ドメイン取得時のSEO上の注意点。過去に使用された中古ドメインか調査

ドメイン取得の際には注意点が一つあります。
それは取得しようとしているドメインが過去に使われた事があるかどうかです。

過去に使われた事があるドメインの中には、過去のSEO対策で重度のペナルティを受けているものもございます。
そういったジャンクドメインを掴んでしまうと、良質な記事を幾ら投稿して行っても過去のペナルティの影響で上位表示されず集客できないという事態も出て来ます。

それを回避するために、新規でドメインを取得する場合は、ドメイン取得時に其のドメイン名でGoogleやYahooで検索してみる事が大事になります。
その結果、検索結果にそのドメイン名で沢山ページがヒットするようであれば更に念入りに調査する必要があります。

過去に検索エンジンからペナルティを受けた形跡がないかどうか調べ上げるのです。
調べた結果、問題がなければ其のドメインを使えば良いですが、ジャンク被リンク等が大量に見つかりペナルティを受けたドメインのようであれば、別のドメインを取得する方向で再検討する事になります。

このチェック作業を怠ると、其の後の努力が全て無駄となる事もありますので、注意して頂けたらと思います。

[トンケン経営研究所][代表トンちゃん]

トンケン経営研究所の紹介

SEO対策SEMサービスのスローガン

高品質・中長期・強勢

主力のSEO対策SEMサービス

検索集客上位表示豚4(旧名:検索上位表示豚)
貴サイトの検索流入増加とサイト内の4URL4キーワードの上位表示対策が月々13000円。「SEOコンサルティング+被リンク対策」。検索流入増大や不動の1位表示の助言。サービス終了後も外さない被リンク獲得代行。固定被リンク毎月増加でパワー蓄積。ヤフーグーグル検索流入増加、検索上位・固定1位実績大量

※上記主力サービスの詳細、其の他のSEO対策SEMサービス群の内容や料金については、下記「最新版SEO対策SEMサービス料金一覧表」でご確認ください。

SEO対策SEMサービス一覧と申込み

弊SEO対策SEMサービス群にお申込み頂く場合は、「最新版のSEO対策SEMサービス料金一覧表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEO対策SEMサービス料金一覧表」は常に「最新状態」を保つよう心掛けております。

事業領域(事業ドメイン)

Governance,Management

事業

  • ビジネスコンサルティング事業
  • 出版事業
  • システム開発事業(System・ソフトウェア・プログラムの開発・保守・管理)
  • 人的資本事業(人材育成,経営幹部養成,オーナー経営者教育)
  • 広告代理店事業(SNS・Google Adwords・Yahoo広告代行,その他媒体へ出稿宣伝)
  • Webサイト制作事業(HP・ブログ・ECの企画・制作・管理)
  • SEO事業(SEO対策SEMコンサルティング,被リンクサービス)