでもあります。

自然言語処理能力の向上により「リンク」に依存した分析・評価から、「ノード」をより細かく分析・評価して行く検索ランキングシステムに移行して行くだけであります。
「リンク」の分析・評価を止めるわけではありません。

テクノロジー(技術)の関係で今までは「リンク」中心の分析・評価だった検索ランキングシステムが、テクノロジーの発展・進化とともに徐々に「ノード&リンク」中心の分析・評価システムに移行して行くというだけの事であります。
そこで重要度が上がるのが「ノード」(Webページ)を構成する「共通部分とオリジナル部分」の内の「オリジナル部分」(コンテンツ)です。

弊所が昔から申し上げている事の繰り返しになりますが、今後も「コンテンツSEO」と「被リンクSEO」が、「SEOの要(かなめ)」となるという事です。
加えて「HTML SEO」も押さえられていると、なお良しとなります。

「HTML」は「ノード」(Webページ)に関わって来ますので、もちろん、今後も「重要」です。
「コンテンツ」や「被リンク」ほどでは無いにしても、「HTML」も重要である事に変わりはありません。

ただし、「HTML」に関しては検索ロボットの自然言語処理能力(照応分析力,意味分析力,文脈分析力 等)が高まって来ますと、重要度は「相対的」に下がります。
それでも軽視してよいほどには下がりませんので、今後も「HTML SEO」は重視して頂いた方が良いです。

【ネットワーク構成要素】
「ノード」:コンテンツSEO,HTML SEO
「リンク」:被リンクSEO、発リンクSEO
「フロー」:省略

なお、フローについては、今回は解説は省かせて頂きます。
ノードやリンクに加えて「フロー」周りも攻略しようと(支配しよう)と頑張っているグローバル検索エンジン会社も存在するようですが、解説は時期尚早ですので控えさせて頂きます。

話を、冒頭の「前提条件」に戻します。
多くのビジネスサイトはこの「前提条件」を満たす事から始めないと、今後もSEO集客も営業もあまり上手く行く事はないでしょう。

Google等が力を入れている自然言語処理や、向う数十年のゴールである「自然言語理解」(AI完全)に対応するには、SEO集客URLの「オリジナル部分」(コンテンツ)は必ずSEO集客に最適化させる必要があります。
検索ロボットが「リンク」に頼って検索ランキングを決めていたのは、もう昔の話です。

被リンクさえ浴びせておけば、「万事OKとはならない」のであります。
現在は、「コンテンツSEO」も「HTML SEO」も「被リンクSEO」も、キッチリ行って「万事OKとなる」のであります。

自然言語処理能力が今後更に高まれば、「ノード」に頼って順位付けして行く事が可能となります。
特に「テールキーワード」や「ロングテールキーワード」では「ノード」に頼った順位付けが必要とされておりますので、「テールキーワードSEO集客」や「ロングテールSEO集客」には多大な影響を与えるようになるでしょう。

一言で申し上げますと、今後、更に「コンテンツSEOの重要度が増します」(オリジナル部分SEOの重要度が増します)という事です。
ちなみにヘッドキーワードにおいては、「リンク」に頼った順位付けが「必要になる」ため、検索ロボットの自然言語処理能力が大幅に伸びても「テールキーワード」や「ロングテールキーワード」ほどには影響を受けません。

ヘッドキーワード(よく検索されるキーワード)の多くでは、今後も「被リンク」がものを言うでしょう。
被リンクがものを言うからこそ、あれほど厳しく被リンクの取締りを行っているのであります。

あと数年で被リンクがものを言わなくなるのであれば、これほどコスト・費用を投じて厳しく被リンクを取り締まる必要はないでしょう。
「リンク」(被リンク)が中長期的なものだからこそ、Google当局も徹底的に取り締まるのであります。

【検索ロボットの自然言語処理能力向上の影響】
[ヘッドキーワード]:影響は小さ目,「リンク」がものを言う
[テールキーワード]:影響大,「リンク」も順位に大き目の影響与える
[ロングテールキーワード]:影響甚大,「リンク」の影響はかなり小さくなる

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする