titleテキストの最適な文字数。タイトルSEO対策はバイト数を見て施す

titleテキストの文字数について迷う方もいらっしゃると思いますが、文字数は自ページを何に最適化させるかで変わります。
自サイトを訪問してくる常連の訪問者の方々に最適化させるならば、其の訪問者の方々にとって一番良い文字数を選択すれば良いという事になります。

たとえば、「集客」ではなく、「営業」に重点をおいたビジネスブログであれば、目の前の読者に合せてタイトル文字数を決めれば良いという事になります。
 よって、非常に長いタイトルテキストも「有り」という事になります。

常連読者の方々が「長いtitleテキスト」の方が記事内容を理解し易く好ましいと考えているならば、長いタイトルテキストを採用すれば良いのであります。
 タイトル文字数が37字(74バイト)や34文字(68バイト)であっても、それがベスト(最良)という事になります。

ちなみに、長いタイトルテキストを採用しても検索エンジン経由での新規集客は取れます。
ですので、「営業ブログ」などでは、各ページ(各記事)のタイトルテキストの文字数は気にする必要はありません。

「営業」ではなく「集客」(SEO集客)に重点をおいている「集客ブログ」では、タイトルテキストの文字数は気にした方が良いです。
基本的には、30字(60バイト)までに抑えておいて頂いた方が良いです。

現在ですと、スマートフォン(スマホ)からの検索エンジン集客が増えておりますので、スマホの検索結果を意識する必要がございます。
 スマホの検索結果には、タイトルテキストが30字(60バイト)まで表示されるのが一般的ですので、「SEO集客」を重視するのであれば記事タイトルなどは「30字」内に収まるように書いて頂いた方が良いという事になります。

ホームページ等で、検索需要が大きいヘッドキーワードで上位を狙う場合も、ブログ等で検索需要が小さいテールキーワードで上位を狙う場合も、30字以内にタイトルテキストを抑える方向で調整して頂くと良いと申し上げられます。
ちなみに、パソコン経由の訪問者のみがターゲットの場合は、タイトルテキストの文字数は32字(64バイト)でも大丈夫です。

PCの検索結果の方が、少し多めにタイトルテキストが掲載されますので、スマホより2字(4バイト)多い32字でも大丈夫であります。
なお、タイトルテキストの文字数ですが、なるべく「バイト数」でみるようにして頂いた方が良いです。

検索結果画面のタイトル文字数が「バイト数」(Bytes数)で管理されているためです。
 スマホであれば60バイト、PCであれば64バイトという風に捉えて頂き、普段からタイトルテキストの文字数を「バイト数」で管理して頂くようにして頂く事をおすすめ致します。

[トンケン経営研究所][代表トンちゃん]

トンケン経営研究所の紹介

SEO対策SEMサービスのスローガン

高品質・中長期・強勢

主力のSEO対策SEMサービス

検索集客上位表示豚4(旧名:検索上位表示豚)
貴サイトの検索流入増加とサイト内の4URL4キーワードの上位表示対策が月々13000円。「SEOコンサルティング+被リンク対策」。検索流入増大や不動の1位表示の助言。サービス終了後も外さない被リンク獲得代行。固定被リンク毎月増加でパワー蓄積。ヤフーグーグル検索流入増加、検索上位・固定1位実績大量

※上記主力サービスの詳細、其の他のSEO対策SEMサービス群の内容や料金については、下記「最新版SEO対策SEMサービス料金一覧表」でご確認ください。

SEO対策SEMサービス一覧と申込み

弊SEO対策SEMサービス群にお申込み頂く場合は、「最新版のSEO対策SEMサービス料金一覧表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEO対策SEMサービス料金一覧表」は常に「最新状態」を保つよう心掛けております。

事業領域(事業ドメイン)

Governance,Management

事業

  • ビジネスコンサルティング事業
  • 出版事業
  • システム開発事業(System・ソフトウェア・プログラムの開発・保守・管理)
  • 人的資本事業(人材育成,経営幹部養成,オーナー経営者教育)
  • 広告代理店事業(SNS・Google Adwords・Yahoo広告代行,その他媒体へ出稿宣伝)
  • Webサイト制作事業(HP・ブログ・ECの企画・制作・管理)
  • SEO事業(SEO対策SEMコンサルティング,被リンクサービス)