SEO対策で1ページあたりのリンクの数は幾つに抑えるべき?最大で数千個

Webサイトの各ページのリンクの数は幾つに抑えるべきでしょうか?
昔であれば1ページあたりのリンクの数は100個以内に抑えるのが原則でしたが、今はどうでしょうか?

Googleのウェブマスター向けの「最新のガイドライン」によると、現在は1ページあたりのリンクの数は数千個まで大丈夫なようです。
数千個なので、もうあまり各ページのリンク数に関しては意識しなくても良さそうではあります。

ウェブマスター向けガイドライン(引用)
「1 ページのリンクを妥当な数に抑えます(最大で数千個)。」

昔から1ページあたりのリンク数は200個前後であれば評価されておりましたので、ごく普通のWebサイトであればリンク数に関してはあまり意識する必要はありませんでした。
今回のGoogleの新ガイドラインのように、「1ページあたりのリンク数は最大で数千個までOK」となれば、リンク数に関しては更に意識する必要がなくなります。

ブログなどでは長く運営を続けていると、月別アーカイブやタグやカテゴリー数が増えて行って、1ページあたりのリンク数が軽く200個を越えてしまう事があります。
今までは、こういった増加し続ける「固定リンク」の数を意識する必要がありましたが、今後はそれも無くなりノビノビとブログ運営に集中できそうです。

[トンケン経営研究所][代表トンちゃん]

トンケン経営研究所の紹介

SEO対策SEMサービスのスローガン

高品質・中長期・強勢

主力のSEO対策SEMサービス

検索集客上位表示豚4(旧名:検索上位表示豚)
貴サイトの検索流入増加とサイト内の4URL4キーワードの上位表示対策が月々13000円。「SEOコンサルティング+被リンク対策」。検索流入増大や不動の1位表示の助言。サービス終了後も外さない被リンク獲得代行。固定被リンク毎月増加でパワー蓄積。ヤフーグーグル検索流入増加、検索上位・固定1位実績大量

※上記主力サービスの詳細、其の他のSEO対策SEMサービス群の内容や料金については、下記「最新版SEO対策SEMサービス料金一覧表」でご確認ください。

SEO対策SEMサービス一覧と申込み

弊SEO対策SEMサービス群にお申込み頂く場合は、「最新版のSEO対策SEMサービス料金一覧表」で確認の上、ご依頼頂けたらと思います。
最新版はこちらです ⇒ http://seo.tonken.biz/service/fee
※「最新版SEO対策SEMサービス料金一覧表」は常に「最新状態」を保つよう心掛けております。

事業領域(事業ドメイン)

Governance,Management

事業

  • ビジネスコンサルティング事業
  • 出版事業
  • システム開発事業(System・ソフトウェア・プログラムの開発・保守・管理)
  • 人的資本事業(人材育成,経営幹部養成,オーナー経営者教育)
  • 広告代理店事業(SNS・Google Adwords・Yahoo広告代行,その他媒体へ出稿宣伝)
  • Webサイト制作事業(HP・ブログ・ECの企画・制作・管理)
  • SEO事業(SEO対策SEMコンサルティング,被リンクサービス)