昔と比較するとSEOでは「内部対策・内的施策」の比重が高まってるか?

結論を申し上げますと、内部対策が対策URLのSEOスコアに与える影響は昔よりも「大きく」なっております。
ですので、内部対策が駄目な場合は、順位の上りがイマイチになってしまったり、全く上がらなかったりと色々と問題を抱える事になります。

逆に内部対策が確り出来ていると、それだけで10位内表示(=上位表示)される事も昔より増えております。
実際、御客様方の対策URL群を見ていても、その傾向がございます。

内部対策(内部SEO)が確りできているURLに関しては被リンク対策無しで狙っているキーワードで10位内表示される事が昔より増えております。
もちろん難関キーワードではそうは行きませんが、競争相手が少な目のキーワードにおいてはそういった事が昔以上に起こるようになって来ております。

これらの「現実」から分かる事は、SEOに占める内部対策の重要度が昔よりも上がっているという事であります。
難関キーワードでも同じです。

ビッグキーワードや難関キーワードでも内部対策が出来ていないと順位が上がらなかったり、供給した被リンク量の割りに順位が上がって来なくなる事が「増えて」おります。
ゆえに現在のSEO対策では「内部対策」に関するコンサルティングや、「外部対策と連動している内部対策」に関する「コンサルティング」が「極めて重要」になるのです。

玄人SEO業者(プロSEO業者)のコンサルティング(助言)の価値は昔とは比べものにならないほど高まっております。
ですので、コンサルタントの助言をただ聞き流す(受け流す)という姿勢でおりますと今現在および今後、SEO集客で痛い目にあいます。
コンサルティングを軽視していると、貴社の上位や1位が遠のくだけであります。

さて、先ほど競争相手が少な目のキーワードであれば被リンク無しでも上位表示される例が増えていると申し上げましたが、その順位から更に上に押し上げて「不動の1位表示」狙う場合はどうでしょうか?
被リンクが必要になるでしょうか?

勿論、「被リンクが必要」になります。
また、10位内表示されたURLが今後も「安定」して上位を保つのにも「被リンク」が必要になります。

そのようなわけでして、いずれにせよ「被リンク対策」は必要になります。
遊びでは無くビジネスとしてSEO集客を行っている場合は、「被リンク対策は2015年現在も必要不可欠」という次第であります。

Web上で多く見かける「被リンクは悪」「被リンクは不要」等のいう愚かな誤情報に惑わされているようでは、「不動の1位表示」は獲れませんので、そこは気を付けて頂きたいものです。
「安定1位実現に必要不可欠なものが被リンク」です。

その必要不可欠な被リンクが欠けている状態で、「どうして不動の1位が実現できましょうか?」という話であります。
ちなみに今現在(2015年3月6日)の検索順位は「被リンクの力」がかなりものを言っております。

いずれにせよ、「被リンク無しでの安定1位・上位実現など夢物語に過ぎない」という事を覚えておいて頂けたらと思います。
Web上に多く散在する「安定1位に繋がる事が無い最新SEO情報」とやらに振り回されている暇があるのであれば、その暇な時間にせっせと「被リンク対策」に地道に励んで頂いた方がよほど順位は上がりますし安定もします。

商用キーワード以外ならば被リンク無しでも検索エンジン経由で沢山アクセスは集められますが、貴サービス・貴商品に対する購買意欲の高い検索ユーザーは殆ど集められません。
購買意欲が高いユーザーは「商用キーワードの中に存在」しますので。

商用キーワードには当然ながら競争が存在ます。
何で競争するかといえば「被リンク」ですので、被リンク無しでは当然ながら「話にならない」のであります。

其の時その時の検索アルゴリズムに運よく適合すれば、内部SEO(コンテンツSEO,タイトルSEO,HTML SEO等)だけでも上位表示できてしまう事はありますが、その上位表示は長くは続きません。
しばらくすると次のアルゴリズム更新で、新アルゴリズム(被リンクを重視するアルゴ等)に適合できなくなり、順位を落としてしまうのが普通であります。

安定して検索エンジン経由で集客を望むのであれば、内部対策とセットで外部対策(被リンクSEO)も施して頂く必要がございます。
内部対策と外部対策をセットで確り施すと、順位の乱高下は最終的には殆ど無くなります。

安定して1位や上位の座に貴URLが居座るようになります。
そうなれば、集客に囚われる事無く、目の前の貴事業に集中できるようになります。

集客が安定し無いと事業どころではなくなりますので、集客の安定はとても重要です。
検索エンジン集客に関して申し上げれば、集客安定の鍵となるのが「内部対策」と「外部対策」(被リンク対策)です。

どちらか片方だけは済みません。
内部対策も外部対策も両方必要です。

検索エンジン経由の集客を安定させたければの話ではありますが。
集客が安定すると事業も安定しますので、両方頑張るだけの価値はあります。

[トンケン経営研究所][代表 トンちゃん]

【トンケン経営研究所とは】
2009年頃、SEO系のキーワードで上位表示や1位表示を大量に達成し、その存在を知られるようになったSEO業者。2009年初め頃よりお客様方からのSEO対策の依頼が増加し、本格的にSEOサービスの提供を開始。そして、現在に至る。トンケン経営研究所の代表はSEO職人トンちゃん。

【SEO対策SEMサービスのスローガン】(トンケン経営研究所)
高品質・中長期・強勢

【SEO対策SEMサービスのご案内】(トンケン経営研究所)
≪検索上位表示豚≫
同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策が月々13000円。「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型SEOサービス。サービス利用終了後も外さない固定被リンクの獲得代行。毎月、新型の衛星サイト(サテライトサイト)を生産し、そこから新型の被リンクを供給。数ヶ月・数年・十数年・・・と継続利用しても衛星サイト群も被リンク群もかぶること無し。不動の1位表示を達成するまで新しい被リンクを新規で供給し続けることが可能。固定被リンクが毎月確実に増加して行くSEO対策サービス。Yahoo・Googleで顧客サイト群の不動の1位表示実績大量、長期の安定上位表示実績大量

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)/トンケン経営研究所

 

簡略料金表(SEO対策SEMサービス)/トンケン経営研究所
検索上位表示豚Lite|月々12,000円|同じサイト内の3枠(3URL・3キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚|月々13,000円|同じサイト内の6枠(6URL・6キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚束ね|月々16,000円|3サイト内の8枠(8URL・8キーワード)のSEO対策|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚おまとめ|月々20,000円|6サイト内の11枠(11URL・11キーワード)のSEO対策|+1800円ごとに1サイト・1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能|「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
検索上位表示豚スケールメリット|月々30,000円|同じサイト内の17枠(17URL・17キーワード)のSEO対策|+1700円ごとに1枠(1URL・1キーワード)ずつ追加可能「SEOコンサルティング(内部SEO診断)+被リンク対策」型
SEOコンサルティング豚|1回50,000円|何サイト・何URLでもSEOコンサルティング可能(助言・診断・戦略立案・提案等)|「SEOコンサルティング(内部SEO診断,SEO戦略,SEO相談)」型

 

SEO対策サービス・料金の詳細はこちら
SEO対策サービス・SEO料金表(詳細)|トンケン経営研究所

【事業領域】Governance,Management
【主要事業】ビジネスコンサルティング事業,Web出版事業,システム・ソフトウェア事業,人的資本事業,広告代理店事業,Webサイト事業(サイト制作・管理),SEO事業

シェアする

フォローする